蚊の嫌いな音・色・植物・香りをまとめてみた【蚊の弱点を知る】

スポンサードリンク

これからの季節、耳元でプーンと聞こえるあの嫌な蚊の音。

刺されるとかゆいだけではなく、テング熱などの
様々な感染症の原因にもなってしまうので、注意が必要です。

外出時など、市販の虫除けスプレーなどもありますが、
効果がイマイチだったりするんですよね。
もっと、効果的に蚊を寄せ付けない方法はあるのでしょうか?

今回、蚊の嫌いな音、色、植物、香りなどを調べてみました。

スポンサードリンク

蚊の嫌いな音とは?

蚊

実は蚊のような虫にも、嫌いな音があります。
厳密に言うと、その音の周波数が嫌い、という事なのですが、
蚊の嫌いな周波数は16,000Hz-18,000Hzだと言われています。

なぜ、この周波数を嫌うのかというと、一説にはメスの場合は、
オスの周波数を嫌う傾向があり、そのオスの周波数が16,000Hz-18,000Hzなのです。
メスは生物学的な理由で、本能的にオスの周波数を嫌うそうなのです。

この蚊の習性を利用して、蚊の嫌う音を出す携帯アプリなどの開発もされています。
「でも、メスにしか効かないんでしょ?」と思ってしまいますが、オスは血を吸わないので、
メスさえ寄せ付けない事ができれば蚊に刺される事はないのです。

気になる効き目は「何もしないよりは、やった方がいい」という程度のようですが、
それでもある程度の効果は期待できるようです。

蚊の嫌いな色とは?

蚊の嫌いな色は「明るい色」と言われています。
赤、ピンク、黄色、オレンジ、黄色などのはっきりとした鮮やかな色を嫌う傾向にあります。

なので、アウトドアなどの蚊に刺される可能性の高い外出時などでは、
明るい色の洋服を着るといいですね。

ちなみに蚊の好きな色は「暗い色」です。
黒とかグレイ、茶色などの黒っぽい色や淡い色によってくる傾向があります。

確かに、蚊の発生しやすい場所は夜の茂みなど暗い場所が多いですよね。
外出時は、暗い色を避け、できるだけ明るい色を着て出かけるようにしましょう。

蚊の嫌いな植物とは?

蚊の嫌いな植物には、臭いの強いハーブや花などがあります。
特にどんなものが苦手なのか書いていきます。

レモングラス

名前の通り、レモンの香りのするハーブですが、
このハーブに含まれているシトロネラという成分が、
蚊の臭いを感じるセンサーを鈍らせてしまうんだとか。

一説にはこのシトロネラを嗅いだ蚊は「人間の臭いがわからなくなる」とも言われています。
と、いう事は蚊に刺される可能性が低くなるという事ですよね。
虫除けスプレーにも利用されている成分なので、効果は折り紙つきのようです。

マリーゴールド

鮮やかな色のかわいい花ですが、昔から殺虫剤の原料としても使用されてきました。
独特な刺激のある臭いが蚊も苦手なようです。
蚊取線香などにも使用されています。

ローズマリー

肉や魚の臭み消しに使われる事の多いハーブです。
独特な爽やかな臭いなのですが、この臭いを嫌う虫は多く、
虫除けに他の野菜や植物と一緒に植えられる事も多いです。
蚊も例外ではありません。

ラベンダー

アロマや香水などにも多く利用されているラベンダー。
癒しの香りでハーブティなどにも使われたりしますよね。

人間にとっては良い香りですが、臭いが強いため蚊は苦手なようです。
意外ですが蚊よけに効果があるのは、花の方ではなく葉の方です。

ニンニク

ニンニクにはアリインという成分が含まれています。
このアリインがあの強い臭いを出しているのですが、蚊が苦手な臭いなのです。

蚊の嫌いな香りとは?

レモン

蚊の嫌いな香りはハーブ以外にもいろいろあります。
レモンなどの柑橘類や、お酢やハッカなどのツーンとくる臭いが苦手です。
レモンの皮や汁などで洋服に臭いをつけておくと、蚊が寄ってきにくいそうです。

もっと効果的なのはレモンの芳香剤です。
実物よりも臭いが強いので、部屋の入り口などに置いておくと効果的です。

お酢は人間でも近くで臭うとツーンとしますよね。
ただ、遠くからだと臭いを感じにくいので、お勧めなのは
網戸や入り口付近などに直接スプレーする事です。
お酢をつけてしまうと、変色してしまう素材ものには使わないように気をつけて下さい。

ハッカも結構刺激の強い臭いなので、部屋全体に使うよりも、
外出時に服や肌に少しつけてりスプレーするというやり方がお勧めです。

時間が経つと効果が薄れてくるので、2-3時間おきにつけたりスプレーするのがお勧めです。
市販の虫除けスプレーにもハッカが含まれているものもあります。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、蚊の嫌いな音・色・植物・香りなど蚊の弱点をまとめてみました。

蚊の嫌いな音とは?
・蚊の嫌いな音・周波数は16,000Hz-18,000Hzだと言われている。
人間の血を吸う蚊のメスはオスの周波数を嫌う。

蚊の嫌いな色とは?
・蚊の嫌いな色は赤、ピンク、黄色、オレンジ、黄色などのはっきりとした鮮やかな色。
逆に黒とかグレイ、茶色などの黒っぽい色は蚊にとっては心地のいい色になる。

蚊の嫌いな植物とは?
・蚊の嫌いな植物はレモングラス、マリーゴールド、ローズマリー、ラベンダーなどの
臭いの強いハーブや花。

蚊の嫌いな香りとは?
・蚊の嫌いな香りはレモンなどの柑橘類やお酢やハッカなどのツーンとくる臭い。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top