母の日 義理の母にプレゼント 予算は?どんなメッセージを添える?

スポンサードリンク

5月に入る頃になると、結婚している女性が頭を悩ませることがあります。
それは、第2日曜日に必ずやってくる「母の日」です。
実の母親ならず、義理の母親にあげるプレゼントは本当に悩ましいものなのです。

何をあげていいかわからなかったり、どれくらいが相場なのか予算に悩んだり、
どんなメッセージを添えたらいいか思い浮かばなかったりと、悩みは尽きません。

日ごろの感謝の気持ちを表現するのに、何かプレゼントをしたいと素直に思っても、
そのプレゼントがなかなか決まらずやきもきしたりします。

義理の母への母の日のプレゼント。
これから先の自分と義理の母との関係に影響を与えかねない、実に重要なイベントです。
どんなものを選ぶと喜ばれるのでしょうか?
予算やメッセージも含めて、義理の母に贈る最適なプレゼントを探してみましょう。

スポンサードリンク

母の日に義理の母にプレゼント どんなものがよい?

プレゼント

実の母親なら、「いっそのこと何が欲しいか本人にストレートに聞いちゃおう。」
それもありですよね。

自分も最近ではこの手でプレゼントを決めていますが、
遠慮なく答えてくれるので実に決定が早く、とても楽です。

ですが、義理の母ともなるとその手を使うのはちょっとハードルが高くなります。
そんなことも気軽に聞けるような関係性であれば大丈夫ですが、
そうでもない関係だといきなりこの質問は難しいものでしょう。

母の日のプレゼントにも流行があるようですが、
最近の人気プレゼントはどんなものでしょうか?
ちょっと調べてみました。

毎年、不動の人気です。
母の日といえば、これですよね。

多くの女性は花が大好きで、プレゼントされるととても喜ばれるものです。
それはいくつになっても同じで、やはり母の世代でも花は無条件に
喜ばれることが多いようです。

母の日の定番中の定番ですが、プレゼントする花の種類には年々変化が見られ、
カーネーションだけに限られません。
カーネーションの他にバラ、アジサイ、蘭なども人気の花です。

だからと言って、花の種類を変えただけで毎年プレゼントするのもつまらないもの。
近年では、花のスタイルにもとてもこだわりをもったものがたくさんあります。

花束、鉢植え、ブーケ、プリザーブドフラワーなど、実に多種多様なスタイルがあります。
数種類の花を1つの籠にまとめて生ける、フラワーアレンジメントもとても人気です。
毎年、スタイルを変えてプレゼントすると見る目にも変化が現れ、
受け取る側も楽しいでしょう。

インターネットの通販では、花だけでなく花プラスで
小物やスイーツなどをセットにした商品が売れ筋となっているようです。

スイーツやお茶

定番の花からちょっと変化をつけて、何か違うものを…
と考えたときに手軽に選べるのが、スイーツです。

女性は花同様、甘いものが好きな人が多いもの。
スイーツもだいたいの女性はプレゼントされると喜ぶものです。

スイーツはスイーツでも、洋菓子、和菓子と好みがあるかもしれませんので、
どんなスイーツが好きなのかは、普段の様子からうかがい知っておくことが必要です。

また、中には甘いものを好まない女性もいらっしゃるでしょう。
そんな方には、お茶などもいいかもしれません。

近年の健康志向の高まりを考えても、お茶は日常生活に欠かせない存在になりつつあります。
すんなりと日常生活に溶け込めることからも、お茶は万人受けするものです。

身に着けるもの

言うまでもありませんが、花やスイーツは消えてなくなるものです。
何か形に残るものを贈りたいと考えるのなら、
日ごろ身に着けるものがおススメです。

同じ身に着けるものでも、アクセサリーやジュエリーとなると
予算を重要視する必要があります。

手ごろな予算で考えるのなら、帽子や手袋、ストールなどと
日常的に気軽に身に着けるものがいいでしょう。

身に着けるものは、本人の好みが影響するところが大きくなります。
本人の好みをちゃんと把握できているかどうかが大事な鍵でもあり、
身に着けるものを選ぶデメリットでもあります。
ある程度、本人の好みや生活スタイルを理解してから選ぶようにしましょう。

プレゼントの予算・相場は?

予算

プレゼントを考えるうえで切っても切り離せないのが、この予算ですよね。
予算が決まらなくては、プレゼントの内容も決められないと言っても過言ではありません。

インターネットの世界で、義理の母の日のプレゼントの相場は
いくら位なのかを調べてみました。

だいたいの相場は3000円から6000円くらいという結果でした。
少し幅があるのは、義理の母と本人との日ごろの関係性が大きく影響するものだからです。

一概には言えないということから、幅が出てしまうものなのでしょう。
最低は3000円ですが、それ以下だと少し安っぽい印象を与えかねません。
自分を思う気持ちはこれだけなの?なんて思われる可能性もあります。

最高は6000円で、それ以上だと逆に高価なものという印象を与えてしまいます。
高価すぎると、贅沢をしているだとか金遣いが荒いだとか、
悪い印象を与える可能性もあるのです。

高価な物をプレゼントすればするほど喜ばれるというわけではないようです。
まずは世間の相場を知ったうえで、自分の予算を決めるのも1つの方法です。

そのうえで、自分と義理の母の日ごろの関係性を見つめ直してみましょう。
お互いに気を遣わない程度の金額が見えてくるはずです。

メッセージを添えるなら?

まず、プレゼントにメッセージを添えるか添えないか…
それは、間違いなく添えた方がいいでしょう。

素直に日ごろの感謝の気持ちを言葉にしてプレゼントに添えましょう。
たった一言、「いつもありがとうございます。」
その言葉が添えられるだけで、受け取る側の印象はまったく違うものになるはずです。

感謝の言葉でなくとも、なんでもいいのです。
「体を大切に」「いつまでもお元気で」「これからもよろしくお願いします」
どんな言葉でもいいのです。

たった一言のメッセージが、もしかするとプレゼントよりも
喜ばれるものになるかもしれません。
言葉に勝るプレゼントはないからです。
逆の発想をするならば、どんなに喜ばしいプレゼントを贈ったとしても
このメッセージがイマイチだと、プレゼントさえも台無しにしてしまう可能性も
大いにあります。

メッセージはそれくらい大事な物なのです。
面倒くさがらず、たった一言だけ何かメッセージを贈りましょう。

まとめ

義理の母のための「母の日」。
頭を悩ませてしまうのは、贈るプレゼントが決まらないからであり、
日ごろの感謝を伝えたいという素直な気持ちは誰しも持っているはずです。

頑なにプレゼントの中身にこだわるよりは、感謝の気持ちを伝えるメッセージの方に
気持ちを傾けることの方が有意義です。

プレゼントは気持ちプラスのものだと考えれば、
何を贈るのがいいのか自然と見えてくるはずです。

そして、そんなあなたが選んだものならばきっとどんな物であっても、
義理の母も喜んでくれるはずです。

母の日は、あなたと義理の母の関係性を見つめ直す、
いいきっかけの日でもあるのです。
まずは、日ごろの自分と義理の母との関係を改めて見つめ直しつつ、
どんなメッセージを贈るのかをじっくり考えてみましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top