冷房病とはどんな症状が現れる?効果のある食品や対策についてまとめてみた

スポンサードリンク

これからやってくる暑い夏。
室内では冷房をつけっぱなしにしている事も増えてきますね。

そんな時期には「冷房病」にかかる人が増えてきます。

冷房病にはどんな症状が現れるのでしょうか?
そしてその対策や、効果のある食べ物は?

今回、冷房病の症状と冷房病に効果のある食品や対策について
調べてみました。

スポンサードリンク

冷房病とはどんな症状?

クーラー

冷房病になると、頭痛、のどの痛み、体のだるさ、肩こり、胃もたれなど
様々な不快な症状を引き起こします。
その症状は、人によって違いますが、
共通して言える事は「体がだるい」という事です。

冷房病の原因は大きく分けて二つです。
「エアコンによる寒さからくる直接的な要因」と
「冷房によって自律神経が乱れてしまう事」
です。

冷房をずっとつけていると、
冷え切った空気で体の筋肉は固くなり、血行は悪くなります。
頭の血管の血流も悪くなってしまうので、
それが原因で頭痛を引き起こしてしまうのです。

また、喉の痛みは、空気の乾燥によるものです。
冬場、暖房をかけていると空気が乾燥するので、加湿器をしている人も多いと思いますが、
実は夏場でもずっと冷房をかけていると、空気は思っている以上に乾燥しているのです。

そして、もう一つの原因である自立神経の乱れ

自律神経とは、自分の意思に関係なく、
人間の体を正常に機能させるための神経です。

例えば、人間の体は暑くなってくると
自動的に血管を広げて熱を外に逃がす働きをします。
それによって熱が体内にこもらないようにしているのです。

そして逆に寒い時は、血管を収縮させて
熱が外に逃げないようにしています。

こんな事ができるのは自律神経の働きのおかげなのですが、
人間の体は急激な温度変化には対応できません。
一説には5度以上の温度差があると、自立神経は乱れると言われています。

なので、夏場40度近い暑い外から、急に26度くらいの涼しい室内に
入ったり出たりを繰り返していると、自律神経は乱れまくってしまい、
正常な働きができなくなってしまうのです。

冷房病対策として効果のある食品とは?

冷房病に効果のある食品でお勧めなのは
「体を温める効果のあるもの」「体の免疫力を高めるもの」です。

具体的には、体を温めるものは生姜や香辛料など、
体の免疫力を高めるものはネギやニンニクなどになります。

食べる時は、なるべく温かい料理にして食べるようにすると効果があります。
例えば、ネギの入ったかけうどんニンニクや香辛料のきいたカレーやタイ料理などです。

「暑い日には冷たいものが食べたい…」と思う人も多いと思いますが、
冷房で冷え切った体には、温かい食べ物を体の中に入れるのが
一番てっとり早く体を温める方法なのです。

また、飲み物も暑いからといって氷の入った冷たいものを
ガンガン飲むのは控えましょう。
冷房病で体が冷えると、体の血行も悪くなって胃の働きも鈍くなります。
そんな時に冷たい飲み物は、よけいに胃に負担をかけてしまいます。

しかも、暑い時に冷たい飲み物はすぐに喉が乾いてしまうので、
飲みすぎてしまう傾向があるので気をつけましょう。
できれば、温かいお茶などにし、難しい場合でもせめて常温の飲み物にしましょう。

オフィスでの冷房病対策 効果のある方法とは?

オフィス

オフィスでの冷房対策では、まず「体を冷やさない事」です。
とは言っても、家と違ってオフィスでは、勝手に冷房の温度を変える訳にもいかないし…
と我慢している人も多いと思います。

そんな時は、手軽にできる寒さ対策で乗り切りましょう。

腹巻きやカイロを使って、お腹を暖める

お腹が冷えると内臓の働きが悪くなります。
それが原因で食欲がなくなったり、胃が痛くなったりしてしまうので、
体の中では一番冷やしてはいけない場所なのです。

よく、冬場は多くの女性が愛用している腹巻ですが、
夏場は薄着になるので、付けにくいと感じる人も多いでしょう。

が、大きめのカーディガンを一枚上に着ていれば、案外目立たないものです。
上着を着用できない職場の場合は、小さいカイロをお腹に一枚張っておきましょう。

厚手の靴下を履く

夏場でも冷房にさらされている体の末端は冷え切っています。
特に座りっぱなしの仕事が多い仕事だと、血行は悪くなるばかりです。
厚手の靴下を履いて冷やさないようにしましょう。

こまめに温かい飲み物を摂る

温かい飲み物を飲む事で、効率的にお腹を暖める事ができます。
また、冷房による喉の痛みにも効果的です。
保温できる水筒を手元に置いておき、少しずつ飲むようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、冷房病の症状と冷房病に効果のある食品や対策について
まとめてみました。

冷房病とはどんな症状?
・冷房病になると、頭痛、のどの痛み、体のだるさ、肩こり、胃もたれなど
様々な不快な症状を引き起こす。総じて、体がだるくなる。
・原因として考えられるのは、エアコンによる寒さからくる直接的なものと
冷房によって自律神経が乱れてしまう事に分かれる。

冷房病対策として効果のある食品とは?
・冷房病対策として効果のある食品は体を温める効果のあるものと体の免疫力を高めるもの。
体を温める効果のあるものには生姜や香辛料、
体の免疫力を高めるものにはネギ、にんにくなどが挙げられる。
・冷房で体が冷えている時に冷たい飲み物は余計に負担がかかる。
温かいお茶、もしくは常温の飲み物がおすすめ。

オフィスでの冷房病対策 効果のある方法とは?
・体を冷やさないように、腹巻きやカイロを使って、お腹を暖めたり
厚手の靴下をはいたり、こまめに温かい飲み物を摂取するようにする。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top