白湯の驚くべき効果とは?飲むタイミングや注意点についてまとめてみた

スポンサードリンク

白湯を飲む機会というのは、日常生活の中ではあまりないことかもしれません。
薬を飲む時は、白湯で飲むとよいと言われますが、そのような機会がないと、
ただ温めただけのお湯を飲むという機会は少ないものです。

人間の体にとって「冷え」は禁物で、逆に温めることで代謝を高め、
体が本来もつ機能を正常に働かせることができるようになるものです。

ただ水分補給で冷えた水を飲むよりは、温めた水、
つまり温かいお湯を飲む方が体にとってはいいでしょう。

そんな白湯が、私たちの体にとってよいものであることは、想像に難くありませんが、
ではどのような効能があるのかと聞かれると、はっきり答えるのは少々難しいものです。

よくよく考えることのなかった白湯について、
その効能や飲むタイミング、注意点などについて調べてみました。

スポンサードリンク

白湯は体の健康に最適?白湯の効果とは?

白湯

白湯は、ただの温かいお湯です。
ですが、白湯を飲むことで間違いなく体温が上がり、同時に基礎代謝も上がります

基礎代謝の高い体は健康そのもので、病気知らずとも言われます。
そして白湯には、便秘も解消してくれるというありがたい効果まであるのです。

体温が上がれば、自然と冷え症も改善され、
血行不良やむくみまで改善されることになります。

人間の体は、生きるための機能を働かせるだけでも、エネルギーを消費します。
このエネルギーを基礎代謝と呼び、生命を維持するために
欠かせないエネルギーでもあるのです。

体温が1度上昇すれば基礎代謝は13%も増加すると言われるほど、
体温と基礎代謝は切っても切れない関係にあるのです。

基礎代謝が上がれば、脂肪燃焼の効率もよくなることから、
普段から平温を高めに維持することができれば、
自然と脂肪がつきにくい体が出来上がります。

また、白湯を飲むことで内臓が温められます
内蔵が温められると、内臓自身の働きが活発化されることから、
消化器官の働きもよくなり、便秘が改善されるのです。

内蔵が温められれば、同時に血管や血液も温められることとなり、
血液もサラサラと流れるようになります。
血行不良が改善されれば、冷え知らずの体を手に入れることができるのです。

白湯はいつ飲む?白湯を飲むタイミングとは?

そんな効果抜群の白湯ですが、その効果を遺憾なく発揮するには、
ある決まったタイミングで摂取する必要があります。

朝起きた時

人間は睡眠中でも汗をかくことから、
寝ていても水分を失っていることになります。

だからこそ寝起きには水分補給が必要ですが、
ただ水を飲むよりは白湯を飲む方が、体にはメリットがあるのです。

体温に近い温度の水分を補給することで、
内臓への負担や刺激を少なくしながら、休んでいた内臓を覚醒させることができます。
いきなり冷たい水で刺激を与えず、温かいお湯でゆっくりと覚醒させるのです。

夜寝る前

人間は、体温が上昇すると眠気を感じるようになります。
そして、よい睡眠に欠かせないのが、副交感神経の働きです。

白湯を飲むことで、体内温度を上昇させることができれば、
副交感神経の働きもよくなります。
そして、スムーズに入眠することができるのです。

また、就寝前に白湯を飲むことは、
睡眠中の水分不足も予防してくれます。

白湯を飲む場合の注意すべきこととは?

お湯

白湯を飲む時は、飲むタイミング以外にも気を付けることがあります。
それは、その量と温度です。

まず、白湯を飲むのにベストなタイミングについては前述したとおりですが、
これ以外のタイミングで飲むと、かえってマイナスとなってしまうタイミングもあるのです。

たとえば、食後に飲む白湯は、あまり体にとっていい白湯ではありません。
食事を終えた直後にお口直しも兼ねて白湯を摂取すると、
胃の中の水分が増加し、胃液が薄くなってしまいます。
そうすると、消化のスピードに影響を与えてしまうのです。

食事のタイミングで白湯を飲むのなら、
食後ではなく、食事中に少しずつ飲む方が効果的です。

そして、白湯の量と温度にも注意が必要です。
体をできるだけ温めたいからと、高温のお湯をたくさん摂取してしまうと、
体にとっては大きなダメージで、逆に太ってしまう可能性さえ高めてしまうものです。

白湯としてのその効果を発揮するのは、温度が50度前後の白湯です。
それ以上でもそれ以下でも白湯としてはいいものとは言えません。

白湯は飲むのが遅れれば、どんどんその温度は下がっていくものです。
常に適温を確認しながら、摂取する注意が必要です。

そして、量も同じです。
勢い余ってたくさん白湯を飲んでしまうと、水分過多となり、
逆にむくみなどを引き起こす原因となってしまいます。

適量は1日800ml前後です。
曖昧に飲むのではなく、量にも温度にも気を付けながら飲むことが、
白湯の効果を最大限に引き出すためのポイントです。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、白湯の効果を確認しながら
飲むタイミングや注意点についてまとめてみました。

白湯は体の健康に最適?白湯の効果とは?
・白湯は身体を温めてくれる。体温が上がれば、自然と冷え症も改善され、
血行不良やむくみまで改善されることになる。
・体温が上がれば、基礎代謝も上がり、自然と脂肪がつきにくい体になる。
・白湯を飲むことで内臓が温められ、内臓自身の働きが活発化されることから、
消化器官の働きもよくなり、便秘が改善される。

白湯はいつ飲む?白湯を飲むタイミングとは?
・白湯は朝起きた時と夜寝る前に飲むのがベスト。
朝は内臓への負担や刺激を少なくしながら、水分補給ができ、
夜は体温を上げることで副交感神経の働きを良くし、スムーズに入眠することができる。

白湯を飲む場合の注意すべきこととは?
・白湯を飲む場合の注意すべきことに量と温度が挙げられる。
・量は適量は1日800ml前後。飲み過ぎても水分過多となり、
逆にむくみなどを引き起こす原因となる。
・温度は50度前後が良しとされる。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top