黄砂がひどい時期はいつぐらい?人体に及ぼす影響と対策についてまとめてみた

スポンサードリンク

黄砂で洗濯物や車が汚れたりして、困った経験のある人も多いと思います。

住んでいる地域によっては、その被害も深刻になってくるので、
毎年、黄砂の来る季節になると憂鬱に感じている人もいるのではないでしょうか?

黄砂によって身の回りのものが汚れるだけでなく、中には体調が悪くなる人もいます。
黄砂が人に与える影響はどのくらいあるのでしょうか?

今回、黄砂がひどい時期や人体に及ぼす影響、その対策について
調べてみました。

スポンサードリンク

黄砂がひどい時期とは?

砂漠

毎年、黄砂のひどい時期は2-4月頃と言われています。

まず、黄砂はどこから飛んでくるのか?という事ですが、
そのほとんどは中国などの東アジアに複数ある砂漠から飛んでくるのです。

乾燥した砂漠の砂は水分を含まずサラサラの状態です。
砂漠地帯では、風が吹くと目の前がまったく見えなくなるほど砂が上空に舞い上がります。
大気中に舞い上がった砂は、偏西風に乗って4~5日間かけて日本にやってくるのです。

遠く離れた中国から砂が飛んでくるなんて、何とも不思議な事ですね。
日本に来る途中で落ちたりしないのでしょうか?

実は黄砂の被害にあっているのは日本だけではなく、
お隣の韓国も深刻な被害にあっているのです。

黄砂が体に及ぼす影響とは?

黄砂が体に及ぼす影響は様々ありますが、
主には以下のようなものが挙げられます。

  • 肺炎
  • 気管支喘息
  • アレルギー鼻炎
  • 喘息
  • アレルギー結膜炎

主に、気管支や肺などを悪化させるという
影響が確認されています。

他にも頭痛や吐き気など、原因のわからない体調不良を引き起こす事もあり、
因果関係がはっきりわからないものもありますが、
人体に何らかの悪影響を及ぼす事は間違いないようです。

なぜ、これほどまでに悪影響が出るのかと言うと、
黄砂には元々鉱物や砂などが含まれていますが、日本に来るまでの間に、
それ以外の様々な汚染物質を一緒に運んでくるからです。

現在、中国では車の排気ガス、工場から出る排煙など
大気汚染が大きな問題になっていますよね。

よく問題になっているPM2.5も黄砂に含まれているのです。
中でも大気汚染が深刻な北京では、気管支や肺の病気になったり、
体調不良を訴える人が急増しています。

黄砂はその汚染された地域を通って日本に来るので、
中国国内で起こっている事と同じような被害が出る可能性があるのです。

実際、黄砂が多く飛んでくる2-4月頃には
気管支や肺などに異変を感じる人が増えてきます。

ただ、この次期は風邪や花粉症を発症する人も多く
不快に感じる症状が似ているため、黄砂の影響だとは気づかない人もいます。

黄砂対策に有効な手段とは?

マスク

黄砂対策には以下のような有効な方法があります。

  • 眼鏡マスクを使う
  • 空気清浄機を使う
  • 洗濯物は家の中に干す
  • 外出を控える

眼鏡とマスクを使用する

外出時に外の空気になるべく触れないようにする事で、
体内に黄砂が入ってくるのを防ぐ効果があります。

ただ、マスクでも自分の顔のサイズに合っていないものは
隙間から空気が入ってくるので、ピッタリと密閉できるものを選びましょう。

最近では、PM2.5対応のマスクも販売されています。
普通のタイプよりも値段は高めですが、その分効果は高いです。

一度使ったマスクには、目に見えない汚染物質がついているので、
もったいなくても捨てるようにしましょう。
眼鏡も花粉症用のフレームで目が覆われているタイプのものがお勧めです。

空気清浄機を使う

外から帰って来ると、洋服についた黄砂が部屋の中にも入ってきてしまいます。
また、部屋の空気をキレイにしようと窓を開けて換気をすると、
余計に部屋の中が汚れてしまうので、空気清浄機を上手に使いましょう。

洗濯物は家の中に干す

せっかくキレイに洗った洗濯物も、黄砂の時期に外に干すと汚れてしまいます。
最近では、部屋干し用の嫌な臭いのしない洗剤や柔軟剤なども販売されているので、
黄砂の多い時期はなるべく部屋の中で干すようにしましょう。

外出を控える

これは人によってはなかなか難しい場合もあると思います。
黄砂がひどいからと言って仕事や学校を休む訳にはいきませんからね。

ただ、黄砂のひどい時期は、仕事が休みの時はなるべく家で過ごしたり、
買い物はまとめ買いをするなどして、なるべく外出の頻度は減らした方が
体への影響も少なくする事ができます。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、黄砂がひどい時期や人体に及ぼす影響、対策について
まとめてみました。

黄砂がひどい時期とは?
・毎年、黄砂のひどい時期は2-4月頃と言われている。
黄砂は中国などの東アジアに複数ある砂漠から偏西風にのって運ばれてくる。

黄砂が体に及ぼす影響とは?
・黄砂には主に、気管支や肺などを悪化させる影響がある。
肺炎、気管支喘息、アレルギー鼻炎、喘息、アレルギー結膜炎になる可能性が高い。
・黄砂は日本に来るまでにPM2.5などの汚染物質を一緒に運んでくることもある。
中国国内で起こっている事と同じような被害が出る可能性がある。

黄砂対策に有効な手段とは?
・黄砂対策としては、眼鏡やマスクを使ったり、空気清浄機を使うことが効果的。
また可能であれば、洗濯物は部屋干ししたり、外出を控えたりすると悪影響を受ける
可能性が低くなる。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top