自分にとって最適な睡眠時間を知る方法とは?役立つ管理アプリとは?

スポンサードリンク

毎日8時間ほど眠っているのに
「いつも眠い…体の疲れがとれない…」という人も居れば、
毎日3時間の睡眠でも「しっかり眠れて体の疲れがない」という人もいますよね。

人によって必要な睡眠時間というのは違ってくるのです。
では、自分にとっての最適な睡眠時間はどうやって調べればいいのでしょうか?

今回、自分にとって最適な睡眠時間を知る方法と人気のある管理アプリ
紹介していきますので、試してみて下さい。

スポンサードリンク

自分にとって最適な睡眠時間の見つけ方とは?

睡眠

まず、睡眠で大事なのは、
睡眠の「長さ」ではなく「質」だという事を知って下さい。

なので、自分がスッキリと目覚められた日の睡眠時間が、
自分にとっては「最適な睡眠時間」なのです。

毎日、4-5時間の睡眠でも、
「ぐっすり眠れて、目覚めも良い、体の疲れも残っていない」というのであれば、
短くてもその人にとっては「最適な睡眠時間」と言えます。
なので、無理に「もっと長い時間眠らなければ…」と思う必要はありません。

ただ、逆に7-8時間ほど眠っていても「眠りが浅い、目覚めが悪い、体が常にしんどい」
というのであれば、最適な睡眠時間とは言えず、睡眠の質も悪いと言えます。

睡眠時間を管理する役立つアプリとは?

最近では、「夜ぐっすり眠れない…」と悩む人も増えてきました。

そんな人のために、睡眠障害や寝不足を改善させる事を目的とした
「睡眠管理アプリ」というものがあります。

Sleep Better(スリープベーター)

Runtastic(ランタスティック)という会社が提供している無料睡眠アプリです。
どんなものなのかというと、睡眠の浅いレム睡眠と、深いノンレム睡眠を記録する事ができ、
睡眠リズムを掴んでタイミングの良い時間帯に起床できるようにサポートしてくれます。

眠りの浅いレム睡眠に時間の起床するのが、目覚めの良い起き方と言われているので、
レム睡眠の時にアラームを鳴らし、心地く目覚めれるようにしてくれます。

GoodSleep(グットスリープ)

寝る時間と、起床時間を毎日ボタン一つで記録する事ができ、
睡眠リズムを把握する事ができます。
簡単操作なので長く続けられるアプリです。

どの睡眠管理アプリでも、まずは自分の平均的な睡眠時間を把握する事から始まります。
そして、レム睡眠、ノンレム睡眠のタイミングを推測して、
起きる時間をレム睡眠にできるだけ合わせるようにする事で、
質のい良い睡眠をとれるようにサポートしてくれます。

睡眠時間 平均的にはどのくらい?

睡眠

日本人の平均睡眠時間は、6-7時間ほどだと言われています。

小さい子供の平均睡眠時間は10-11時間ほどで、
小学生くらいから高校生くらいになると8時間ほどが平均と言われています。

ただ、最近では、小学生くらいから塾や習い事で忙しく、
夜にベットに入るのが11時くらいという遅い時間帯の子供も増えてきていますし、
ベットに入ってもスマホを見ていて遅い時間まで起きているという子供も増えてきています。

また、社会に出てからも、最近では結婚して出産してからも働く女性も増えてきており、
仕事に家事に忙しく、子供のいる働く女性の平均睡眠時間は4-5時間ほどと言われています。

男性でも、働き盛りの30代-40代の男性は、
残業が多く、同じくらいの睡眠時間の人が多いです。

全体的に見て、日本人の睡眠平均時間は減ってきている傾向にあります。
一般的に最適な睡眠時間は7-8時間と言われていますが、
これは全ての人の当てはまる訳ではありません。
人によって、最適な睡眠時間は違うのです。

例えば、3-4時間眠るだけで、十分な睡眠を得られる人を
「ショートスリーパー」と言いいます。
元々体力があって、元気な人に多いのですが、
眠ってからすぐに深い眠りに就く事ができる人で、
例え短時間であっても、睡眠によって体の疲れを癒す事ができるのです。

逆に「ロングスリーパー」と言って8-9時間ほど眠らないと
体の疲れが取れないという人もいます。
どちらかと言うと、体力はあまりなく、ベットに入ってもすぐに眠りにつけない
眠りが浅い人に多いです。
深い眠りに就くのに時間がかかるため、
睡眠時間も長時間になってしまう傾向があります。

とは言え、世界的にみると、「8-9時間の睡眠時間は当たり前」という国もあるので、
日本人は働きすぎて睡眠時間も短い傾向にあるのは間違いないようです。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、自分にとって最適な睡眠時間を知る方法と人気のある管理アプリについて
ご紹介いたしました。

自分にとって最適な睡眠時間の見つけ方とは?
・自分がスッキリと目覚められた日の睡眠時間が自分にとっては「最適な睡眠時間」。
ポイントは起きる時間をレム睡眠にできるだけ合わせるようにする事。

睡眠時間を管理する役立つアプリとは?
・Sleep Better(スリープベーター)
…睡眠の浅いレム睡眠と深いノンレム睡眠を記録する事ができ、
睡眠リズムを掴んでタイミングの良い時間帯に起床できるようにサポートする。
・GoodSleep(グットスリープ)
…寝る時間と、起床時間を毎日ボタン一つで記録する事ができ、
睡眠リズムを把握する事ができる。

睡眠時間 平均的にはどのくらい?
・日本人の平均睡眠時間は6-7時間。
「8-9時間の睡眠時間は当たり前」という国もあるので、日本人は働きすぎて
睡眠時間も短い傾向にあるのは間違いない。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top