指がポキポキ鳴る原因とは?影響と癖をやめるための方法についてまとめてみた

スポンサードリンク

指をポキポキ鳴らすのって気持ち良いですよね。

「ついクセになって辞められない…」と無意識にやってしまう人も結構います。
そして、みんな「体に何か悪影響があるのでは?」と少なからず
不安に思っているようです。

「そもそもなぜ指はポキポキ音が鳴るの?」
「悪影響はないの?あるなら辞めたいけど、どうやったら辞められる?」

今回、指がポキポキ鳴る原因、影響や癖をやめるための方法について
調べてみました。

指がポキポキ鳴る原因とは?

指

指がポキポキなるのは、
「指を曲げる時に、指の関節の間の気泡が破裂するから」です。

指の関節と関節の間には、指を曲げるために小さな気泡があるのですが、
この気泡が曲げる時に潰されて、その時に音が鳴るのです。
つまり、「ポキポキっ」という音は破裂音なんです。

これを聞いて意外に思った人も多いのではないでしょうか?
単純に「骨が擦れる音」というふうに勘違いしている人も多いようです。

指をポキポキ鳴らすと指が太くなる?悪影響とは?

よく「指をポキポキ鳴らすと、指が太くなる」という事を聞いた事がありますよね。
実はこれ、本当なんです!

なぜかというと…
指を鳴らすたびに、少なからず、指の骨や筋肉には負担がかかっています。

人間の体は傷ついた部分を修復する時、
さらに丈夫に再生させるという働きがあります。

そのため、傷ついた指の関節を修復させる際に、
周辺の骨も元の骨よりも太くしてしまうのです。

なので、日常的に指をポキポキ鳴らすクセのある人は、
「指は細いのに関節だけ太い」という事になってしまうのです。

これは女性には結構辛い現実ですが、
男性の場合は、逆に指を太くしたくて、わさと指を鳴らす人もいるようです。

指の関節を鳴らしすぎると、見た目の問題だけでなく、
他の面でも悪い影響が出てくる可能性があります。

日常的に頻繁に指をポキポキ鳴らすクセのある人は、
「関節炎」になる可能性があるのです。

よく、腕を酷使するスポーツや仕事をしている人は
腱鞘炎などになりやすいと言われていますが、
やはり極端に負荷がかかりすぎると、人間の体は痛んできます。

指の関節も同じで、強い力でポキポキ鳴らしすぎると、炎症が起こって、
指を曲げる際に痛みを感じたり、曲がりにくくなってしまう場合もあります。

しかも、一度太くなってしまった関節は完全に元には戻りません。
年とともに、体の骨はもろくなってはきますが、
骨の大きさ自体はあまり変わらないからです。

指をポキポキ鳴らす癖をやめたい場合、どうしたらいい?

手のひら

「指をポキポキ鳴らすのを辞めたい!」と思っている人は多くいます。
でもクセって辞めたくてもなかなか辞められないものなんですよね。
ただ本気で辞めようと思えば辞める事はできるはずですよ。

ではどんな事に気をつけたらいいのでしょうか?
指を鳴らすのを辞めるコツをいくつか書いていきます。

指を鳴らしたくなったら、他の事に集中するようにする

勉強や仕事に集中している時って、指を鳴らしたりしませんよね?
だいたい指を鳴らしたくなる時って、
「一息ついた時」「暇な時」「リラックスしている時」なんです。

なので、ふと指をポキポキしそうになったら、スマホを見るなり、
テレビを観るなりして、他の事に気をそらすようにしてみましょう。

指をマッサージする

「あ~!ポキポキしたい!!どうしても我慢できない!他の事なんかに集中できるか!」
という人の場合は、指をマッサージして気持ちを落ち着けましょう。

指をマッサージする事で、「ポキポキしたい」という気持ちが少し落ち着くはずです。

体の他の部分をマッサージする

どうしても「指」から気持ちをそらせない人は、他の体のマッサージをしてみましょう。
肩や足など、指以外の部分に意識を集中させるようにして下さい。

ストレスを溜めない

イライラした時につい自分のクセが出てしまう事って多いと思います。
イライラしたり、ストレスを感じた時は、軽い運動をするなどして気分転換をしましょう。

まずは一週間我慢してみましょう。
一週間我慢すると、不思議と「ポキポキしたい!」という気持ちが薄れていきます。

一ヶ月くらい経つと、もう「指をポキポキしたい」という風には
あまり思わなくなる事もあります。
半年以上経つと、以前のように指を曲げてもあまり音がしなくなります。

音がしなくなると、不思議と「指をポキポキしたい」と思う事はなくなるでしょう。
自然と指を鳴らすクセは治っていくはずです。

どんな方法でも「指を鳴らさない!」と自分で我慢をする事が大事です。
つい鳴らしてしまったとしても、回数がだんだん減っていっているのなら、
辞める事はできるはずです。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、指がポキポキ鳴る原因、影響や癖をやめるため方法について
まとめてみました。

指がポキポキ鳴る原因とは?
・指がポキポキ鳴るのは指を曲げる時に、指の関節の間の気泡が破裂するから。

指をポキポキ鳴らすと指が太くなる?悪影響とは?
・指をポキポキ鳴らすと、指が太くなるという説は本当。
指を鳴らすたびに、少なからず、指の骨や筋肉に負担がかかるが、
修復する時、さらに丈夫に再生させる働きがある為。
・日常的に頻繁に指をポキポキ鳴らすクセのある人は、関節炎になりやすい。

指をポキポキ鳴らす癖をやめたい場合、どうしたらいい?
・指をポキポキさせたいと思うのは、
「一息ついた時」「暇な時」「リラックスしている時」。
ふと指をポキポキしそうになったら、気をそらすようにすること。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top