寒冷じんましん 原因と対策(治し方)についてわかりやすくまとめてみた

スポンサードリンク

寒冷じんましんってご存知ですか?
気温差により肌にストレスがかかることによって起こるじんましんですが、
生活の見直しや内服治療によって、改善する見込みがあります。

ここでは、寒冷じんましんの原因や症状、対処法についてご紹介します。

スポンサードリンク

寒冷じんましんになる原因は?

寒い

寒冷じんましんの原因は、
肌で感じる気温に差がある時に症状が発生すると言われています。

寒冷じんましんの症状が出るとき、身体の中では何が起こっているのでしょうか?

皮膚表面にある血管の周囲には肥満細胞があります。
その細胞を激しい温度変化で刺激することにより、
免疫機能が働いてヒスタミンという化学物質を放出します。

そのヒスタミンが血管内の血漿が外に漏れ出すのを促します。
それにより、皮膚に赤みを帯びたふくらみができるのです。

寒冷じんましんになりやすい人は、日頃から寒がりで、
痩せている
ことなどが特徴として挙げることができます。

また、鳥肌が出やすかったり、汗をかきやすかったりする人
寒冷じんましんを発症しやすいと言われています。

敏感肌や乾燥肌がベースにある人は刺激に弱いため、
じんましん症状が出やすい状況にあります。
エビやカニなどの甲殻類による急性じんましんを起こす人も刺激に弱く、
寒冷じんましんになりやすいです。

寒冷じんましんになる環境は様々ですので、
シチュエーションごとに原因を見ていきましょう。

冬場の入浴前後の急激な冷え込み

冬場のお風呂あがりに屋外の寒い環境に出たときなどに、
症状が出ることがあります。
入浴後は身体が温まった状態にありますので、
急に冷たい外気に触れることで、じんましんが出るのです。

入浴前でも脱衣所やお風呂場の気温が下がっていると
服を脱いだ時に冷たい空気に触れ、じんましんが起こる可能性があります。

冬場の露天風呂も、外気に触れたり、お湯で温まったりを繰り返しますので、
寒冷じんましんの原因になります。

夏場のエアコン

寒冷じんましんは冬だけではなく、夏にも発生することがあります。

エアコンの冷たい空気を強風で浴びた時や、ドライヤーの冷風を浴びた時などに、
急な温度差からじんましんを起こすことがあります。

また、エアコンやドライヤーの使用時には、乾燥していることが多いため、
肌は敏感な状態になっています。
その為、じんましんを起こしやすい状態となっています。

冷たいものに触れた時

冷たいものに触れたり、食べたりした時でも
寒冷じんましんは起こることがあります。

カップに入った冷たい飲み物を手で持っていたり、
アイスクリームなどの冷たいものを食べたりした時にも起こる可能性があります。

朝起きて、素足で冷たいフローリングに触れる時も要注意です。
ひんやりとして気持ちがいい時もありますが、肌への刺激となって、
じんましんが起こる原因となります。

運動の後

冬場のスポーツの後や夏のプールの後に寒冷じんましんがでる人がいます。
スポーツの後は、汗、強い紫外線、外のほこりなど、
皮膚への刺激となる要素が重なっており、不安定な状態になりやすいです。

これらの肌に対するストレスと冷感による刺激が重なると
寒冷じんましんを起こすことがあります。

寒冷じんましんの症状とは?

じんましん

寒冷じんましんは、赤みを帯びた皮膚の膨らみとかゆみが主な症状です。

じんましんは、小豆ほどの大きさで表面が少し膨らみ、赤みを帯びています。
鳥肌にも似ています。

かゆみは、肌が引きつるようなピリピリ感があり、かゆみが出ます。
掻いてしまうと傷になったり、じんましんの範囲が広がってしまったりすることもあるため、
できるだけ掻かないようにしましょう。

冷気が体の一部にあって気温差を感じた場合には、その一部だけに症状が出ます。
また、全身に気温差を感じた場合には、全身にじんましんが出ます。

頻度としては、時々出る程度の人もいれば、常に出る人もいます。
この症状を放置すると症状が悪化し、頻繁に症状が出ることもあります。

また原因となる化学物質であるヒスタミンが血管を刺激することで、血圧が下がり、
めまいや頭痛を引き起こすこともあると言われています。

寒冷じんましんの対策・治し方

気温

寒冷じんましんの対策・治し方としては、急な気温変化を避けることです。

入浴の際には、脱衣所とお風呂場を暖房器具で温めてから
服を脱ぐようにするなどの事前準備をすることです。
入浴後は素早く服を着て、体温が急激に下がることがないようにしましょう。

