自動車のタイヤ交換の時期 何を目安にしたらよい?年数、距離の基準についても調べてみた

スポンサードリンク

車の整備や部品の交換は、
車検の時だけディーラーに見てもらうという人も多いと思います。

車のタイヤは、車種や使用頻度によって、
消耗レベルに個人差が大きくあるので、車検の時だけではなく、
日頃から自分でチェックしておくと安心です。

今回、自動車のタイヤ交換の時期について何を目安にしたらよいのか
調べてみました。

スポンサードリンク

自動車のタイヤ交換の時期 何を目安にしたらよい?

タイヤ

タイヤの交換次期の目安は次の通りです。

タイヤの溝をチェックする

タイヤにはスリップサインといって、
タイヤの交換時期の目安になるものがあります。

タイヤには溝がたくさんありますよね。
タイヤが磨り減ってくると、この溝が浅くなり
表面がツルツルに近い状態になってしまうので、大変危険です。

タイヤの溝は1.6mm以下が交換するための目安となります。

1.6mm以下だと車検を通らないレベルなので、
この数字はタイヤが普通に走れるギリギリのレベルです。

雨の日に高速道路を運転する場合などは、スリップを起こしたり、
バーストしてしまう原因にもなってしまうので、危険です。
もう少し早い段階で交換するようにしましょう。

タイヤは新品の時は溝が8mmあるので、
それが2-3mmくらいになったら交換がお勧めです。

「溝を自分では測るのがめんどくさい…」
「自分で測るのは合っているか自信がない…」という場合は、
ガソリンスタンドなどでお願いすればチェックしてくれます。

タイヤのひび割れがないかチェックする

タイヤは年数とともに劣化していき、
古くなってくると、細かいひび割れが入ってきます。

ヒビが大きくなってくると、当然パンクの危険性が高くなるので、
細かいヒビを見つけたら交換時期を考えましょう。

タイヤの内側に細かいヒビが複数ある時は、
買い替えのサインです。

自動車のタイヤ交換の時期 年数、距離の基準は?

一般的には5万キロ走ると、交換した方がいいと言われています。

だいたい、一年での走行距離が8000キロ-1万キロと言われているので、
5万キロと言うと、およそ5年に一度は交換した方がいいという事になります。

ただ、人によっては2-3年で5万キロ走るという人もいますし、
10年で5万キロという人もいるでしょう。
あくまでも平均的な目安です。

そもそもタイヤがダメージを受ける要因とは?長持ちさせるためのコツとは?

タイヤ交換

タイヤは消耗品なので、普通に走っていても様々な事が原因でダメージを受けてしまいます。
大きな原因は次の通りです。

■ブレーキを踏む回数が多い

車のタイヤは、普通に走行している時よりも、
ブレーキをかけた時などに負担がかかります。

そのため、都会など信号の多い道をよく走る人や、
ブレーキを急に踏むクセのある人は、タイヤの痛みも激しくなります。

逆に、走行距離が長くても、信号が少ない田舎に住んでいて、
ブレーキを踏む回数が少ない人は、
タイヤの消耗も緩やかだと言われています。

■運転が荒い人、下手な人はタイヤのダメージも大きい

運転が上手な人、苦手な人がいると思います。

運転が上手な人は、ブレーキのかけ方や、カーブの曲がり方も緩やかなので、
タイヤにあまり負担がかかりません。

急にブレーキを踏んだり、カーブを急に曲がったりなど、タイヤが地面に擦れて
キュッキューッと音がすると思いますが、これを頻繁にしていると
タイヤのダメージは早まります。

運転が苦手な人や、運転が荒い人などの車はタイヤのダメージも大きい傾向にあります。
ただ、運転が苦手でも、気をつけるように意識するだけで違ってきます。

運転する時は急ブレーキを踏んだり、
急にカーブを曲がったりしないように心がけましょう。

それ以外にも、タイヤを長持ちさせるには次の事に気つけましょう。

■重たいものはなるべく車に置かない

出し入れが面倒だから…、家の中に置き場所がないから…と
車の中に物を置きっぱなしにしてはいませんか?

軽いものなら問題ありませんが、重たい物はずっと車に入れっぱなしにしていると、
それを支える車のタイヤにも負担がかかってしまいます。

必要がない時は、車内に重たいものは置かないようにしましょう。
また、車に頻繁に人数制限ギリギリの人数を乗せて走るのも、タイヤの消耗を早めます。

■車庫など紫外線や雨が直接当たらないところに車を置く

野ざらしでで車を放置しておくと、
紫外線や雨などでダメージを受けやすくなります。

車庫がない場合は、車のシートをかけるなどして
使わない時もなるべくタイヤに負担がかからないように気をつけましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、自動車のタイヤ交換の時期について何を目安にしたらよいのかについて
まとめてみました。

自動車のタイヤ交換の時期 何を目安にしたらよい?
・自動車のタイヤ交換の時期はタイヤの溝、ひび割れをチェックすること。
タイヤの溝にスリップサインが現れると交換の目安となる。
またタイヤの内側に細かいヒビが複数ある時は、買い替えのサインになる。

自動車のタイヤ交換の時期 年数、距離の基準は?
・自動車のタイヤ交換は一般的に5万キロ走るとそろそろ交換時期というイメージ。
年数は走行距離による。

そもそもタイヤがダメージを受ける要因とは?長持ちさせるためのコツとは?
・タイヤがダメージを受ける要因としては急ブレーキや荒い運転による所が大きい。
長持ちさせるには、安全運転を心掛けること、重たいものを車の中に置いておかないこと
紫外線や雨が直接当たらないところに保管をしておくことなどが挙げられる。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top