男性が陥りがちな頻尿 原因と改善法についてわかりやすくまとめてみた

スポンサードリンク

さっきトイレに行ったのに、また行きたくなった…
夜に何度もトイレに起こされる…

そんな頻尿に悩まされている男性は多いのではないでしょうか?

そもそも男性の頻尿の症状は、何が原因で起こるのか?
ここでは、男性頻尿の原因と改善法についてお伝えします。

男性の頻尿 原因とは?

男性頻尿の原因は2つに分かれます。
過剰に膀胱が活動的になる過活動膀胱前立腺肥大です。
この二つの原因を併発している場合もあります。

過活動膀胱による頻尿

トイレ

過活動膀胱による頻尿は、膀胱の筋肉である排尿筋が関係しています。

尿が膀胱にたまっている時は、尿の栓をする役割をする括約筋が引き締まり、
排尿筋が緩んでいる状態です。

排尿をするときには、膀胱から尿を出すために括約筋が緩んで尿道を開きます。
そして、排尿筋が収縮して、尿が出ていくわけです。

この排尿筋の働きは、脳から伝わる信号によってコントロールされています。

脳から信号が伝わることによって、尿意を感じます。
そして、トイレに行って、排尿しようとすると
脳から「出しても良い」という信号が伝わります。
括約筋が緩み、排尿筋が収縮することにより、排尿することができます。

過活動膀胱の場合、この排尿筋が緩むことができず、
収縮した状態であることが多いため、尿を溜めることができない状態にあります。
それが頻回に尿意をもよおす原因になっているのです。

前立腺肥大による頻尿

前立腺

もう一つの原因として、男性特有の臓器である前立腺
肥大することが挙げられます。

前立腺は、膀胱の下にあり、尿道をぐるりと囲むように位置しています。
その前立腺が年齢とともに肥大化したり、前立腺の筋肉が過剰に収縮したりすることで、
尿道や膀胱を圧迫してしまうことがあります。
それにより頻尿などの排尿障害を起こします。

前立腺肥大のメカニズムは、はっきりしていませんが、
加齢により体内の男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが悪くなることが
関係しているということがわかっています。
60歳以上の男性2人に1人が、前立腺肥大の症状があると言われています。

前立腺肥大による症状としては、残尿感があったり、
排尿するのに時間がかかったり、排尿の勢いが低下したりするなどの症状が
伴うことが多いようです。

男性の頻尿の改善法

頻尿は症状が重たくなればなるほど、
以下のように生活に支障をきたすようになります。

  • トイレのために夜に頻回に起きることによる寝不足
  • 1日に何度もトイレに立ち、集中力がなくなる
  • 尿漏れやオムツの使用などを気にするあまりに社会性が乏しくなる

泌尿器科的な疾患の場合、恥ずかしいからと医療機関にかかろうとしなかったり、
市販薬を購入するのをためらったりする人もいます。
そのために、症状を放っておいて、悪化してしまったということもあります。
一人で悩まず、早めの対処が大切です。

男性の頻尿を改善する方法としては、
服薬、食事、運動の三つの方法が考えられます。

薬で治療するなら

薬

男性の頻尿改善を目的とした市販薬はたくさんあります。
中でもよく耳にすることのあるものとしては、
ハルンケア(大鵬薬品)や、ジェントスルーコーワ(興和(株))です。

ジェントスルー コーワは細粒ですが、
ハルンケアはドリンクタイプやゼリータイプになっており、
水なしで手軽に飲むことができます。

これらは、八味地黄丸と呼ばれる漢方薬に由来した薬です。
市販されている頻尿に効くと言われる薬のほとんどは、
この八味地黄丸由来のものです。

医療機関から処方される薬でも、頻尿の治療に漢方薬を処方されることもあります。
ここ数年、漢方外来を設置している医療機関が増え、昔からある漢方が注目されています。

漢方は、体内の水分の流れやバランスについて考えられたものです。
そのため、身体のむくみや乾燥、潤いなどを観ながら使用されますので、
頻尿の症状改善も期待できます。

漢方薬は体に合うものを選ばなければ、副作用が強く出たりすることもあります。
そのため、自己判断で使用するのではなく、医療機関の漢方外来を利用したり、
薬局で漢方相談したりしてから服用することをお勧めします。

食べ物で改善するなら

生姜

食事を見直すことも、頻尿の改善を期待することができます。

頻尿を改善するために摂る食事とは、基本的に体を温める食べ物
多く摂ることがポイントです。

冷たい食べ物は体を冷やして代謝の低下を招き、
むくみや血行不良を招きます。

逆に、暖かい食べ物や体を温める効果のある食材は、
体を温め代謝を上げて、体内の水分バランスを良好に保ってくれるため、
頻尿の改善が期待できます。

体を温める食材としては、唐辛子などの辛いものや生姜などがあります。
これらの食材を使った暖かい料理が良いでしょう。

料理をするのが面倒という方は、スーパーに売っている生姜湯や生姜紅茶などでも、
手軽に温めることができます。

これからの季節は、体が冷えて頻尿の症状がひどくなる人も多いようです。
暖かい食事をして、体の代謝を上げて、頻尿になりにくい体質に改善できるように
取り組んでみてはいかがでしょうか?

効果的な運動は?

スクワット

頻尿の方は、ふとした時に尿漏れをすることを気にしている人も多いと思います。
骨盤周りの筋肉を鍛えることで、排尿のコントロール能力を高め、
ふとした時の尿漏れを阻止します。

力をぬいて、両足を肩幅程度に開いて立ちます。
そして、お尻の穴をキュッと締めるように力を入れます。
その状態を10秒間維持します。

その後、ふっと力を抜いてお尻をリラックスさせます。
この運動を数回繰り返すことで、骨盤周りの筋肉を鍛え、
排尿のコントロールをしやすくします。

ウォーキングやハイキングなど、体に負担がかかりにくい方法で、
運動をすることも大切です。

特に前立腺肥大は、身体のむくみが関係していることもあります。
軽い運動でむくみをとると頻尿も改善することがあります。

何より運動はリラックス効果も期待できます。
運動をして膀胱やその周りの筋肉や臓器をリラックスさせ、
正常な働きができるように整えることで頻尿の改善につながるといいですね。

まとめ

いかがでしょうか?
男性の頻尿の原因としては過活動膀胱によるものと前立腺肥大によるものが
大きな原因として挙げられます。

頻尿を改善する方法としては
服薬、食事、運動による方法が考えられます。

いずれにしても、なるべく体を温めて代謝を上げ、
骨盤周りの筋肉を鍛えて排尿コントロールできるように
日々の生活習慣を見直していきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top