子育てに気持ちに余裕がない時、どうリフレッシュするか?気分転換方法についてまとめてみた

スポンサードリンク

「子供はかわいい、でもいつも一緒に居ると
気持ちに余裕が持てなくてイライラしてしまう…」
そんな悩みを持つママは多いと思います。

特に子供がまだ小さくて、保育園などにも行っていない場合は、
24時間ずっと一緒にいる訳ですから、息が詰まってしまうのも無理はありません。

今回は、そんなママのために、
子育てに気持ちに余裕がない時、どうリフレッシュするか
気分転換方法についてまとめてみました。

スポンサードリンク

子育てに気持ちに余裕がない時、どうリフレッシュするか?

家族

子供が小さいと、家は散らかるし、子供の世話にも時間がかかって家事は進まないので、
イライラしてしまう事が多いと思います。

子供が昼寝をしている時は、溜まった家事をまとめてやらなくてはいけないので、
結局自分の自由な時間がなくなってしまう…と
ストレスに感じているママも多いと思います。

そんな時は思い切って家事を休んでしまいましょう。
家が少々散らかっていても、死ぬ事はありません。
ご飯も1日や、2日くらいお惣菜の日が続いたって問題ありません。

大事なのは、ママが気持ちに余裕を持って育児ができるようになる事です。
毎日イライラしていたのでは、子供にとっても良くありません。

家事をちょっとお休みして、空いた時間に1時間でも2時間でも
自分の自由な時間を作ってリフレッシュしましょう。
おすすめのリフレッシュ方法は次の通りです。

■泣ける映画やドラマを観る

「泣く」という行為は、人間のストレスを発散させてくれます。
悲しくて泣く、感動して泣く、どちらでもかまいません。

自分が感情移入できるものに没頭する事で、
気分をリフレッシュさせる事ができます。

■親や友達に電話する

ずっと家で子供と二人きりでいると、
誰かと話がしたくなる時があると思います。

自分の親や、親しい友人など、気を使わずに話せる相手と
何気ない会話をするだけでも、気分がリフレッシュできます。
普段の育児の悩みや愚痴などを聞いてもらうのもストレス発散になりますよ。

■好きなものを食べる

子供がいるとゆっくりご飯やおやつを食べる暇もないですよね。
子供が昼寝をしている間に、自分の好きなお菓子やコーヒーなどで一息つきましょう。
好きな物を食べながら、一人でボーっとする時間も必要です。

子育ての気分転換 世の先輩ママが実践している方法とは?

「子育てでイライラしてしまう」「子供に冷たくしてしまう」
そんな経験がある先輩ママは多いと思います。
みんなどうやって気分転換しているのでしょうか?

■一人で外出する

パパがお休みの時に、子供のお世話をお願いして
一人で外にお出かけする、という人が多いです。

美容室に行ったり、マッサージに行ったり、カフェでのんびりしたり…
外に出て、いろんな人と会話をしたり、自分一人でゆっくりする時間を
楽しむ事で気分がリフレッシュできます。

少しの時間でも子供と離れる事で、
また子供をかわいく思う気持ちが復活する、というママも多いです。

パパに子供を預けるのが難しい場合は、託児所を利用する手もあります。
1時間800円-1000円ほどかかりますが、自分へのご褒美として
たまになら利用してもいいと思います。
子育てのプロが見てくれるので、子供も退屈しないし、安心感もあります。

■お風呂にゆっくり浸かる

パパの帰宅が遅くて、子供のお風呂も一人で入れているママもいると思います。
子供と一緒の入浴だと、ゆっくりするお湯に浸かる暇なんてないし、
お風呂から出た後はバタバタしてぐったり…という人も多いのではないでしょうか?

パパが夜早めに帰ってきた時や、子供を早く寝かしつけた時は、
自分一人でゆっくりとお風呂に浸かるというのもおすすめです。

好きな本や音楽を聴いたり、リラックス作用のあるアロマやキャンドルなどで
癒し効果をアップさせると、さらに気分転換になります。

■子供と一緒にママ友と会う

同じ年くらいの子供がいるママ同士なら、同じ悩みを持っていたりするので、
話が合うし、子供同士で遊んでくれるので、ママはちょっとだけ楽ができます。

同じ年の子供の家なら、お互いの家に遊びに行って子供が少々家を散らかしたり、
うるさくしてもあまり気を使わなくてもいいので楽、という点もあります。

ママ友が近くにいない…という場合は近くの児童館やサークルなどで
出会いの場がありますよ。

子育ての気分転換 私の実践している方法とは?

アルバム

気分転換の方法は人それぞれだと思います。
外出したり、ママ友と話をするのもいいですが、
私の場合は子供の小さい頃の写真を見るというのも気分転換になります。

妊娠していた頃や、生まれたばかりの写真を見ることで、
「やっぱり子供はかわいい」と初心に戻る事ができて、
また頑張ろうと思う事ができるのです。

子供はあっと言う間に大きくなって親の手を離れていきます。
ずっと一緒に居られる限られた時間を無理なく楽しみましょう。

まとめ

現代は核家族が増えて、近くに親がいない場合は、
どうしてもママ一人の育児の負担が増えてしまいますよね。

同じ悩みを持つママの体験を参考にして、ストレスを溜めすぎないように、
たまにはリフレッシュしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top