腎臓マッサージの正しいやり方 間違うと危険!

スポンサードリンク

腎臓という臓器は、ふだんあまり意識することのない臓器ではないでしょうか?
そんな腎臓をマッサージするという「腎臓マッサージ」という健康法をご存知ですか?

ただでさえあまり身近に感じることのない臓器ですが、
「腎臓マッサージ」という言葉を耳にしたとき、「心臓マッサージの間違いでしょ?」
なんて思ったくらいです。

腎臓は、普段私たちがよく感じる疲労と深く関わりのある臓器です。
そんな臓器にむけておこなう腎臓マッサージが昨今注目されています。

腎臓マッサージとはいったいどんなマッサージなのでしょうか?
詳しく見てみましょう。

スポンサードリンク

腎臓マッサージはどうやってやるのか?正しいやり方は?

腎臓

「腎臓をマッサージするなんて、腎臓って体の外から触ってわかるものなの?」
「そもそも、体のどのあたりにあるんだっけ?」
これが腎臓マッサージと聞いたときの率直な感想でした。

腎臓はヒトの腰のあたりに位置する臓器で、
血液の老廃物を排出するいわば老廃物処理のスペシャリストです。

循環してきた血液を再生利用できるようにきれいにし、
ごみとなった老廃物を分別してくれるフィルター的な役割を担っています。

体にきれいな血液を循環させるための生命線でもあり、
この腎臓の働きがうまくいかなくなると生命さえ危ぶまれるほど重要な臓器なのです。

そんな大事な役割を担っているからこそ、働きが悪くなってしまうと老廃物が体内に滞り、
きれいな血液ではないドロドロ血液が増えてしまいます。
そのせいで疲れやすい体になってしまい、体調不良に陥ってしまうのです。

ドロドロ血液は、動脈硬化や心臓病、脳梗塞といった
重篤な病気も引き起こしてしまいます。

そこで考え出されたのが、この「腎臓マッサージ」です。
もちろん腎臓を体の外から感じるのは難しい事なので、
腎臓があるあたりを手でマッサージします。

昨年腎臓マッサージに関する著書を発行されている寺林陽介先生の書籍から、
腎臓マッサージのやり方を紹介させて頂きます。
*参考文献 「腎臓をもみなさい」著者:寺林陽介 監修:内野勝行 医師

  • 両手の指を第1関節と第2関節まで曲げます
  • 曲げたままの状態で両手を臍の上でくっつけます
  • その手をグリグリと上下に動かします
  • グリグリとマッサージをしながら、そのまま両脇腹まで移動していきます
  • 脇腹からそのまま背中に移動しますが、脇腹を通過して背中に入ったら
    次は指の第3関節を押し当てるようにしながら上下に動かします
  • これを1日1分実行します

その他にも、マッサージすることで腎臓に効果的だと言われるのが足の裏です。
腎臓は足の裏にも深いつながりがあり、腎臓の反応点の1つは
足の裏の真ん中あたりにあると言われます。
この足の裏の真ん中あたりを、両手の親指を優しく押し当ててマッサージします。

腎臓マッサージをやる上で気をつけることとは?

腎臓マッサージ、自分もさっそく実行してみました。
開始して間もないので、まだ効果を実感できるまでには至っていませんが、
ただとても気持ちがいいことは間違いないです。

特に第3関節を使っての背中グリグリは、とても気持ちがよかったです。
いろんな道具を使わなくても指の関節だけでこんなに気持ちいいんだ…
と感激しました。

自分の指をお腹に当ててみて思ったのですが、
まぁぜい肉が多すぎてマッサージをするのに邪魔なことと言ったらこのうえないのです。

ぜい肉の厚みのせいで腎臓までマッサージ効果が届かないような気になり、
ついつい指に力が入ってしまいがちでした。
やはり、力が入りすぎるのは禁物です。

お腹には腎臓以外の内臓もあるのですから、
強い力でお腹を圧迫することになってしまうのはよくありません。
力の加減はとても気を配る注意事項だと言えます。

腎臓マッサージ そもそもどういう効果があるの?

活力

腎臓の機能については、前述したとおりですが
腎臓が良好な状態になれば疲れ知らずの体になることは間違いありません。

腎臓が良好な状態とは、血液中の老廃物を
しっかりろ過してきれいな血液にしてくれることです。
きれいな血液は滞留知らずで、サラサラ血液としてスムーズに循環します。

腎臓マッサージは、この腎臓が本来もっている機能を最大限に発揮できる状態にするための
手助けをするマッサージです。

マッサージの効果があれば、血流がよくなり老廃物が滞留することもなくなりますので、
疲れにくい体になるのです。

さらに腎臓の働きがよくなれば、水分や尿の排出もよくなります。
すると女性をいつも悩ませる「むくみ」を解消できる鍵にもなります。

腎臓のためにも水分の摂りすぎは気を付けたいところです。
また、お腹のあたりをマッサージすることになるので、脂肪も流動的になり、
お腹周りのシェイプアップ効果も期待できそうです。

まとめ

今回紹介させせいただいた腎臓マッサージは両手を使って、
手軽にかつ簡単に行えるマッサージです。

このマッサージを実行することで、腎臓に体の外から心地よい程度の刺激を与えてくれます。
そうすることで、血行を促進し、老廃物がスムーズに排出される機能を
良好なものにしてくれる期待があることがわかりました。

腎臓は体が冷えを感じると真っ先にダメージを受ける臓器だとも言われるそうです。
腎臓が冷えてしまっても、機能がダウンしてしまうのです。

マッサージで程よく腎臓を温め、体全体を温めることで
腎臓以外の臓器の機能もアップするのです。
ほどよい運動を忘れずに、さっそく腎臓マッサージで疲れ知らずの体を手に入れましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top