ふくらはぎマッサージの正しいやり方とは?自己流は危険!

スポンサードリンク

立ち仕事や、座ったままのデスクワークが多い人は、
ふくらはぎの疲れやむくみに悩んでいる人も多いと思います。

自宅でマッサージをしている人もいると思いますが、
実は間違ったやり方でマッサージをすると、効果がないばかりか
よけいに症状がひどくなってしまう場合もあるのです。

今回、正しいふくらはぎのマッサージのやり方と注意点について
調べてみました。

スポンサードリンク

ふくらはぎマッサージの正しいやり方とは?

ふくらはぎ

ふくらはぎの正しいマッサージのやり方は次の通りです。

足浴か入浴で体を温める

マッサージをする前にふくらはぎを温めておくと、
血行が良くなり、老廃物の流れがスムーズになります。
なので、フットバスで足浴をした後や入浴後がお勧めです。

足にボディクリームかオイルを塗る

何もつけずにマッサージをすると、マッサージがしにくかったり、
皮膚が擦れて痛くなってしまう事があります。
肌への刺激を少なくするためにも、たっぷりのクリームかオイルなどの
潤滑剤を使いましょう。

ふくらはぎの下から上に向かってマッサージをする

マッサージをする時は、足首から膝に向かって
脂肪を押し上げるような感じで揉んでいきます。

なぜかと言うと、足の疲れやむくみの原因の老廃物は、
重力の関係で地面に近い足元に溜まっていきます。
その溜まった老廃物を上に押し上げる事で、尿として排泄させる効果があるのです。

ふくらはぎマッサージをやる上で注意したいこととは?

マッサージする上で気をつける事は大きく3つあります。

リンパの流れを意識して全体的に揉む

体にはリンパが通っていて、このリンパの流れが悪くなる事で、
むくみや疲れが起こりやすくなります。

リンパは膝上にいくほど太くなっていきます。
最初はら足首から、最後にふくらはぎの順番で揉んでいきましょう。

膝の裏側には、太いリンパ菅が通っているので、
入念に円を描くようにしてマッサージすると効果的です。

また、リンパの流れを良くするためには、
繰り返し同じように同じ場所をマッサージする必要があります。

強い力で揉まない

足のむくみがひどい人は、ふくらはぎがパンパンに固くなっている事があります。
つい強い力で揉んでしまいたくなりますが、
強い力で揉むとリンパ菅が押しつぶされてしまい、リンパの流れが改善されません。

また、強い力のマッサージは毛細血管に損傷を与えてしまう恐れもあります。
毛細血管が傷つくと、足の疲れがとれないばかりか、
脂肪がつきやすくなってしまう事もあるのです。

なぜかと言うと、毛細血管の損傷は
脂肪の塊であるセルライトを増やしてしまうからです。

ちなみにセルライトは、指で脂肪を掴むと出てくる、ゴツゴツしたものです。
毛細血管が損傷すると、体全部に栄養が行き渡らなくなり、
ある特定の場所で栄養が蓄積して、そこに脂肪がついて、固くなってしまい、
それがセルライトになってしまうのです。

セルライトが増えると、やせにくい体になってしまう上に、
血中コレステロールが増えてしまうと言われています。

たまに首や肩のマッサージをした後に「揉み返し」を起こす人がいますが、
ふくらはぎでも揉み返しを起こす場合があります。

揉み返しは筋肉痛のような痛みが数日ほど続きますが、
これも強い力で揉んだ事による筋肉や毛細血管の損傷によって起こります。

マッサージをする時は、「気持ちいい」と感じるくらいの強さが理想です。

水分を多めに摂る

マッサージをして、溜まった老廃物を排出するためには、
尿や汗を出す事が大事です。

マッサージをする前にコップ一杯ほどの水分を摂るのがお勧めです。

ふくらはぎマッサージ そもそもどういう効果があるの?

マッサージ

ふくらはぎのマッサージの効果は次の3つです。

冷え性が改善される

ふくらはぎには、下半身に溜まった血液を
心臓まで送るという大事な役割があります。
言ってみれば体の中のポンプのようなものです。

そのポンプの流れが悪くなってしまうと、
血流が悪くなり、足元が冷えやすくなります。
マッサージで血行が良くなると、冷え性も改善していきます。

体の老廃物が溜まりにくくなる

血流の悪さは、、むくみや脂肪の蓄積、疲れなどが溜まる原因にもなります。
なので、定期的にふくらはぎをマッサージする事で、
全身の血流を良くし、疲れを解消する効果があるのです。

精神的なリラックス効果もある

物理的な理由だけでなく、マッサージをする事で、
精神的なリラックス効果を得る事もできます。
夜、入浴後にマッサージをすると、眠りにつきやすくなります。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、正しいふくらはぎのマッサージのやり方と注意点について
まとめてみました。

ふくらはぎマッサージの正しいやり方とは?
・ふくらはぎの正しいマッサージのやり方は足浴か入浴で体を温める、
足にボディクリームかオイルを塗る、ふくらはぎの下から上に向かって
マッサージをするのがポイントになる。

ふくらはぎマッサージをやる上で注意したいこととは?
・ふくらはぎマッサージをやる上で注意したいことは
リンパの流れを意識して全体的に揉む、強い力で揉まない、水分を多めに摂ること。

ふくらはぎマッサージ そもそもどういう効果があるの?
・ふくらはぎマッサージによって、冷え性が改善されたり、
体の老廃物が溜まりにくくなったり、精神的なリラックス効果を得ることができる。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top