肩甲骨がゴリゴリ音がする 原因と解消法とは?

スポンサードリンク

デスクワークに従事し、仕事がひと段落した時などに一息つきながら
何気なく肩を回すと…
「ゴリゴリゴリーッ」と自分の体から奇妙な音がして、
すごくびっくりすることがよくありました。

1日じゅうパソコンとひたすら向き合う仕事。
カチコチになった肩のあたりをほぐそうと肩を回すと、
とんでもない音が自分の体から響き渡るのです。

みなさんもそんな経験はないですか?
自分の体からゴリゴリ音が聞こえると、それはそれは不安になりますよね?
ただの肩こりなのか、はたまたなにか悪い症状の表れなのか・・

このゴリゴリ音が出る原因の正体は何なのか、また解消法はあるのか、
肩甲骨の音の謎をひも解いてみましょう。

スポンサードリンク

肩甲骨がゴリゴリする原因とは?

肩甲骨

このゴリゴリ音。
聞こえてくるのは肩甲骨あたりからで、肩を回したり、
腕を思いっきり上にあげたりした際に聞こえることが多いと思います。

仮に悪い症状が原因で出る音ではないとしても、こんな音が自分の体から
聞こえてくるのは気持ちが悪いですよね。
特に女性にとっては、人に聞かれたら恥ずかしくもあります。
では、この音の原因は何なのでしょうか?
実はこの音の直接の原因は、肩甲骨そのものから発せられる音ではないのです。

肩甲骨の周りにもたくさんの筋肉がありますが、その中の1つに肋骨との間に
存在する「肩甲下筋」という筋肉があります。
デスクワークやパソコン作業を長時間続け、
この筋肉が凝り固まってしまうことで起こるのがこのゴリゴリ音なのです。

筋肉が凝るとは、つまり硬くなってしまうこと。
骨の動きを円滑にする役目を担っている大事な筋肉。
その筋肉がガチガチに凝り固まってしまい、充分な機能を果たせなくなることで、
肩甲骨やほかの筋肉と擦れ、このようなゴリゴリ音となって私たちの耳に入るのです。

肩甲骨のゴリゴリ 放置しておくとどうなる?

音の原因がわかって一安心。
と思いたいところですが、やはり音がすることを軽視してしまうのは禁物です。

筋肉や骨が正常な状態ではないから聞こえてくるゴリゴリ音。
こんな奇妙な音が体から出るまま放っておくのは大変なことです。

急激に状況が変化するわけではないからと、楽観的な気持ちでいるのはよくありません。
異常な状態が続くことは、悪化することはあっても自然と改善されることは
ほとんどないから
です。

肩甲骨がいつもガチガチに凝り固まって、ゴリゴリ音がする状態を
放置しておくとどうなるでしょう?
将来的に「四十肩」、「五十肩」などの症状を引き起こすことになるのです。

初めは肩を動かせばゴリゴリ音がする程度だったものが、
放置することで症状が進行します。

そしてやがて、四十肩や五十肩の初期症状が出始めるのです。
四十肩や五十肩は40代50代の人だけがなるわけではありません。
若い人でも状況がそろえば、充分患う危険性がある、とても怖い症状なのです。

ちなみに四十肩や五十肩の初期症状は以下のようなものです。

  • 肩が上げづらくなる
  • 肩が回しづらくなる
  • 肩周辺の筋肉に痛みがある

痛みは日に日にひどくなり、日常生活に支障をきたすようになります。
いずれは腕を上げることもままならなくなるほどです。

年をとれば皆が患う症状だから、ある程度は仕方ないなんて考えは
持たない方が身の為です。

痛み、症状は人それぞれなのは言うまでもありません。
ですが、私も最近まで身近な人がこの五十肩に苦しんでいる姿を
間近で見ていましたが、想像を絶するほどの痛みのようでした。
肩甲骨のゴリゴリ音だけのうちに、早期に改善することがとても大事なのです。

肩甲骨が凝り固まっている時の解消法は?

肩甲骨のゴリゴリを放置していてはいけないことがわかりました。
では、どうすればいいでしょうか?

肩甲骨からゴリゴリ音がするのは、筋肉が硬くなってしまうことが原因であることは
先ほどお話ししました。
これが事の発端ともいえます。
では、この凝り固まってしまった状態をどうすればいいのか?

もちろん、硬い状態にしない事前努力が最善の方法なのは言うまでもありません。
ですが、仕事などに集中していると、気が付けばすでに凝り固まった状態。
そんなものですよね。

硬くなってしまったものを解消するには、できるだけ症状が軽いうちに
柔軟性を取り戻すことが大事です。

マッサージ

整体院などにかけこんで、マッサージなど施術してもらえれば
それにこしたことはありませんが、なかなかそう時間がとれなかったりするものですよね。

そんな時、自分でできることとは…
もうストレッチしかありません。

自分で自分の凝り固まった肩甲骨をストレッチすることで凝りをほぐしていくのです。
凝りをほぐすため、または音を解消するために、無理やり必要以上に動かしてはダメです。
正しいストレッチ法を認識して、チャレンジしてみましょう。

■肩甲骨に効く!簡単にできるストレッチ

①肩甲骨そのものをよく動かす。
・両肩を同時に上げたり、下げたりする。
・肩を片方ずつ大きくゆっくり回す。(前回し、後ろ回し)
②両腕の肘と肘をつけ、顔の前で合掌し、そのまま両腕を上にゆっくり持ち上げる。
③背中で手と手を握る。(片手は肩上から、もう片手は腰から背中に回します。)
④肩甲骨を背中の中心部にぐっと引き寄せる感じで胸を広げる。

まとめ

肩甲骨のゴリゴリ音の原因が、その周辺の筋肉の凝りであることがわかりました。
その筋肉がガチガチに凝り固まってしまう原因の1つには、
一昔前にはなかったパソコンなどの存在が大きく影響していることから、
もはや現代病とも言えるかもしれません。

せっかく肩甲骨の音の正体や解決法がわかったところで、放置してしまっては
意味がありません。
放置すると音だけではとどまらず、日常生活にも支障をきたす事態を
招きかねないものであることもわかりました。

まずは肩甲骨に限らず、骨や筋肉に負担のかかることを
少しでも控えるなどの意識の改善が必要です。

それでも凝り固まってしまった状態を招いてしまったときは、
すぐに解消するための努力をしなくてはいけません。

凝り固まってしまうまでの時間はあっという間でも、それをほぐすのには時間がかかるもの。
楽観視せずに、軽症のうちに対処することがとても大事なのです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top