チアシードの驚くべき効能とは?効果的な食べ方、注意点とは?

スポンサードリンク

以前から、海外セレブやモデルの間でも、
多くの人が食べているというチアシード。
最近では、健康や美容を気にする人の間でも話題になっています。

でも、「チアシードには具体的にどんな効能があるのか?」という事は
意外に知らない人が多いんです。

今回、チアシードの効能と効果的な食べ方、注意点について
調べてみました。

スポンサードリンク

チアシードの驚くべき効能とは?

スーパーフードというだけあって、
チアシードには素晴らしい様々な効能があります。

筋肉をつきやすくする

筋肉をつけたい人は、筋トレの後のたんぱく質が欠かせませんよね。
チアシードには豊富なたんぱく質が含まれているので、
しなやかな筋肉をつきやすくしてくれます。
また、、筋肉痛も軽減してくれます。

腸内環境を良くしてくれる

食物繊維が足りないと、便秘気味になって腸内環境が悪くなってしまい、
肌荒れなどの原因になります。

かといって、ゴボウのような不溶性の食物繊維を多く摂ってしまうと、
便が固くなり、よけいに便秘がひどくなってしまう場合もあるのです。

チアシードには、消化されやすい良質な食物繊維が豊富に含まれているので、
便秘を予防してくれ、腸内環境を整えてくれます。

体の酸化を抑えてくれる

チアシードにはオメガ3脂肪酸などが含まれ、体の酸化を防ぐ働きがあります。
オメガ3脂肪酸には、体内機能を正常に保ってくれる働きもあるので、
年齢とともに体の衰えが気になる人は積極的に摂りたい栄養素です。

ダイエット効果がある

チアシードは10倍以上の水分を摂取して膨らむという性質があります。
そのため、食べた後でお腹の中で膨らんで、満腹感を得る事ができるのです。

ダイエットでは、「空腹感が辛くて長続きしない…」という人も多いと思いますが、
そんな人には力強い味方なのです。
また、栄養価が高いので、ダイエットで不足しがちな栄養素も補ってくれます。

チアシードの最も効果的な食べ方とは?

まず、チアシードには水に戻してから食べるものとそのまま食べるタイプの2種類あり、
食べ方もそれぞれ少し違ってきます。

■水に戻してから食べるタイプ

水に戻してから、生のままで食べるタイプのチアシードは、
食べると満腹感が得られるので、ダイエットをしている人にお勧めです。

食感はゼリー状でプルプルしています。
チアシード自体に味はしないので、ヨーグルトやグラノーラなどと
一緒に食べるのが手軽でお勧めです。
タピオカのように、ジュースと一緒にそのまま飲む方法もあります。

■そのまま食べるタイプ

ローストチアシードといって熱を加えて、小さく食べやすくしたものです。

そのままでサラダやご飯、パンにかけても食べられるので、
手軽で食べやすいのですが、生で食べるタイプのように
お腹の中で膨らむ事はないので、満腹感は得られません。

ただ、栄養素は生のタイプと同じなので、
毎日の美容や健康のために少しずつ食べるにはお勧めです。

チアシードを摂取する上での注意点とは?

チアシード

チアシードを摂取する上で気をつけてほしい点がいくつかあります。

生タイプは必ず水に浸してから食べる

チアシードは生のまま食べると、発芽毒があり危険だと言われています。

発芽毒とは、生の植物の種に含まれるアブシジン酸という成分なのですが、
人間が摂取すると、免疫力が低下したり、むくみや冷え性になりやすくなったりと、
体に悪い影響を及ぼすと言われています。

この発芽毒は、水に長時間浸す事で無毒化する事ができるので、
必ず水に浸してから食べるようにしましょう。
10度から42度までの水に最低12時間以上は浸すようにしましょう。

あまり熱いお湯に浸してしまうと、チアシードに含まれる栄養素が
逃げてしまうので気をつけて下さい。
特に酸化を防ぐオメガ脂肪酸は、加熱によって本来の効果がなくなってしまいます。

食べすぎには気をつける

生タイプもローストタイプも、一日の摂取量は大さじ一杯です。

体に良いと聞くと、たくさん食べたくなってしまいますが、
必要以上に食べすぎると、カロリーオーバーになってしまいます。
決められた量を守って摂取するようにしましょう。

チアシード以外の物もバランス良く食べる

チアシードは、他の食材と一緒に食べる事で、さらに健康や美容効果が期待できます。
チアシードだけではなく、毎日の食事と一緒に続けて食べるようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、チアシードの効能と効果的な食べ方、注意点について
まとめてみました。

チアシードの驚くべき効能とは?
・チアシードには筋肉をつきやすくする、腸内環境を良くしてくれる、
身体の酸化を抑えてくれる、ダイエット効果があるなどのメリットがある。

チアシードの最も効果的な食べ方とは?
・チアシード自体に味はしないので、ヨーグルトやグラノーラなどと
一緒に食べるのが手軽でお勧め。
タピオカのように、ジュースと一緒にそのまま飲む方法もある。

チアシードを摂取する上での注意点とは?
・チアシードは生のまま食べると、発芽毒があり危険なので、
長時間水に浸して食べるようにする。
・一日の摂取量は大さじ一杯分とし、食べ過ぎには注意する。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top