エアコンなどによる冷気もじんましんの原因になる場合があるため、
直接風が当たらないようにしたり、温度を高めに設定したりする必要があります。

冬場の外気は極端に体を冷やすことが多いです。
そのため、外に出るときには、たくさん着込むようにして、
靴下や手袋、マフラーの着用するなど、暖かい格好を心がけましょう。

ジョギングなどの冬の屋外での運動前後も、寒冷じんましんを起こしやすいので、
運動の前には必ずストレッチや準備体操で徐々にウォームアップをしてから
運動を始めましょう。

また、運動後もタオルでしっかりと汗を拭いて、
体を冷やさないようにしましょう。

家の中でも、できるだけ暖かい格好で過ごすようにしましょう。
足の裏も寒冷に敏感ですので、裸足は避け、靴下やスリッパを使用するようにしましょう。

敏感肌や乾燥肌の場合

保湿

敏感肌や乾燥肌も寒冷じんましんを引き起こす一つの要因でもあります。
そのため、肌に合った保湿剤でしっかりと保湿をするようにしましょう。

敏感肌や乾燥肌は、環境や食べ物で改善することもありますので、
肌に良い食事を心がけることも、寒冷じんましんの改善に役に立つかもしれません。

一般的なじんましんやかゆみに対しては、冷やすことで、
かゆみや赤みの症状の改善が期待できますが、
寒冷じんましんの場合、冷やすことで悪化してしまいます。
ゆっくりと温めて様子を見ることが大切です。

急に温めすぎてしまって、温熱じんましんになる人もいますので、
温めすぎにも注意が必要です。

薬で治療するなら

薬

寒冷じんましんの症状が出る原因は、ヒスタミンの分泌にあります。
そのため、ヒスタミンの分泌を抑える抗ヒスタミン薬を経口内服することで、
症状のコントロールが可能です。

また、長期に抗ヒスタミン薬を使用することで、症状の頻度や度合いが、
軽減されていく傾向があります。

ただ、抗ヒスタミン薬が寒冷じんましんを完治させることはできません。
抗ヒスタミン薬はあくまでも症状の軽減のための薬です。

市販されている抗ヒスタミン薬で、寒冷じんましんに効果があると言われているのは、
スラジンA(佐藤製薬)アレルギール錠(第一製薬)があります。

それぞれに副作用もありますので、
よく副作用について理解してから服用するようにしましょう。

食べ物で予防できる?

野菜

寒冷じんましんは、食事内容を改善するだけでも予防できると言われています。
基本的には、肌に良い食事をすることが
寒冷じんましんを改善するためのポイントです。

肉類やラーメン、揚げ物など、炭水化物や脂質の多い食事は
避けたほうがいいでしょう。

また、冷たい食べ物は、体を冷やして、肌の血行不良の原因になり、
じんましんを起こしやすくします。

アルコールやカフェイン、辛いものなど刺激となるものも
肌への影響が強くなりますので、避けた方がいいでしょう。

肌に良い食事とは、肌の生成に必要な栄養がバランス良く入っている食事です。
特にビタミン類を多く摂ることが大切です。
ビタミンは皮膚や粘膜の生成を助け、老化を防いでくれます。

生野菜は体を冷やしますので、蒸したり茹でたりし、
暖かい野菜をたくさん摂ることが大切です。

まとめ

いかがでしょうか?

寒冷じんましんは肌で感じる気温に差がある時に症状が発生すると言われています。
冬場の入浴前後の急激な冷え込みや夏場のエアコン、冷たいものに触れる時などは
注意するようにしましょう。

寒冷じんましんは、赤みを帯びた皮膚の膨らみとかゆみが主な症状になります。
肌が引きつるようなピリピリ感があり、かゆみが出ますが、
掻いてしまうと傷になったり、じんましんの範囲が広がってしまったりすることも
あるため、できるだけ掻かないようにしましょう。

寒冷じんましんの対策・治し方としては、急な気温変化を避けることです。
衣服でしっかり防寒するようにいたしましょう。

薬で症状を抑えるのであれば
ヒスタミンの分泌を抑える抗ヒスタミン薬を経口内服することです。

市販されている抗ヒスタミン薬の中では
スラジンA(佐藤製薬)やアレルギール錠(第一製薬)があります。
それぞれに副作用もありますので、副作用について理解してから服用するようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top