目元のクマがひどい場合の原因とは?クマを治す方法や効果的なマッサージ方法とは?

最近、目元のクマがひどい…
そう鏡の前でため息をついてはいませんか?
女性だけでなく、男性でも悩んでいる人は実は結構いるのです。

一言に「クマ」と言っても、その原因や改善方法は様々です。
今回は、目元のクマがひどい場合の原因と
クマを治す方法や効果的なマッサージ方法
について調べてみました。

スポンサードリンク

目元のクマがひどい場合の原因とは?

目元

目の周りの皮膚は、体の中でも最も皮膚が薄いため、
乾燥や血行不良、加齢による影響を受けやすいデリケートな場所です。

目元にできるクマには、大きく3種類のタイプにがあります。

■茶クマ

色素沈着などが原因で起こるクマです。
花粉症などで、目をこするのがクセになっている人や、
メイクを落とす時に目元をゴシゴシと洗っている人がなりやすいクマです。

■青クマ

血行不良などが原因で起こるクマです。
寝不足が続いた時などに、一時的にできるクマです。
元々皮膚が薄い人や乾燥肌の人にできやすい傾向があります。

■黒クマ(影クマ)

多くは加齢によって目の下がたるむ事により、
そのたるんだ部分が影になってクマに見えてしまいます。

若くても、もともと目の下の脂肪が必要以上に少なかったり、
多かったりする事で目元に影ができてクマに見えてしまう人もいます。
クマの中でも、自力で改善するのが難しいタイプです。

目元のクマを治す方法とは?

目元のクマを治すには、それぞれのクマの特徴にあった
改善方法を実践する事が大事です。

■茶クマの場合

色素沈着が原因の茶クマの場合、
肌を白くするための美容液などが効果的です。

おすすめはビタミンC誘導体の美容液です。
スキンケアと平行して、美白効果のあるサプリを飲むのもいいと思います。

即効性はありませんが、美白効果があるものを使えば、
少しづつ色素沈着が薄くなり、目元のクマが改善される事が期待できます。

また、スキンケアやサプリなどでケアをするだけでなく、
普段の生活習慣も一緒に見直すようにしましょう。

メイクを落とす時は必要以上に力を入れずに洗い、
洗顔の時もたっぷりの泡で洗うようにして、肌に負担をかけないように心がけましょう。
洗顔後にタオルで顔を拭く時も優しくポンポンと抑えるだけにします。

■青クマの場合

血行不良が原因の青クマの場合は、
目の疲れをとるケアをして血行を良くしてあげましょう。

スポンサードリンク

おすすめはホットアイマスクです。
目を閉じた状態で、温かいタオルやアイマスクを目元に置き、
しばらくの間温めます。

その後に、目を左右に動かしたり、閉じたり開いたりする動きをすると
目元の血行が良くなります。

もっと効果的な方法は、半身浴です。
目元だけでなく、全身を温める事で、より血行が促進され、
目の疲れが早く解消されるようになります。

スマホやパソコンを使う機会が多い人は、目が疲れやすいので、
青クマになりやすい傾向があります。
目が疲れたと思ったら休ませるようにしましょう。

■黒クマ(影クマ)の場合

黒クマの場合は、原因が皮膚のたるみやふくらみなので、
美白クリームや血行を促進するマッサージを行っても効果がなく、
クマを隠そうと化粧を濃くするとよけいに目立ってしまいます。

黒クマを根本的に治すには、外科的な治療が必要になります。
美容外科では、目の下がへこんでいる場合は、その部分にヒアルロン酸や
自分の脂肪を注入する方法などもあります。

逆に目の下が膨らんでいる場合は、
下のまぶたの裏側から脂肪を取り出す脱脂術などもあります。

黒クマの場合は、これと一緒に青クマや茶クマも一緒に併せ持っている場合もあるので、
素人ではなかな見分けがつきません。

何をしてもクマが改善されず、ずっと悩んでいる場合は、
一度専門の美容外科へ相談に行く事をおすすめします。

目元のクマを解消するための効果的なマッサージ方法とは?

クマ

血行不良が原因の青クマの場合は、
目元をマッサージする事でクマを解消する事ができます。

  • マッサージをする前にクリームやオイルなどの潤滑液を塗ります。
    そのままマッサージしてしまうと、デリケートな目元の皮膚に
    負担がかかってしまうので気をつけましょう。
  • 目を閉じて、人差し指で瞼の下の目尻から目頭、
    上瞼の目尻から目頭へ向かってマッサージしていきます。
    これを3回ほど繰り返します。

目のマッサージをする時に気をつける事は「力をいれない事」です。
指に力は入れずに、そっと皮膚の上をさするようにマッサージして下さい。
力が入ってしまうと、皮膚がこすれて色素沈着の原因にもなってしまいます。

そして、何回もやり過ぎない事です。
目のクマが気になる朝と、夜寝る前の一日2回程度がおすすめです。

まとめ

目の下にクマがあると、疲れて見えたり、実年齢よりも老けて見られる事があるので、
女性にとっては大きな悩みですよね。

まずは自分のクマはどのタイプなのかを判断して、
自分にあった方法で改善を目指しましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top