歯の黄ばみ取れない原因とは?黄ばみを落とす方法についてまとめてみた

スポンサードリンク

人と話す時に何気に目がいくのが口元ですよね。

黄ばんだ歯だと、何となく不潔な印象で、せっかくの笑顔も台無しに…
「気になって思い切り笑えない…」
そんなふうに悩んでいる人も多いと思います。

「どうして毎日歯磨きをしているのに、黄ばみがとれないんだろう?」
毎日丁寧に歯磨きをしている人は、そんな疑問が出てきますよね。

今回、歯の黄ばみがとれない原因と自分で黄ばみを落とす方法について
調べてみました。

スポンサードリンク

歯の黄ばみ取れない 原因は?

歯

歯の黄ばみが歯磨きで取れない理由は、
「歯に硬いばい菌の膜」ができているからなんです。

ちょっとショックな話ですが、具体的にどういう事かと言うと、
まずエナメル質の歯には「ペクリル」という成分が全体的に膜を張っています。
このペクリルのおかげで、歯は汚れや酸から守られているのです。

ただ、欠点がありまして、ペクリルは「タンニン」や「ポリフェノール」などの
たんぱく質と結合しやすい性質があるため
これによって歯にばい菌が溜まりやすくなってしまうのです。

毎回3食、食べてすぐに歯を磨けない時ってありますよね?
また、磨いていても、磨き残しがあったり、
歯並びが悪いときれいに磨けない場合もあります。

そうやって歯についたばい菌を、数時間放っておくと、
「硬いばい菌の膜」ができてしまい、これが歯を黄ばんで見せてしまうのです。

この「硬いばい菌の膜」は、蓄積した歯の汚れとも言えるのです。
硬くなってしまった膜は、歯磨き程度のブラッシングではなかなか取る事はできません。

歯の黄ばみを簡単に落とす方法とは?

自分でできる歯の黄ばみを落とす方法で効果的だと言われているのが、
「重曹」と「歯の消しゴム」です。

重曹と言えば、食べ物に使ったり、洗濯物から台所まで
幅広い掃除に使える便利なものですよね。
値段もお手ごろなので、家庭に常備している人も多いと思います。
この重曹が歯の黄ばみも落とす効果があるのです。

やり方は簡単です。
重曹を適量、歯ブラシにつけてブラッシングするだけです。

ただ、注意点がいくつかあります。

■必ず食用の重曹を使う事
工業用のものだと、もし飲み込んでしまった場合に、
体に何か悪い影響があるかもしれません。
食べても大丈夫な食用のものを使うようにして下さい。

■ゴシゴシ磨きすぎない事
強い力で長時間磨きすぎると、歯のエナメル質が痛んでしまい、
よけいに歯に汚れがつきやすくなってしまいます。
適度な力で10分ほどの時間で丁寧に磨きましょう。

■重曹で磨いた後はフッ素でコーティングする事
重曹で磨いた後は、歯が痛みやすくなっている場合があるので、
念のためフッ素でコーティングしておくと安心です。

また、「歯の消しゴム」は、タバコのヤニやコーヒーなどの歯の表面についた
ステインの汚れを落とすのに効果的です。

歯の消しゴムには、専用の消しゴムと一緒に、「研磨剤」がセットになっています。
毎日の歯磨きの後に、気になる部分を磨いていくと、
歯の黄ばみが取れていく効果があります。

「重曹」も「歯の消しゴム」も、人によって効果には差があるようです。
ただ1000円未満の低コストで、簡単にできるものなので、
気になる人は一度試してみてはいかがでしょうか?

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉 おすすめのものとは?

効果が高い歯磨き粉として有名なのは「デンタルパールW」です。
テレビで紹介され、マツコデラックスが絶賛した歯磨き粉としても有名です。

他の歯磨き粉と何が違うのかというと、
「もともと歯の持っている特性を利用して、歯を白くする」という
今までにはない発想の歯磨き粉なのです。

通常、歯は唾液に含まれるカルシウムを吸収して、白さを保っています。
デンタルパールWに含まれているフッ素は、このカルシウムと結合して、
一緒に歯にくっつきます。
それによって、歯を白くする事ができる、という訳なんですね。

歯を磨く研磨剤や、薬液をつけるホワイトニングのように
歯に負担をかける事なく白くさせる事ができるのです。

実際、どの程度で効果を実感できるのかは個人差がありますが、
だいたい1~2週間程度で「歯が白くなってきた」と実感できた人が多いようです。

お値段は他の歯磨き粉と比べると、若干高い値段設定になっています。
ただ、値段が高い分、それなりの効果も期待できるようです。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、歯の黄ばみがとれない原因と自分で黄ばみを落とす方法について
まとめてみました。

歯の黄ばみ取れない 原因は?
・歯の黄ばみ取れない原因は「歯に硬いばい菌の膜」ができているため。
エナメル質の歯にはペクリルという成分があり、タンパク質と結合しやすいので
ばい菌がたまりやすい。

歯の黄ばみを簡単に落とす方法とは?
・歯の黄ばみには重曹や歯の消しゴムを使うと効果的。
ただし重曹を使う場合は必ず食用の重曹を使用し、ゴシゴシ磨きすぎないことが大事。

歯の黄ばみを落とす歯磨き粉 おすすめのものとは?
・歯の黄ばみを落とす歯磨きとして「デンタルパールW」が効果があると評判。
値段は若干高めの設定だが、それに見合う効果も期待できる。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top