目がピクピク痙攣する場合の原因は?病気の可能性と対処法をまとめてみた

スポンサードリンク

「あれ?なんか瞼に違和感があるなぁ…」
そう思って鏡で顔を見てみると、瞼が勝手にピクピク痙攣している!

「なんじゃこりゃっ!」と初めて経験した人は戸惑いますが、
実はこんな経験のある人は多いのです。

自分の意思とは関係なく勝手に瞼が痙攣するなんて
「何か悪い病気なのかな?」と心配になりますよね。

目の瞼の痙攣で考えられる病気は何なのでしょうか?
対処法もあわせて調べてみました。

スポンサードリンク

目がピクピク痙攣する場合の原因は?

スマホ

あなたの瞼がピクピク痙攣するのはどんな時が多いですか?
だいたいが長時間パソコンやスマホを見て
目が疲れた時になる事が多いのではないでしょうか?
心当たりがある人は多いと思います。

一般的な瞼の痙攣の原因は「瞼の血流が悪くなってしまうため」です。
テレビやスマホって、ついつい集中して長い時間、じ~っと見てしまうんですよね。
そして集中している間は、無意識に目に力が入って、瞬きの回数も減ってしまいます。
そのため、瞼の血流が悪くなってしまうのです。

そして、「あ~疲れた~!」とリラックスして瞬きを思いっきりした瞬間に、
瞼の血流が一気に良くなります。
一気に血流が良くなって、通常以上の血が流れせいで、瞼がピクピクするんです。

目の周りって、人間の体の中でも、最も皮膚が薄いところなので、
体の中で起こっている事がわかりやすいんですね。

瞼の血流が悪くなってしまう原因は
パソコン、スマホ、テレビの見すぎ以外にもいろいろあります。

多くある原因の一つはストレスです。
ストレスが原因で、肩こりや頭痛を引き起こす場合がありますが、
これはストレスによって体の筋肉が硬くなり、血流が悪くなるために起こる事が多いのです。
それと同じ理由で、ストレスがかかると、瞼の血流も悪くなってしまうのです。

その他にも、寝不足で体が疲れたままでいる事も、血流を悪くしてしまいます。
喫煙やお酒、カフェインなども取りすぎると体の疲れに繋がるので、
結果的に血流が悪くなってしまいます。
体が疲れる事をすると、目も疲れてしまうみたいですね。

目がピクピク痙攣する 疑われる病気とは?

眼精疲労

目の事なので、いろいろ心配になってしまいますが、
瞼の痙攣はほとんどの場合は、「眼瞼ミオキミア」というものになります。

あまり聞いた事のない名前ですが、
眼瞼ミオキミアは病気というよりも、「一時的に起こる症状の名前」
言った方が正しいかもしれません。

特徴として、
「片方の瞼だけが痙攣する」「勝手に瞼だけが動く」
「一日のうちに痙攣する時間が限られている」「2~3日ほどで症状が治まる」

と言った事があります。

ただ、「瞼以外の場所も痙攣する」「症状が一週間以上続く」「痛みがある」と言った場合は、
眼瞼ミオキミア以外の病気の可能性もあります。

例えば、重症筋無力症
これは、自己免疫疾患の一種で、瞼の痙攣の他にも瞼が垂れて、
物が二重に見える、などの症状があります。
瞼以外の体の筋肉も正常に動かせなくなってしまう病気です。

その他にも眼瞼下垂など、瞼の筋肉が衰える事で、
瞼の痙攣を引き起こす事もあります。

また、顔面麻痺などの前兆で、瞼が痙攣する場合もあります。
もしかすると、何か大きな病気が隠されているかもしれないので、
痙攣が一週間以上続いたり、瞼以外の場所にも異変を感じるようなら、
一度病院を受診してみましょう。
早めに対処すれば、進行を遅らせたり、手術で改善できる病気もあります。

目がピクピク痙攣する場合の対処法は?

瞼の痙攣の原因が眼瞼ミオキミアであれば、ちょっとした事に気をつけるだけで、
早めに改善する事ができます。

一番いいのは「目を休ませてあげる事」です。
しばらくの時間、パソコンやスマホはお預けです。

「仕事でどうしても使わないといけないから無理!」という人でも、
しばらく10分ほどパソコン画面から離れてみましょう。
少しの間、緑色の景色や、遠くを見るだけでも目を休ませる事に繋がります。

それからできれば、瞼の血流を良くするため
ホットアイマスクなどを使って血流を良くしてあげましょう。

そして家に帰ったら、ゆっくりお風呂に浸かるのも効果的です。
リラックスする事で、ストレス解消にもなりますし、瞼だけでなく、
全身の血行が良くなるので効果大です。

よく入浴中にスマホや本を見る人がいますが、目が疲れている時は
何もお風呂には持ち込まずの目を閉じて鼻歌でも歌って暇つぶしをしましょう。

まとめ

最近はスマホを長時間使う人が増えてきたため、
若い人でも目の疲れを訴える人も多いです。

あなただけではなく、周りにも
瞼の痙攣で悩んでいる人も結構いると思いますよ。

「なんだ、みんな同じかぁ-。じゃあ、そんなに心配する事ないか!」と
安心してそのまま放置してしまいがちですが、症状が続くようなら、
何か他の病気である可能性もあるので、念のため、きちんと病院で検査を受けて下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top