五月病になる原因とは?効果的な対策は?食事の面で予防できる?

スポンサードリンク

日本の新年度は、4月にスタートします。

春うららかな季節にいろいろな新しいことがスタートし、
ひと段落するのが5月くらいでしょう。

そんな5月に、私たちの心身に襲い掛かってくる五月病
皆が皆必ずかかってしまう病気ではありませんが、
かかってしまう可能性を大きく秘めている病気です。

では、どんな状態になった時にこの五月病を発症してしまうのでしょうか?
せっかく新しいスタートを切った大事な季節。
気持ちよく過ごすためにも絶対に避けたい病気ですよね。

今回、五月病になる原因や効果的な対策について
調べてみました。

スポンサードリンク

そもそも五月病になる原因とは?

新生活

4月に新スタートを切って、新しい環境に身を置く人が、
その環境に適応することができず、精神的な疾患を発症してしまうことを総称して
五月病と呼びます。
そして、五月病の発症となる原因は、この新生活・新環境です。

4月は新しいことが始まる季節。
新しい学校に新しい会社、今までとは違う環境に身を置くことで
その環境に馴染もうと人は努力します。

その努力に疲れてくるのが5月頃と言われ、
精神的な疲れとして体に現れ始めることから五月病と呼ばれるようになりました。

人は新しいことを始めるとき、肉体的にはもちろんのこと
精神的にも大きなストレスを受けることになります。

ストレスを自覚しているかどうかは人それぞれで、その大きさも人それぞれです。
ストレスが大きかった人ほど体に異変として現れやすく、
不眠症や無気力、不安感といったうつ症状を発症することになるのです。
肉体的には頭痛やめまい、疲労感などを強く感じるようになります。

同じ5月でも大型連休明けに発症する人が多いようです。
ゴールデンウィーク明けのあの憂鬱感、自分も毎年経験するので
思い出すと、それだけで気分が優れなくなってきます。
この落ちた気分が長引くと、五月病に移行してしまうのです。

五月病にならないための効果的な対策とは?

うつ

では、五月病を発症しないためにはどのようなことに気を付けたらよいでしょうか?

何よりもストレスを溜めないことです。
新しいことがスタートする時点で、どんな人でも多かれ少なかれ
ストレスは感じるもの。
避けられないのであれば、できるだけ少なくするか、
もしくは上手に発散するしかありません。

ストレスは敏感に感じる人もいれば、自覚がない人もいて人それぞれです。
ですが、ストレスを自覚してない人でも、この時期だけは
あえてストレス発散の行動をとることをおすすめします。

以下に私のストレス発散方法について紹介させてもらいます。

  • 休日には楽しいと思うことをする
  • 運動する
  • 友人たちと楽しい会話をする
  • おいしい食事をする
  • 1日中寝る

どんなことをするとストレス発散になるのか、楽しいと感じることができるのか、
日ごろから自分の体のこととして知っておくことが大事なのです。

一通りストレス発散をしてみたら、次はこれです。

  • 完璧にこだわりすぎない
  • 休日と仕事、学校などオンとオフの切り替えにメリハリをつける
  • 質の良い睡眠をとるように心がける
  • 食生活や生活習慣に気を付ける

完璧主義の人ほど、五月病を発症しやすい傾向があるようです。
完璧でなくてもいいと、自分に逃げ道を作ることも大事です。

食生活や生活習慣に気を付けながら、少しでもストレスが溜まらないように、
心の重圧を少なくして、健やかな日々を過ごしましょう。

五月病を予防する食事メニューとは?

五月病は立派な病気なのですから、
発症しないに越したことはないですよね。
その予防策として、食事面で予防できるものはないのか考えてみました。

ストレスを溜めこまない食事とは、セロトニンの分泌を促す成分を
たくさん含んだ食品を摂取することです。

ここでいきなり飛び出した単語、セロトニン。
実はセロトニンとは神経伝達物質と言われる脳内分泌の一種です。

精神を安定させる作用のあるもので、
ストレスと切り離せない密着な関係にあります。

このセロトニンの分泌が減ってしまうことで不安定な状態に陥り、
五月病などのうつ症状を発症する原因となるのです。

ということは即ち、セロトニン分泌を促す食品を積極的に摂取することで、
食事から五月病を予防することができるのです。

では、セロトニン分泌を促す栄養素はどんなものがあるのでしょうか?

  • トリプトファン
    肉・魚・大豆類(豆腐や納豆)などのタンパク質を豊富に含むもの
  • ビタミンB6
    まぐろ・かつお・バナナ・さつまいもなど
  • ビタミンB1
    豚肉・鶏レバー・ごま
  • カルシウム
    牛乳・ヨーグルト・煮干し

これらの栄養素を意識して上手に取り入れたメニューを食事で摂るように心がけるだけでも
五月病の予防となるのです。

中でも①のトリプトファンは、あまり聞きなれない栄養素ですが、
セロトニン物質を作り出す材料と言われるほど、重要な栄養素です。
特に意識して摂取するとよいでしょう。

まとめ

五月病は一定期間に集中的にストレスを大きく感じることにより発症してしまう病気で
季節的なものに起因して名称がつけられたものです。

ですがストレスとは、切っても切り離せないほど
私たちの人生そのものについて回るもの。
気づいていないだけで、ほとんどの人が日常なんらかのストレスを
心に受けながら生きています。

どうせ避けられないのであれば、あとはうまく付き合うことしかありません。
ストレスが集中的にかかる時期ならば、発散するための行動も集中的にしていいのです。
オンとオフの切り替えをしっかりしながら、できるだけ穏やかな気持ちで
過ごせるように心がけましょう。

適度な運動と、ストレスを溜めこまない食事を摂取すること、
この両面からも精神状態をサポートすることが予防の1歩となるのです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top