朝アイスの効果とは?朝アイスのポイントをまとめてみた

スポンサードリンク

アイスクリームは昔から老若男女に愛される食べ物です。
アイスクリームが嫌いという人はいないでしょう。

そんなアイスクリームですが、朝に食べるといろんな良いことがあるらしいのです。
朝アイスのメリットと実践方法について詳しく調べてみました。

スポンサードリンク

朝アイスを食べるのはなぜいいのか?

アイス

朝アイスクリームを食べるのがなぜ良いのか?
それはアイスクリームの栄養素とその姿形にあります。

アイスクリームには、身体を作るのに重要な
カルシウム、ミネラル、ビタミン、タンパク質、マグネシウムなど
豊富な栄養素が含まれています。

現在社会においては、朝食を摂らない人が多いと言われています。
朝食を摂らなければ、1日のエネルギーが足りなくて、
学校や職場で能力は発揮されません。

朝にアイスクリームを食べることにより、
アイスクリームに含まれる多くの栄養素を取り込むことができ、
それがエネルギーとなります。

風邪をひいて熱がある時や食欲がない時でも、
アイスクリームだけは食べることができるってことありますよね。
アイスクリームは、冷たい舌触りと喉ごしの良さで
食欲がない人でも食べることができます。

朝が弱い人にとっては、朝に食欲がわかないこと、
早起きできないことにより朝食の準備ができず、
朝食が摂れない人も多くいます。

でもアイスクリームは冷凍庫から出して、スプーンで食べるだけです。
スプーン1個しか使わず、準備も後片付けも不要です。
面倒くさがりな人や早起きが苦手な人には最適です。

アイスクリームは、栄養素の面でも、
現代のライフスタイルにもマッチした朝食なのです。

朝アイスを食べることにはどのような効果があるのか?

朝にアイスクリームを食べると、ダイエット効果や目覚めの効果を得ることができます。

甘くて美味しいアイスクリームを食べなから、
プラスの効果まで得られるなんて、一石二鳥ですね。

ダイエットへの効果

ダイエット

ダイエットに欠かせないのが食事のコントロールです。
特に甘いものは厳禁と言うイメージがありますよね。

ちなみに脂肪分は、ダイエットの天敵というイメージがありますが、
脂肪分も身体を作るのに大切な栄養素なのです。

ダイエット中の人は、脂肪分のあるものを避けた食事をしています。
そのため、1日に必要な量の脂肪分をとることができず、
少しでも入ってきた脂肪を溜め込むようになります。
そして、その脂肪分は燃焼されにくくなると言われています。

で、アイスクリームの話ですが…
脂肪分がたっぷり含まれるアイスクリームを食べることにより
脂肪分を溜め込もうとする体の働きをストップします。
また、必要な脂肪分をとることは空腹感を与えることにもなります。

アイスクリームは血糖値の上昇が緩やかな食品でもあります。
食後の血糖値の上昇が緩やかであると、脂肪分は溜め込まれることなく、
活動のためのエネルギーになると言われています。

またアイスクリームに含まれるカルシウムはイライラを抑え、
精神的な安定を引き寄せてくれます。
アイスクリームには、リラックス効果もあるのです。

精神的な理由で暴飲暴食をしてしまう傾向のある人にとって、
安らぎを与えてくれるアイスクリームは最も適したダイエット食品と言えそうですね。

目覚めへの効果

寝起き

朝ごはんは、1日のエネルギーを作り出すための大事な食事です。
朝ごはんを食べないと頭がボーとして、集中力がなく考えることができなかったり、
やるべきことを忘れたりと能力を存分に発揮することができません。

これは、脳に栄養素が行き届いていないことが原因になります。

アイスクリームのように栄養素がしっかり含まれた食品を食べることにより、
脳に栄養素が届きます。
そして、目覚めが良くなり、頭の回転が速くなると言われています。

何より、アイスクリームの冷たい食感もシャキッと目を覚ましてくれますよね。

朝アイスのやり方とは?

朝アイスクリームを食べるだけと言っても、
アイスクリームの種類は多くて、どれが一番効果的なのか、
どれくらいの量が適しているのかわからないですよね?

アイスの種類としては種類別の表記
「アイスクリーム」と記載してあるものが最も適しています。

種別

シャーベット状、ムース状のもの、氷でできたもの、
コーンやチョコレートがついたものは適していません。
カップに入ったアイスクリームがオススメです。

朝アイス用のアイスクリームを買うときに気をつけたいのが乳脂肪分です。
成分表を見て、脂肪分が8%以上のものが良いでしょう。
*「レファレンス事例詳細」より引用

朝アイス 食べる適量とは?

1回に食べる量としては、80mlから120ml程度にしましょう。
大きめのカップのアイスクリームであれば、半分くらいが目安です。

ハーゲンダッツなどの小さい目のものは、
この範囲内なので、一カップ食べても大丈夫です。
ただ、食べすぎは厳禁です。

アイスと一緒に摂りたいのが、あたたかい飲み物です。
もちろんノンカロリーのものに限ります。
ハーブティーや中国茶など、ダイエット効果のある飲み物だとより良いでしょう。

食べ方としては、小さめのスプーンで少しずつ食べるのがいいでしょう。
少しずつ食べることで満腹感を得ることができます。

また、大切なことは朝アイス以外の食事は
しっかり摂るように心がけましょう。

朝アイスの注意点

腹痛

朝アイスを食べることにより、腹痛を起こしてしまう人がいます。
考えられる原因としては、寝起き直後で胃が動いていない場合が考えられます。
その場合は、起きてしばらく経ってからアイスを食べるようにしましょう。

また、乳製品でお腹がゆるくなったり、
冷たいものを食べるとお腹が痛くなる傾向にある人は、
あまり朝アイスは向いていないかもしれません。

朝アイスにはどのようなものが良い?

ハーゲンダッツ

朝アイスに向いている商品としては、以下のような商品があります。

  • 「MOW」140ml
  • 「ハーゲンダッツ」110ml
  • 「PARM」90ml

これらのものは種別が「アイスクリーム」になります。
ちなみに「ラクトアイス」「アイスミルク」は乳脂肪が少ない代わりに
植物性油脂、添加物が含まれていて、体にいいものではありません。

安いアイスは大抵「ラクトアイス」になりますので
ちょっと金額が高くなりますが、朝食べるのであれば
「アイスクリーム」にしておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
アイスクリームには身体を作るのに重要な
カルシウム、ミネラル、ビタミン、タンパク質、マグネシウムなど
豊富な栄養素が含まれています。

朝にアイスクリームを食べると、
ダイエット効果や目覚めの効果を得ることができます。

朝アイスは種類別の表記に
「アイスクリーム」と記載してあるものが最も適しています。
ただし、1回に食べる量としては、80mlから120ml程度にしておきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top