朝起きると身体がだるく、気力がない場合 もしかして原因はマットレス?

スポンサードリンク

睡眠時間はきちんととれているのに、朝、体がだるくて気力がない…
そんな疲れにずっと悩んではいませんか?

もしかすると、その原因は普段使っているマットレスにあるかもしれません。
マットレスが悪いと、体にはどんな影響があるのでしょうか?

今回、朝起きると身体がだるく、気力がない場合の対処法について
調べてみました。

スポンサードリンク

朝起きると身体がだるく、気力がない場合 原因はマットレスにあり?

睡眠

人間の人生の三分の一は睡眠だと言われています。
つまり、それだけ長い時間を寝具の上で過ごしているのです。

体の下に敷いてあるマットレスが自分に合っていないものだったら、
無意識に体に負担をかけてしまっているかもしれません。

本来、マットレスには「体を支える」という目的があります。
人間の体は、凹凸があるため、床に横になった時に、
体の部分によって床に当たる部分とそうでない部分がありますよね。

マットレスがあると、横になった時に、
体の凹凸にマットがフィットし、体のバランスを支えてくれます。
なので、何もない時と比べると、体への負担を軽減してくれるのです。

また、人間は眠っている無意識の間に、数十回もの寝返りをうちますが、
マットレスが体をきちんと支えてくれる事で、寝返りもスムーズにうつ事ができます。

ところが、質の悪いものや、自分の体に合っていないマットレスを使っていると、
眠っている時に自分の体に重心がかかり、同じ体勢でいるのが辛くなってきます。

そのため、寝返りをうとうとするのですが、マットレスが合っていないと、
寝返りをスムーズにできません。
なので、無意識に何度も体を動かします。

眠っている時に頻繁に体を動かしていると、
朝起きた時に疲れがとれず、「だるい」と感じてしまうのです。

日中の疲れは、夜、眠っている間に回復させないといけないのですが、
熟睡できていないと体の疲れもとれないので、
慢性的に体が疲れている状態になってしまいます。

疲れを解消するためのマットレスの選び方とは?

疲れを解消するためのマットレスは次のものがお勧めです。

適度に固いもの

柔らかいマットレスは、一番最初に横になった時の寝心地はいいのですが、
時間が経つと体に違和感を感じるようになります。

それは、マットレスが体を支えきれていないため、体が沈みこんでしまうのが原因です。

柔らかいマットレスでは、姿勢が悪い状態のままで長時間過ごす事になるので、
体に大きな負担がかかります。
なので、マットレスは適度に固いものがお勧めです。

少し前までは「低反発マットレス」が人気でしたが、
最近では「高反発マットレス」を使う人も増えてきました。

高反発マットレスは、体が沈みこまないという特徴があるので、
正しい姿勢のままで眠れるようサポートしてくれます。

また、同じ体勢で眠っていると血行も悪くなってしまうのですが、
寝返りのうちやすい高反発マットレスは、スムーズに体勢を変える事ができます。

厚さのあるもの

3-5cmほどの薄いマットレスは、持ち運びも良くて便利なのですが、
薄い分体重をきちんと支えられていない場合があります。

できれば、10㎝位の厚みのあるものを撰びましょう。
厚さのあるマットレスは、体の重心を分散させやすいので、
負担を軽減してくれます。

身体のだるさを改善するために心掛けたい生活習慣とは?

入眠

身体のだるさを改善するためには、
マットレスだけでなく一緒に普段の生活習慣も見なおしましょう。

普段の姿勢に気をつける

普段から姿勢の悪い人は、
眠っている時も姿勢が悪いままでいる事が多いです。
猫背の人は、普段から意識して姿勢を正すように心掛けましょう。

椅子に座った時に足を組むクセのある人や、いつもソファーに持たれて座っている人も
骨格が歪んでしまう原因になるので要注意です。
自分で改善できない場合は、矯正に行くのも一つの手です。

筋力をつける

姿勢の悪い人は、正しい姿勢を維持する筋力がない人が多いです。
背筋や腹筋が弱いと、猫背になりやすく、腰を痛める原因にもなりますから、
筋トレをして適度に筋肉をつけるようにしましょう。

夜はスマホを見ない

夜寝る直前まで、スマホを見ているという人も多いと思いますが、
寝る前にスマホを同じ体勢で見ていると首や肩が凝る原因にもなります。

スマホから発せられるブルーライトが脳を覚醒させてしまい、
寝つきが悪くなって熟睡できなくなるので控えましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、朝起きると身体がだるく、気力がない場合の対処法について
まとめてみました。

朝起きると身体がだるく、気力がない場合 原因はマットレスにあり?
・朝起きると身体がだるく、気力がない場合の原因はマットレスにある可能性がある。
寝返りをスムーズにうてないマットレスの場合、姿勢が悪い状態が続いたり、
頻繁に体を動かすことになるので、だるさが残ってしまう。

疲れを解消するためのマットレスの選び方とは?
・疲れを解消するためのマットレスはある程度の固さがあるもの、
10㎝くらいの厚みがあるものが望ましい。

身体のだるさを改善するために心掛けたい生活習慣とは?
・身体のだるさを改善するために普段の姿勢に注意したり、筋力をつけたりすると
効果的。また夜はスマホを見ないようにすると、入眠しやすい。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top