鯉のぼりはいつ出すのがいい?片づける時期は?何歳まで?

スポンサードリンク

桃の節句も終わり穏やかな気候になってくると、
次は端午の節句が気になりますよね。

端午の節句といえば、言わずと知れた鯉のぼり。
兜や五月人形など、端午の節句を祝うものはいろいろありますが、
鯉のぼりはその中でも代表的存在ですよね。

この鯉のぼり、そういえばいつから見かけるか、そしていつから見かけなくなるのか、
ゆっくり考えてみたことありますか?

男の子のお子さんがいらっしゃるご家庭では、この鯉のぼりをいつ頃から出して、
いつ頃片づけるのか、そのタイミングはどうやって決めているのでしょうか?

いつもなんとなく眺めていた鯉のぼり。
その鯉のぼりにまつわるいろいろな「タイミング」について今回調べてみました。

スポンサードリンク

鯉のぼりはいつ出すのがいい?

鯉のぼり

「桃の節句のお雛様を片付けたら出してもいい」と言われたり、
「春のお彼岸が過ぎてから出した方がいい」と言われたり、
鯉のぼりを出すタイミングについてはいろいろな説があります。

ですが実際は、鯉のぼりを出す日というものに、
明確な決まりはないのです。

ただ、桃の節句のお雛様と鯉のぼりが、飾られる場所は違えど、
同時期に同席するのはさすがにおかしいですよね。

となると、最速で鯉のぼりを見かけることができるのは、
お雛様が片づけられる3月4日以降ということになります。

また、春のお彼岸は毎年変わるものなので、
この意見でいうと鯉のぼりを出す日は毎年違う日になります。
というように、鯉のぼりを出す日に正解という日はないのです。

端午の節句のお祝いだから、大安吉日のめでたい日を選んで
鯉のぼりを出さなくてはいけないといった決まりごとも特にありません。
即ち、いつ鯉のぼりを出すかは、出す人の考えや都合で決めていいということです。

ちなみにですが、鯉のぼりの風習は江戸時代からあると言われ、
武家で男の子が誕生すると、のぼりを上げて祝ったことが始まりだそうです。

その風習が武家以外の身分の者にも広がり、
中国由来の立身出世の象徴とも言われる滝を登り龍になる姿になぞらえて、
のぼりが吹き出し型に変わり、今の鯉のぼりの姿が浸透していったと言われます。

そんな奥深い意味をもって大空を泳ぐ、鯉のぼり。
あの雄大な姿はいつまでも見ていたいですよね。

せっかくの鯉のぼりを、端午の節句の日である5月5日が押し迫ってから飾るのでは、
とてももったいない気がします。

飾り始めるのに決まった日はなくとも、好ましい日はあります。
一般的に世間に鯉のぼりが増えてくるのは、4月の中旬が多いようです。

少しでも長く鯉のぼりを見ていられるように、
遅くてもそれくらいの時期には出すのが好ましいといえるでしょう。
鯉のぼりを出す日は地域によって風習的な日程が定められていたりすることもあるので、
確認しておくことも忘れないようにしましょう。

鯉のぼりを片づける時期は?

鯉のぼり

雄大な鯉のぼりを満喫したら、次は片づける時期を決めなくてはいけません。
ですが、出す日が決まっていないのと同様、
片づける日も明確に決まっていないのが現状です。

鯉のぼりは桃の節句と違い、「片づけるのが遅くなると嫁に行くのが遅くなる」
などの言い伝えもありませんので、いつ片づけてもよいことになります。

旧暦の日取りで端午の節句をお祝いするような地域に関していうと、
6月中旬まで鯉のぼりが大空を泳いでいたりもします。

このように地域の風習的な日程がなければ、端午の節句の5月5日を過ぎたら、
自分たちのタイミングで片付けていいのです。

鯉のぼりを出したり片づけたりするのは、なかなかの重労働です。
片づけなければ、と思えば思うほど腰が重くなったりします。

片づける日がずるずると遅くならないよう、毎年この日に片づけると
家族で決めておくと作業もしやすいかもしれません。

ですが、作業の効率を考えてもやはり片づける日は天気がよい日がいいでしょう。
天気がよく、湿度の低い日を片付ける日に選びましょう。

鯉のぼりはお雛様とは違い、外で雨ざらしの状態です。
片づける時は、きれいに洗濯して片づけると来年も気持ちよく出すことができます。
素材的なことを考えると、クリーニングよりは家庭で手洗いした方がよさそうです。

鯉のぼりを飾るのは何歳まで?

男の子をもつ母親たちの間で、よく話題になるのがこれです。
鯉のぼりを飾るのは何歳までなのか?

小学生高学年から出さなくなった…
中学生になったら出さなくなった…
など、子供がいくつになるまで鯉のぼりを飾るのかは家庭によってマチマチです。

それは、鯉のぼりは何歳になるまでに飾りましょう
などといった明確な決まりがないからです。

出す、片づけるのタイミングに明確な日程の決まりがないことと同様で、
各家庭の考え方で飾る年月を決めてよいのです。

昔の成人に因み15歳まで飾るという地域もありますが、
そのような地域の風習的なものがなければいつまででも飾っていいということになります。

ですが、子供がある程度大きくなったら自然と飾らなくなるのが現実です。
インターネットで鯉のぼりを何歳まで飾るものなのか、検索してみたところ
1番多かったのは、「小学生まで」でした。

ある年頃になると子供自身が恥ずかしがったり、
鯉のぼり自体が経過年によって傷みが目立ってしまったりと、
飾らなくなるきっかけも家庭によって様々です。

いくつになるまで飾るかを、子供を交えて家族でしっかり話し合って
決めておくといいかもしれません。

まとめ

男の子がいるご家庭にとっては、鯉のぼりを出す日や片づける日を決めるというのは、
いろいろ迷うだけに、ちょっと悩ましいことなのかもしれません。

ですが、大空を泳ぐ鯉のぼりの姿を見るのは、
子供と関係のない人が見ても気持ちがいいものです。
そして、できるだけ長く見ていたいとさえ思うのです。

鯉のぼりを出す日、片づける日、いくつになるまで飾るかは、
どれも決まりがあるわけではありません。

自分たちのタイミングで鯉のぼりを空高く掲げ、わが子の成長をみんなで祝うことができたら
最高の端午の節句祝いになることでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top