足の裏が疲れる原因とは?疲れ解消法とおすすめグッズをまとめてみた

スポンサードリンク

夜になると、「足の裏がジンジン熱い…」
足の疲れを感じる人も多いと聞きます。

立ち仕事ではなく、デスクワークでずっと座っているにも関わらず
足の裏が疲れるのはなぜなのでしょうか?

今回、足の裏が疲れる原因と疲れを解消する方法について
調べてみました。

スポンサードリンク

足の裏が疲れる原因とは?

足裏

足裏が疲れる原因はいくつかありますが、
そのほとんどが「歩き方が原因」で起こる事が多いと言われています。

そして歩き方に原因がある人は
「骨盤が歪んでいる」または「偏平足である」という事が多いです。

まず、骨盤ですが、ほとんどの場合は、姿勢が悪かったり、
足を組むクセがあったりなど、日常の生活動作が原因で
後天的に歪んでしまう事がほとんどです。
また出産などで、骨盤がきちんと元に戻らないまま歪んでしまう人もいます。

骨盤が歪むと、正常な歩き方が難しくなってしまうので、
自分では普通に歩いているつもりでも、知らず知らずのうちに
よけいな場所に体重がかかって、そのせいで足裏に負担をかけてしまっているのです。

また通常、足裏には「土踏まず」と言って、地面に着かない部分があるのですが
偏平足の人は、この「土踏まず」がなく、
足裏全部がぺったりと地面に着いてしまう状態にあります。

原因は先天的な場合もありますが、「太りすぎ」や「歩き方」などで、
後天的に偏平足になってしまう人もいます。

偏平足の場合、きちんとしたバランスのとれた歩行をする事が難しく、
歩き方にも変なクセがついてしまって、足や腰などに負担がかかってしまいます。
足の血行も悪くなってしまうので、その結果、足裏に疲れを感じやすくなってしまうのです。

通常の人でも、足裏には重力の関係で、
体の老廃物が溜まりやすいので、疲れを感じやすいものなのです。

骨盤が歪んでいる人や偏平足の人は、日常生活で足に負担をかける事が多いので、
特に疲れを感じやすいのです。

また、「冷え性」の人も血行が悪くなりやすいので、
足裏に疲れを感じる人が多いようです。

足の裏の疲れを取る方法とは?

簡単に足の疲れをとる方法は「足裏マッサージ」です。
疲れている部分を直接揉み解す事は、即効性があって一番効果的です。

一番いいのは専門のマッサージ店で施術を受ける事なのですが、
お金も時間もかかってしまうので、頻繁には無理ですよね。

なので自分で簡単にできるセルフマッサージがお勧めです。
「正しい足裏の反射区を押さないといけない」と神経質になる事はなく、
自分が足裏を押してもみて「気持ちいい」と思う場所を揉み解していくだけで
効果があります。

やり方は、まず、自分に膝から下の足にボディクリームを塗って、
まずは足裏から押していきます。
専用のツボ押しグッズがなくても、自分の指やペンなどでも大丈夫です。

足裏を全体的に揉み解した後は、
必ず足の下から上に向かって押し上げるようにマッサージします。
こうする事で、足裏に溜まった疲れの元である老廃物を上に押し上げる事ができます。
上に押し上げられた老廃物は尿としては排泄されます。

「自分でマッサージするのはめんどくさい」と言う人は、
上に乗って歩くだけでいい「足ツボマット」がお勧めです。

足の裏の疲れを取るおすすめグッズとは?

最近では、足裏の疲れに効果的なグッズもたくさん販売されています。
その中でも効果が期待できるものをいくつかご紹介します。

ペディキュアパット

通常、足にネイルを使用する時に使うものですが、
足の指の間にクッションを入れる形になるので、
足の固まった指をほぐしてくれるような気持ち良い使用感を得られます。

ただ、長時間使用すると、かえって足が痛くなってしまうので、
長くても1時間ほどにしておきましょう。
同じように5本指の靴下でも、足の指が楽に感じる事があります。

温湿布・サロンパス

通常、肩こりなどの体の痛い箇所に貼って使用する湿布ですが、
足裏に貼る事で、同じように足裏のコリを解消する効果があります。

足裏を温める事で、血行も良くなり老廃物が流れやすくなります。
さらに足裏の反射区も刺激されるので、足の疲れを改善してくれるのです。

やり方は簡単。足裏に温湿布を貼るだけです。
足裏湿布をする時は、体の温まった入浴後に、両足で使用すると効果的です。

着圧ソックス

足のむくみ予防や解消に役立つ着圧ソックス。
足裏に老廃物が溜まるのを防ぐので、足裏の疲れ予防や解消にも効果があります。

ただ、これも長時間使いすぎると、
かえって足の血行が悪くなってしまうので、気をつけましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、足の裏が疲れる原因と疲れを解消する方法について
まとめてみました。

足の裏が疲れる原因とは?
・足裏が疲れるのはほとんどが歩き方に問題がある。
歩き方に問題があるのは「骨盤が歪んでいる」もしくは「偏平足である」ことが
要因である場合が多い。
・通常の人でも足裏は体の老廃物が溜まりやすいので、冷え性など血流の悪い人は
足の裏が疲れやすい。

足の裏の疲れを取る方法とは?
・足裏の疲れを取る方法として一番即効性があるのは足裏マッサージ。
神経質になる必要はなく、自分の足裏を押してみて、気持ちのいいと思う場所を
揉み解すと良い。
・足の下から上に向かって押し上げるようにマッサージするのがポイント。
そうすることで老廃物を足裏から尿として体外排出させる。

足の裏の疲れを取るおすすめグッズとは?
・足の凝り固まった指を解きほぐす「ペディキュアパット」や
足裏の凝りを直接解してくれる「温湿布やサロンパス」、
また足裏に老廃物が溜まるのを防いでくれる「着圧ソックス」がおすすめ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top