落ち込んでいる人を励ます方法とは?【効果的な言葉とは?】

スポンサードリンク

人生においてはいろんなことがありますよね。

あなたの身近な人が落ち込んでいる時に、
どんな言葉をかけていいのかわからない時があります。
関係性が近ければ近いほど、何を言っていいのがわかりません。

ここでは、落ち込んでいる人が少しでも気持ちが
楽になるような言葉かけ
についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

落ち込んでいる人を励ますにはどうしたらいいか?

激励

励ます方法にも様々な方法があります。
言葉で励ます方法、手を握ったりハグをしたりと体に触れることで励ます方法、
プレゼントなどの物で励ます方法、パーティーなどのイベントで励ます方法などなど。

どの方法を選ぶかは、落ち込んでいる内容と状況、
その人のキャラクターにもよるでしょう。
まずはその人の状況や落ち込んでいる原因をよく理解しましょう。

そして、以前に同じようなシチュエーションがある場合には、
その人はどのようにその落ち込みを処理したり、
乗り越えたりしたのか思い出してみてください。
もしかしたら、その時の状況が参考になるかもしれません。

励ます言葉や方法は、何でもいいのではなく、
その人のその時、その人との関係性に合った方法や言葉を選びましょう。

また、うつ病などの疾患を持っている人をむやみやたらに励ますことも危険です。
精神状態を悪化させてしまったり、最悪のケースは
自傷他害行為に繋がったりこともあります。

このようなケースが考えられる場合には、
精神科医や臨床心理士などの専門家に相談をしましょう。

厳選!落ち込んでいる人を励ます言葉

悲しい

落ち込んでいる人を励ます時に
参考になる言葉をいくつかご紹介します。

言葉かけの最初は、まずは共感することが大切です。
落ち込んでいる人は、あなたがその人のことを
よく理解してくれていると感じるだけで癒されます。

これらの言葉を状況に合わせて使って、
あなたが落ち込んでいる人をよく理解していますよということを表現しましょう。

落ち込んでいる人の気持ちを考えて、
そのままを言葉で伝えるのがコツです。

「つらいんだね。苦しいね。」
「はがゆいね。」
「切ないね。」
「泣きたいよね。」

また、落ち込んでいる人は、自分の状況が把握できていない時があります。
自分の感情に気づかなければ、それをどう処理するかもわかりません。

「悲しいのだね。」と声をかけられたら、
自分は悲しいのだという感情に気づくことができ、
その感情を消化するプロセスをスタートすることができます。
このような意味でも共感の言葉は大切です。

味方

次にあなたが落ち込んだ人に伝えるメッセージは、
落ち込みから這い上がるためのサポートをするよということです。
下記のような言葉を使って、あなたが落ち込んだ人の力になることを伝えましょう。

「私はあなたのためにここにいるからね。」
「話をしたい時は、いつでも言ってね。」
「そばにいるからね。」
「いつも一緒だからね。」
「私がいるから大丈夫だよ。」

あなたが落ち込んでいる人に、
「私が支えるから、頑張って乗り越えよう」というメッセージを送ることは、
落ち込んでいる人に一人ではないという安心感を与えます。

そばにいてくれる人の存在は、落ち込んでいる人にとっては、
ヒーターのような温もりです。
あなたがその人の問題を解決したり、
落ち込みを取り除いたりすることができないとしても、
そばにいてくれるだけで、気持ちが楽になるものです。

感謝

励ましの最後には、次のような言葉を付け加えましょう。
落ち込んでいる人の中には、落ち込みを共感してくれた相手に、
申し訳ないと感じたり、次に相談するのを遠慮したりする人がいます。

本当にあなたがその人を支えようと思うのであれば、
”私を選んで話してくれてありがとう”と伝えましょう。

「話してくれて、ありがとう」
「私に連絡してくれてありがとう」
「つらいことなのに、話してくれてありがとう」

落ち込んでいる人は、他者に話すことの罪悪感も抱くかもしれません。
話すことは悪いことではないというメッセージもこの言葉には含まれます。

落ち込んでいる人を励ます方法 私の体験談

介護

私は医療ソーシャルワーカーとして
患者様や家族と多くの面談をしてきました。

患者様、家族は、病気になって生死に関係するような告知を受け、
悲しみのどん底にいる人もいます。
人生で最もつらい時期でしょう。

そんな時に患者様、家族にかける言葉は
専門職であっても適切な言葉が浮かびません。

そして、私が直面した現実は
「私にはこの人たちの病気を治すことはできなければ、
この苦しい状況を変えることができない。」
という事実です。

この事実が前提にあり、私ができることは、
気持ちを少しでも楽にするために話をしてもらうことだと気付きました。
どのような問いかけをしたら、この人は気持ちよく自分の気持ちを
放出できるのだろうと考えながら言葉を選び、問いかけをします。

そして、その人の気持ちの状況について説明をします。

例えば、病状はよく理解できているけれども、
涙が止まらない家族に対しては、このような声かけをします。

「現在の病状や状況をよく理解されていらっしゃいますね。
でも涙が止まらないのですね。」

これらの言葉で、その人の気持ちや反応を肯定します。
正常の反応であることをわかりやすく伝え、
涙が止まらないことは悪いことではなく
止めようとする必要もないことを伝えることにより、
頭の中を整理し、自分の反応を肯定的に捉えるように促します。

それぞれのケースによって、落ち込んでいる人の状況は違い、
これらの声かけがすべて正しいということはないでしょう。

また、あなたの話し方や雰囲気、キャラクターも他者を励ます上での
大事な構成要素です。
どんな言葉であっても、あなたが落ち込んでいる人の力になりたいという
気持ちが伝われば、きっと元気になってくれるはずです。

まとめ

落ち込んでいる人を励ますには、
まず相手が落ち込んでいる内容と状況、原因をよく理解しましょう。

励ます言葉や方法は、何でもいいのではなく、
その人のその時、その人との関係性に合った方法や言葉を選びましょう。

落ち込んでいる人への最初の言葉がけは
まずは共感することです。

というのは、落ち込んでいる人は、自分の状況が把握できていない時があります。
自分の感情に気づかなければ、それをどう処理するかもわかりません。

「悲しいのだね。」と声をかけられたら、
自分は悲しいのだという感情に気づくことができます。

次にあなたが落ち込んだ人に伝えることとしては、
「私はあなたのそばにいるよ、味方だよ」というメッセージです。

そばにいてくれる人の存在は、落ち込んでいる人にとっては、
何物にも代えがたいものです。

そして励ましの最後には
”私を選んで話してくれてありがとう”と伝えましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top