熱中症対策はいつからするのが効果的?注意事項や必須アイテムについてまとめてみた

スポンサードリンク

これからやってくる本格的な夏に向けて、
熱中症対策をしっかりしておきたいと考える人も多いと思います。

熱中症対策と言うけど、具体的に何をしたらいいのか?

今回、熱中症対策はいつからするのが効果的なのか
注意事項や必須アイテム
についても調べてみました。

スポンサードリンク

熱中症対策はいつからするのが効果的?

サラリーマン

熱中症は、7-8月の真夏の時期に多いというイメージですが
実は梅雨の時期の6月からすでに熱中症になる人は結構いるのです。

梅雨の時期に熱中症になるのは、湿度によって汗をかきにくい事が原因です。
人間の体は、暑さを感じると、汗によって体の熱を外に逃がし、
体の体温調節を行っているのですが、湿った空気の中では汗をかきにくいため、
体の中に熱がこもってしまい、その結果、熱中症になりやすくなってしまうのです。

また、梅雨の時期は、夏ほど汗をかかないので、
水分を積極的に摂らない事や、「まだ夏じゃないから大丈夫」という油断から
暑い場所で無理をしてしまう事も原因にあります。

なので、熱中症対策は6月の梅雨の時期からしておいた方が効果的です。

熱中症対策 厚労省による注意事項とは?

厚労省による正しい熱中症予防と熱中症対策は次の通りです。

  • 野外では帽子をかぶる
  • 小まめに水分を補給する(スポーツドリンクや食塩水)
  • 外では、なるべく日陰を利用する

*「熱中症予防リーフレット」より引用

予防にはこれが基本です。
予防していても、体調に異変を感じたり、熱中症になってしまった場合は、
段階によって適切な対応が必要になってきます。

気分が悪くなった時は、涼しい場所へ移動し、
衣類など体を締め付けているものを緩め、風通しを良くします。

上着などを着ている場合は脱いで、体の熱を逃がすようにします。
体の脇の下や、足の付け根など、太い血管のある場所を
氷や冷たい水などで冷やしましょう。

そして、スポーツドリンクなどの冷たい飲み物で水分補給をします。
軽度の熱中症の段階では、体を冷やして水分を補給する事で、
体調が回復する場合がほとんどです。

ただ、熱中症になった場合は程度によって
症状や対応が異なってきますので、注意しましょう。

■レベル1
手足がしびれる、めまいがする、こむらがえりがする、気分が悪い

■レベル2
頭痛がする、意識が遠のいている、吐き気や嘔吐がある

■レベル3
意識がない、体がひきつける、呼びかけに反応がない、自分で歩けない、体が熱い

レベル1、2の場合も、周りに人がいるようなら付き添ってもらい、
涼しい所で、横になって休み、体を冷やす対策をしましょう。
それでも体調が良くならない場合は病院に行くようにして下さい。

レベル3の場合は、救急車を呼ぶなどして、
一刻も早く医療機関で処置をしてもらうようにしましょう。
自力で水分を取れない場合は、病院の点滴で補う必要があります。

熱中症は誰でもなる可能性のあるものですが、
特に気をつけなければいけないのは、子供や高齢者です。

子供の場合は、体温調節が苦手なため、大人よりも体に熱が溜まりやすいため、
熱中症になりやすい傾向があります。

まだしゃべれない小さな子供の場合は、暑さや喉の渇きを訴える事ができないので、
周りの大人が気をつけるようにしましょう。

また、高齢になってくると、暑さや喉の渇きを感じにくくなってくるので、
熱中症の初期に起こる脱水による体調変化にも気づきにくい人が多いです。

そのため、気がついた時は重度の熱中症になりやすいのです。
なるべく涼しい場所で過ごし、小まめに水分補給を摂るようにしましょう。

熱中症対策のための必須アイテムとは?

太陽

熱中症対策に効果のあるものは次の通りです。

冷汗スプレー

暑さを感じた時に素早く体を冷やす事ができる冷汗スプレー。
衣類にシュッとするだけで、瞬間的に冷やす事ができます。

持続性はあまりありませんが、一度熱を持った部分を冷やす事で、
体に熱が溜まるのを防いでくれます。

サマースカーフ

水に濡らして首に巻くだけで、首をひんやりさせる事ができます。

冷たさはある程度持続力があり、時間が経って冷たさを感じなくなったら、
また水で濡らしたり、空気に触れさせる事で、再びひんやり感じる事ができ、
何度も繰り返し使えるので、便利です。

塩飴

汗によって塩分や糖分が失われると、熱中症になりやすくなります。
水分補給も大事ですが、塩分や糖分の補給も大事です。
塩飴ならば、鞄にいつも携帯しておけるので便利です。

水分補給も大事ですが、塩飴を食べて塩分、糖分も
意識的に摂取するようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、熱中症対策はいつからするのが効果的なのか
注意事項や必須アイテムについてもまとめてみました。

熱中症対策はいつからするのが効果的?
・熱中症対策は6月から意識し始めるのが良い。
6月は湿度によって体温調整がしづらく、気づいたら
熱中症になってしまうリスクがあるため。

熱中症対策 厚労省による注意事項とは?
・厚生省による熱中症対策としては、以下のことが推奨されている。

  • 野外では帽子をかぶる
  • 小まめに水分を補給する(スポーツドリンクや食塩水)
  • 外では、なるべく日陰を利用する

熱中症対策のための必須アイテムとは?
・熱中症対策に効果のあるアイテムとして冷汗スプレー、
サマースカーフ、塩飴などが挙げられる。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top