隠れインフルエンザの症状とは?セルフチェックする方法は?

スポンサードリンク

隠れインフルエンザってご存知ですか?

一般的に知られているインフルエンザとちょっとタイプが違い、
厄介なインフルエンザです。
しっかりと症状や対処法を把握して、隠れインフルエンザに
早く気づけるようにしたいですね。
ここでは、隠れインフルエンザの症状と対処法、予防法についてご紹介します。

スポンサードリンク

隠れインフルエンザの症状とは?

ウイルス

隠れインフルエンザとはB型インフルエンザのことを示します。
人に感染するインフルエンザには、ウイルスの違いで
A型、B型、C型に分けることができます。

一般的に知られている、高熱や関節痛などの症状が強く出るタイプは
A型インフルエンザです。

ちなみにC型インフルエンザは、一度感染すると生涯抗体を持つことができるため
二度かかることはなく、ほとんどの大人は抗体を持っているため、
かかることはないと言われています。

隠れインフルエンザと呼ばれるB型インフルエンザは、
A型インフルエンザと比べて、症状が軽く、風邪と勘違いされることが多いです。
熱は出ないことが多く、胃炎による胃痛、下痢などの消化器系の症状が主となります。

なぜ熱が出ないのか?原因は?

B型インフルエンザは熱がほとんどでないと言われています。
時に微熱が長く続き、なかなか下がらないこともあるようです。
しかし、A型インフルエンザのような高熱が出ることはないようです。

この熱が出ない原因としては、B型インフルエンザの症状が
マイルドというだけではなく、インフルエンザに気づくタイミングや対処法
関係しています。

B型インフルエンザは、インフルエンザワクチンや予防薬がよく効くと言われています。
そのため、インフルエンザのワクチンを接種している人は、
インフルエンザに感染しても、症状が軽くて済む傾向にあります。

また、B型インフルエンザは、市販されている風邪薬で症状を軽減することができます。
そのため、症状が出始めても、インフルエンザに気づかずに、
市販の風邪薬を飲んで、症状が治まるため、熱も高熱にならないというわけです。

隠れインフルエンザ セルフチェックする方法

チェック

インフルエンザじゃないかな?といち早く気づくためには、
B型インフルエンザの特徴を把握しておくことです。
これらのセルフチェックをしてみましょう。

  • 平熱、もしくは微熱がある
  • 下痢がある
  • 胃痛がする
  • 風邪クスリが効いた
  • インフルエンザの予防接種をした
  • インフルエンザが流行している時期

インフルエンザタイプを見分けるにも症状の傾向も知っておくと良いでしょう。

A型インフルエンザは、高熱の他にも咳や喉の痛み、
筋肉痛、関節痛など全身症状が出ますが、
B型インフルエンザは、下痢や胃炎による胃痛などの消化器系の症状が出て、
食事が摂れなくなります。

セルフチェックにおいて重要なのが、
インフルエンザの流行の時期です。

冬に流行することの多いインフルエンザですが、季節以外にも、
家族や友達に感染している人がいないか、
メディアで流行の兆しが予測されていないか確認し、
流行している場合はインフルエンザを疑った方がいいでしょう。

子どもや疾患を持っている人、妊娠している人は、
抵抗力が低いため、周りにこのような人がいる場合には、
すぐに気づいて医療機関を受診することが大切です。

インフルエンザの予防法 効果のある方法

手洗い

インフルエンザの予防法は、様々な方法がありますよね。
流行の時期になると、毎年メディアでも取り上げられ、
繰り返し予防法を案内しています。

基本的な予防法としては、手洗いやうがい、マスクの着用などです。
ただ、これらを徹底して行っていても、インフルエンザの流行は長期間続きますし、
子どものいる世帯では、感染症が蔓延してしまいます。

実は、私は幸いにもインフルエンザにかかったことがありません。
あまり風邪をひくことすらありません。

私が予防法として実践していることとしては、
加湿器を使用することです。

加湿器

インフルエンザなとのウイルスは、咳やくしゃみにより、
空気中にばらまかれます。
そして、乾燥した空気に乗って、ウイルスを運びます。

インフルエンザは乾燥している時期に流行しやすいと言いますよね。
乾燥している空気の中に放たれたウイルスの粒子は軽いので、
浮遊しやすくなります。

ところが、湿度を50%以上にすると、ウイルスは水分を含み重たくなります。
そして、重力に反することができず、空気中に漂うことができず、
感染を広げないというわけです。

このことから、湿度を50%以上にすると
インフルエンザウイルスの活動が弱まるといわれています。

インフルエンザ流行の季節である冬は暖房器具を使用します。
暖房器具を使用すると空気が乾燥します。
特にエアコンの使用は乾燥します。

加湿することのメリットは喉の乾燥を防ぐことができるため、感染予防になります。

乾燥により、喉を守る役割をしている粘膜も乾燥して、
役割を果たさなくなり、直接喉にウイルスが達してしまいます。
そのため、喉の乾燥は感染する原因になります。

このように、空気の乾燥は、ウイルスの浮遊を促すだけではなく、
ウイルスを体内に出迎えてしまっているのです。

加湿器の使用は、湿度を上げ、ウイルスの浮遊を予防し、
ウイルスの侵入を防ぐ粘膜を正常に働かせるために有効です。

次亜塩素酸水による予防

インフルエンザなどのウイルスに効果がある
次亜塩素酸水を霧吹きするだけでも感染予防効果が期待できます。

次亜塩素酸水は漂白剤と同じような成分で、
ドラッグストアなどで売っています。

加湿をしただけで感染を完全に防ぐことはできません。
これらの方法は、あくまでも基本的な感染の予防法である手洗いうがい、
マスク着用を行った上での、プラスの予防対策です。

インフルエンザに感染しないための予防と感染した時に早く気づくことができるように、
これらの情報をしっかりと把握しておきましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
隠れインフルエンザと言われるB型インフルエンザは
症状が軽く、風邪と勘違いされることが多いです。

症状が出始めても、インフルエンザに気づかずに市販されている風邪薬で
症状を軽減することもできます。

メディアで流行の兆しが予測されていないか確認し、
流行している場合はインフルエンザを疑った方がいいでしょう。

インフルエンザの予防法として有効なのは
手洗いやうがい、マスクの着用などです。

また室内では加湿器を使用し、湿度を50%以上に保つと
感染を予防することができます。
次亜塩素酸水を霧吹きしても感染予防効果が期待できます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top