はちみつダイエットって効果があるのか?レシピや注意すべきことについてまとめてみた

スポンサードリンク

はちみつと聞くと、あの甘い味からもスイーツなどを連想することが多く、
嫌う人はあまりいないものです。

はちみつは、その活用法のバリエーションは実に幅広く、
トーストに塗る以外の味わい方がたくさんあります。
また味わうだけでなく、美容に活用したり、のどの痛みを抑える時にも活躍したりします。

そんなはちみつですが、はちみつを使ったダイエット法がある
という噂を耳にいたしました。
はちみつには、ダイエットに役立つどんな効能があるのでしょうか?

今回、はちみつダイエットは効果があるのか、口コミを調べてみるとともに
おすすめレシピや注意点についても調べてみました。

スポンサードリンク

はちみつダイエットって本当に効果があるのか?

はちみつ

はちみつダイエットの効果についてネットで調べてみました。
驚くことに、痩せることができた!と
その効果を実感している人がたくさんいました。

成功した人の多くが、1ヵ月で2-4Kgほどの体重を落としているようです。
はちみつダイエットにおけるポイントを成功した人の話を元にまとめてみました。

就寝1時間前にはちみつを大さじ1杯程度摂取する

就寝前に食品を摂取することは、
ダイエットに反する行為であることは言うまでもありません。
ですが、はちみつダイエットは、就寝前に摂取することがポイントです。

これまでのダイエット法を覆すほどの衝撃さえ覚えますが、
それが可能である理由は、はちみつのもつ効能にありました。

人は、就寝中でも脂肪を燃焼させています。
その燃焼に必要とされる成長ホルモンの分泌を
円滑にする効能があるのがはちみつなのです。

就寝前にはちみつを摂取することで、
睡眠中の成長ホルモンの分泌を促し、脂肪の燃焼を活発にしてくれるのです。

質の良い睡眠をとる

成長ホルモンが多く分泌されると言われるゴールデンタイムには、
必ず就寝するようにします。

ゴールデンタイムといわれる22時から2時までの時間は、
特に質の良い睡眠をとるように心がけ、夜更かしなどは絶対に避けることが成功の秘訣です。

天然はちみつにする

はちみつははちみつでも、その品種にもこだわりが必要です。
市販されているはちみつの中には、人工甘味料や糖分が
多量に含まれたはちみつもたくさん販売されています。

これらの加糖はちみつや加熱処理されているはちみつは避け、
できるだけ天然のはちみつで始めましょう。

食事のバランスにも気を付ける

食事のバランスにも気を付けることは
はちみつダイエットの成功者に共通していることです。

はちみつダイエットはそれだけでは成功せず、
それ以外の他の食事にも、ある程度の配慮が必要です。

成功者には、バランスを考えた食事を摂取することに
気を付けている人が目立ちました。

はちみつダイエット おすすめのレシピとは?

ただはちみつを摂取するだけでは、少し物足りない気もしますよね。
はちみつの活用法はとてもバリエーション豊かです。

どうせならば、いろいろなバリエーションではちみつの味を楽しみたいものです。
そこで、はちみつダイエットに活躍しそうなレシピをいくつか見てみましょう。

◆はちみつレモン&ジンジャー

  • 湯   180ml
  • はちみつ  大さじ1~2(好みで調整)
  • レモン汁  小さじ1~2(好みで調整)
  • しょうが(すりおろし)  適量

≪作り方≫
はちみつ、レモン、しょうがを入れてお湯で混ぜるだけ!
まずは手軽で簡単にできるものから始めてみましょう。

◆はちみつ酢たまねぎ

  • たまねぎ   2個(400g)
  • 穀物酢    1カップ
  • はちみつ   大さじ4

≪作り方≫
1.玉ねぎを縦に薄くスライスします。
2.鍋に穀物酢を入れ、強火で沸かします。
3.2に1を加えます。
4.再び沸いたら火を止めて、はちみつを混ぜます。

◆鯖のはちみつ味噌煮

  • 鯖1尾
  • だし汁    1/2カップ
  • 酒      大さじ3
  • 味噌     大さじ3
  • はちみつ   大さじ1と1/2カップ

≪作り方≫
1.だし汁から下の調味料とはちみつを混ぜます。
2.鯖を食べやすい大きさにカットします。
3.1を鍋に入れ、鯖と一緒に落し蓋をして煮込みます。
4.煮汁が1/4程度になるまで煮込みます。

はちみつダイエットで注意したいこととは?

はちみつ

はちみつダイエットを実践する上で、
注意すべき点をまとめてみました。

夜の食事の時間に気を付ける

夜の食事の時間は、必ず就寝の3-4時間前までに済ませましょう。
就寝前に食品を摂取してしまうと、就寝する頃に胃の活動が活発になり、
良質な睡眠がとれなくなってしまいます。
良質な睡眠は、はちみつダイエットを成功させるうえでの必須条件です。

夜の食事は炭水化物を控える

はちみつにも糖質が含まれていることから、
夜の食事で炭水化物を多く摂取してしまうと、
糖質を摂取しすぎてしまうことになります。

夜の食事の炭水化物の摂取は、脂肪になりやすいため、
はちみつダイエット中でなくとも、夜は炭水化物の摂取は控えた方がいいでしょう

はちみつを摂取しすぎない

はちみつは、砂糖などの糖分に比べるとカロリーが低く、
エネルギーとして消費されやすい食品です。
ですが、はちみつには糖分も含まれていることから、当然摂取しすぎるのはよくありません。

どんなに就寝中に脂肪を燃焼するための手助けをしたとしても、
摂取したカロリーの方が多くなってしまっては本末転倒です。
良質な睡眠をとるために必要な量だけを摂取するようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、はちみつダイエットは効果があるのか、口コミを調べてみるとともに
おすすめレシピや注意点についても調べてみました。

はちみつダイエットって本当に効果があるのか?
・はちみつダイエットはその効果を実感している人が多数いる。
・はちみつダイエットで成功している人の話をまとめると、以下のポイントになる。

  • 就寝1時間前にはちみつを大さじ1杯程度摂取する
  • 質の良い睡眠をとる
  • 天然のはちみつにする
  • 食事のバランスにも注意する

はちみつダイエット おすすめのレシピとは?
・はちみつレモン&ジンジャー、はちみつ酢たまねぎ、鯖のはちみつ味噌煮などがおすすめ。

はちみつダイエットで注意したいこととは?
・はちみつダイエットで注意したいことは以下になる。

  • 夜の食事の時間に気を付ける
  • 夜の食事は炭水化物を控える
  • はちみつを摂取しすぎない
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top