耳掃除はしない方がいい その理由とは?正しい耳の手入れの仕方についてまとめてみた

スポンサードリンク

「耳掃除が好きで、毎日やっている」という人も多いと思います。

でも、実は耳かきのしすぎは耳にとっては良くないのです。
耳かきが原因で、耳に悪影響が出てしまう場合もあるのです。

「じゃあ、どれくらいの頻度ですればいいの?」
「正しいやり方は?」

今回、耳掃除はしない方がいい派の意見・理由と
正しい耳の手入れの仕方
について調べてみました。

スポンサードリンク

耳掃除はしない方がいい その理由とは?

綿棒

耳掃除をしない方が良い理由は2つあります。
それは「耳垢で耳の中が守られているから」と「耳掃除で耳の中に傷がつくから」
になります。

耳垢には、耳の中にゴミが入らないようにしたり、
耳垢に含まれる皮脂が耳外道の保湿をしてくれる
といった役割があります。

なので、耳垢をすべてキレイにとってしまうと、
耳の中は守ってくれるものが何もない無防備な状態になってしまうのです。

耳の中が乾燥すると、少しの刺激でも耳の中がかゆくなってしまったり、
傷つきやすくなってしまいます。

また、耳の中はデリケートな場所なので、少しの力でも傷がつきます。
頻繁に耳掃除をしていると、知らない間に耳の中に傷ができてしまう事があります。

たまに耳かきをしすぎて、血が出てしまったという人がいますが、
傷口から細菌が入ると、外耳道炎になって、赤く腫れたり、
痛みを引き起こす事があるので、注意が必要です。
最悪の場合、耳が聞こえづらくなってしまう事もあります。

耳掃除をしないで放置しておくとどうなる?

耳垢には自浄作用というものがあり、掃除をしなくても、
必要のない耳垢は自分で外に排出させる事ができるのです。

なので、基本的には耳掃除はしなくても大丈夫という事なのですが、
「耳掃除をすると、耳垢がたくさんとれるけど、本当に放っておいてもいいの?」
思う人もいるでしょう。

実は、耳垢を頻繁に自分で掃除していると、耳の自浄作用のサイクルが乱れてしまい、
耳垢が溜まりやすくなってしまうのです。

耳垢が溜まるから摂る→摂るとよけいに溜まりやすくなる
という悪循環になってしまうのです。

また、麺棒などで耳掃除をした際に、耳垢が奥にいってしまい、
自浄作用では外に排出されない場合があります。

耳垢が奥までいってしまった状態を自垢栓塞と言って、
放っておくと、詰まった耳垢が固くなって耳が聞こえにくくなる場合があります。

高齢になってくると、自浄作用も弱くなっていき、
肌も乾燥しやすくなるため、耳垢が溜まりやすい傾向があります。

自浄作用で取れなくなってしまった場合は、定期的に耳掃除をする事をお勧めします。
そのままにしておくと、この場合も溜まった耳垢が固くなってしまい、
耳が聞こえずらくなってしまいます。

自垢栓塞や自浄作用の低下によって固くなった耳垢は、
自分で取り出すのは難しいです。

無理に取ろうとすると、耳の中を傷つけてしまう恐れがあるので、
耳鼻科に行って処置をしてもらいましょう。

病院では、耳垢を柔らかくする薬を使って、
耳垢を柔らかくしてから専用の器具で処置をしてくれるので、
痛みはほとんど感じない事が多いです。

正しい耳の手入れの仕方とは?

耳かき

正しい耳掃除の仕方を書いていきます。

麺棒などの柔らかい素材のもので、衛生的なものを使う

よく竹や木製の固い耳かきで掃除をする人がいますが、
固い素材のものは、耳を傷つけてしまう恐れがあります。

また、耳かきは他の筆記用具と一緒に、
引き出しやペン立てに置いているという人もいると思います。

その場合は耳かきの先端にも汚れや雑菌がついている可能性があり、
あまり衛生的ではありません。

もし、耳に傷がある場合は、耳かきについた細菌が原因で
炎症を起こしてしまう場合もあるので気をつけましょう。

できれば、柔らかい麺棒が望ましいです。
肌への負担が少ないですし、使い捨てなので衛生的です。

耳の外側だけを掃除する

掃除をする時は、できるだけ耳の外側だけを掃除するようにして下さい。
耳垢が気になる場合でも、外側から1㎝以上は入れないようにしましょう。

麺棒を奥まで入れてしまうと、耳垢が奥まで入り込んでしまう事があります。
外側や、耳の穴の入り口付近を、麺棒で優しくサッと拭き取るだけで十分です。

他人ではなく、自分で掃除をする

人に膝枕などで耳掃除をしてもらうのは、あまりお勧めしません。

他人の場合は、耳の痛みがある場所がわからずに触ってしまう事もありますし、
耳掃除をしている間にとれた耳垢が、耳の奥に入り込んでしまう可能性もあるからです。
きちんと椅子に座った状態で、自分で耳掃除をするようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、耳掃除はしない方がいい派の意見・理由と
正しい耳の手入れの仕方についてまとめてみました。

耳掃除はしない方がいい その理由とは?
・耳掃除はしない方がいい理由としては、
耳垢で耳の中が守られているから、無理に耳垢を取らない方がいいという意見と
耳掃除で耳の中に傷がつく可能性があるからという意見があります。

耳掃除をしないで放置しておくとどうなる?
・耳垢には自浄作用があり、掃除をしなくても必要のない耳垢は
自分で外に排出させる事ができる。
・逆に耳垢を頻繁に自分で掃除していると、耳の自浄作用のサイクルが乱れてしまい、
耳垢が溜まりやすくなってしまう。

正しい耳の手入れの仕方とは?
・麺棒などの柔らかい素材のもので、衛生的なものを使う。
・耳の外側だけを掃除する。麺棒を奥まで入れてしまうと、
耳垢が奥まで入り込んでしまう事があるため。
・他人ではなく、自分で掃除をするようにする。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top