土鍋が焦げる原因とは?効果的な落とし方とは?

冬場の鍋には欠かせない土鍋。
鍋に限らず、土鍋でご飯を炊いているという人もいると思います。

土鍋を使うと、炊飯器で炊くよりもふっくらおいしいご飯が出来上がるんですよね。
でも、使っていると焦げやすいのが土鍋の難点。

どうして、気をつけているのに焦げるんでしょうか?
効果的な焦げの落とし方はあるのでしょうか?

今回、土鍋が焦げる原因と効果的な落とし方について
調べてみました。

スポンサードリンク

土鍋の焦げる原因とは?なぜ焦げる?

土鍋

土鍋がこ焦げてしまう理由は
「火加減が強すぎる」「調理時間が長すぎる」「鍋の中に材料を入れすぎている」
3つの原因があります。

まず、一番多いのが「火加減が強すぎる」という理由ですが、
この火加減というのがレシピ通りにやっていてもなかなか難しいものなんですよね。

ガスの場合は、レシピには「弱火」「中火」「強火」などの表記がされていますが、
人によって捉え方が違うので、自分は中火だと思っている火加減が
実は強火だったりするんです。
自分が思っているよりも弱めの火加減にしてみると、焦げにくくなりますよ。

次は、「調理時間が長すぎる」という理由。
土鍋でご飯を炊く場合は、時間もだいたい決まっているのですが、
みんなで鍋を囲む際にはつい火をつけっぱなしにしてはいませんか?

鍋の煮汁が煮込まれていくと、煮汁がドロドロの状態になってしまい、
これをそのまま放置していると、頑固な焦げの原因になってしまいます。
煮えたら一旦火を止めるようにしましょう。

最後は「鍋の中に材料を入れすぎている」ですが、
これもみんなで鍋をやっていると、ついやってしまいがちなんです。

鍋に具材を入れる時につい一度にたくさんの具材を入れてしまってはいませんか?
鍋の中にある程度の空間があると、煮込んでも具材が鍋の中で
移動する事ができるのですが、たくさんの具材を入れて火にかけたままにしていると、
下の具材が移動する事ができず、具材の同じ場所だけに熱が加わり焦げてしまうのです。

「水を入れてるから大丈夫」と油断していると、気がついたら焦げ臭い鍋になってしまい、
さらには土鍋に焦げもついてしまいます。
定期的に鍋の中を少し混ぜるようにしましょう。

土鍋の焦げ付き 効果的な落とし方とは?

「あ~焦げちゃった!でもタワシでこすったらとれるよね」と
タワシでゴシゴシやってはいませんか?
実はこれ、一番やってはいけない事なんです。

なぜかというと、タワシでこすってしまうと、土鍋に傷がついてしまい、
その傷のせいで、よけい焦げやすくなってしまうから
なんです。

スポンサードリンク

「いつも同じところが焦げる…」という人は、
洗い方に問題があるのかもしれませんよ。

土鍋はデリケートな素材なので、洗う時は、
基本土鍋に傷がつかないように意識してやさしく洗っていきましょう。

焦げがついてしまった時は、すぐに落とそうとしないで、一晩水につけておきましょう。
小さな焦げならば、翌日には手てはがせるくらいに柔らかくなっていると思います。

大きな焦げや、何度もできるしつこい焦げの場合は、
最初から水につける時に重曹を4-5杯ほど入れてよくかき混ぜ、一晩置いておきましょう。
水だけでつけるよりも焦げが落ちやすくなります。

ひどい焦げの場合は一度では落ちない場合もありますから、
その時は、何度か日を分けて重曹につけるようにしてみて下さい。
ちょっとめんどくさいですが、少しづつでもだんだん焦げが取れていきます。

土鍋 焦げ付きにくくするには?長く持たせるための防止法

ご飯

土鍋を焦げないようにするには、普段からなるべく強火は使わないようにしましょう。
ご飯は強火で炊いた方が美味しく出来上がりますが、やはり焦げやすくなってしまうので、
できるだけ強火は短時間だけ使う事をお勧めします。

どうしても強火でご飯を炊きたい時は、
ご飯の下に大きな昆布を一枚敷いておくと、焦げにくくなります。

一度、土鍋に焦げがついてしまうと、
同じ所がこげやすくなってしまうので、最初が肝心です。

新品の土鍋を使う際には、米のとぎ汁を使って
焦げを予防する「目止め」を行うようにしましょう。

土鍋の表面には小さな隙間がたくさんあるのですが、
最初に米のとぎ汁を浸透させる事で、土鍋の表面がコーティングされ、
焦げにくくしてくれる効果があります。

やり方は簡単です。

  • まず、米のとぎ汁を土鍋に入れます
  • 30分ほど火にかけ、その後は冷めるまで置いておきます
  • 冷めたら、中のとぎ汁を捨てて、水洗いし、乾かします

これだけです。

この「目止め」は新品の時だけでなく、使っている途中で
焦げやすくなってきた土鍋にも使う事ができます。

長く持たせるためには、定期的に「目止め」を行う事で、
焦げ予防になりますので、ぜひ試してみて下さい。

その他にも、洗う時には柔らかいスポンジを使って
土鍋の表面を傷つけないようにする事が大事です。

まとめ

いかがでしょうか?
土鍋が焦げる原因には
「火加減が強すぎる」「調理時間が長すぎる」「鍋の中に材料を入れすぎている」
といったものがあります。

もし焦げ目がついた場合、たわしでゴシゴシこするのではなく
傷がつかないように意識してやさしく洗っていきましょう。

水や重曹につけ置きをし、焦げがはがれるのを待って
洗うのが効果的です。
また定期的に焦げを予防する目止めを行うようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top