靴下に穴があきやすい 考えられる原因と予防法は?

スポンサードリンク

靴下は消耗品なので、
「ある程度使って穴が開くのは仕方がない」と思っている人も多いですよね。

でも、あまりにも頻繁に穴が開いてしまうと、
しょっちゅう買い換えて靴下代もバカにならないし、
もしかすると何か悪い病気が原因かもしれません。

人によって「靴下の穴が開きやすい人」とそうでない人がいるのはなぜなのでしょうか?
その原因と予防法について調べてみました。

スポンサードリンク

靴下に穴があきやすい 考えられる原因とは?

靴

まず、靴下に穴が開き易い原因で考えられるのは次の3つです。

  • もともと、足のサイズに靴下が合っていない
  • 歩いたり、走ったりする頻度が多い
  • 足の汗が原因で靴下の生地が弱くなる

「足のサイズに靴下が合っていない」という人は意外に多いです。
夏場など、短い靴下は歩いている間に脱げ易かったりするので、
わざと小さめのサイズを使用している人は結構います。

また、足のサイズは合っていても、ネイルをしたり爪が伸びていたりすると、
靴下の生地に負担がかかって穴が開きやすくなります。

「生まれつき足の指の一本だけが長い」「小指だけが普通の人よりも長い」という
身体的な特徴で、毎回同じ箇所に穴が開いてしまう人もいます。
どれも「自分の足」に靴下が合っていないのが原因です。

「歩いたり、走ったりする頻度が多い」という人は、
部活で運動をしたり、仕事で肉体労働をする機会が多いと思います。
歩くと、歩いた分だけ靴下の生地が擦れたりして負担がかかりますから、
当然、生地の傷みも早くなります。

「足の汗が原因で靴下の生地が弱くなる」というのは、
靴の中が長時間蒸れた状態になる事で、雑菌が繁殖して、
カビが繁殖し、生地が傷みやすくなってしまうのが原因です。

なので、「暑い場所で、体をよく使う機会が多い」という人が、
靴下の消耗も早い傾向にあります。

「靴下に穴があくのは毒素が原因」という噂の真相とは?

「靴下に穴があくのは毒素が原因かも…」
そんな噂を聞いた事はありませんか?

実はこれ「半分」本当なんです。
なぜ、半分なのかと言うと…

まず、「毒素」ですが、これは足裏から出る「老廃物」の事です。

体の老廃物は、重力の関係で足裏に溜まっていきます。
なので暑い場所に居て、全身に同じような汗をかいていても、顔から出る汗と
足裏から出る汗は「質」が違うと言われています。

足裏から出る汗には、たくさんの老廃物が含まれている場合があるのです。
よく、足裏マッサージのお店などは、足裏を揉みほぐして、
凝り固まった老廃物を体の上に上げる事で、尿として排出させ、
体の老廃物を排出する効果があると言われています。
なので、「足裏から毒素(老廃物)が出る」というのは本当の事なのです。

では、毒素が原因で穴が開くというのはどうでしょう?
これに関しては、直接、毒素で靴下の生地が溶けるという事は考えにくいです。

ただ、毒素を含んだ足裏から出る汗が、靴の中で蒸れて、
雑菌を繁殖させて生地を痛めているという意味では
「毒素が原因で穴が開く」という事が言えると思います。
老廃物の多い汗は雑菌も繁殖しやすいからです。

そして、生地が痛んだままで頻繁に歩く事で、
生地が擦れて穴が開きやすくなってしまうという訳です。

靴下に穴があかないようにするための予防法とは?

靴下

靴下に穴があかないようにする予防策は原因によって違ってきます。

まず、サイズが合っていない場合は、
自分の足に合ったものをできるだけ使うようにします。

ネイルなどで、爪にビーズなどの飾りがついている場合は、
爪の部分にガーゼを軽く巻いて、直接靴下に爪が当たらないようにすると
穴が開きにくくなります。

足の小指や中指だけ長い、という場合は毎回同じ箇所の穴が開いてしまうと思うので、
靴下を買ってきた段階で、最初から、穴が開きそうな部分に
裏側から「当て布」を縫いつけておきます。
めんどくさいですが、この一手間で、だいぶ「もち」が良くなりますよ。

「かかとの部分だけいつも穴が開く」「左側だけ穴が開く」という人は、
自分の体重を体の一部分にかけてしまうクセがついてしまっている人です。

放置しておくと、靴下の穴は治らないばかりか、骨盤が歪んだり、
腰を痛めたりする可能性もあるので、普段の姿勢や歩き方にも
気をつけるように意識してみて下さい。

足裏の毒素(老廃物)が原因の場合は、できるだけ、
靴の中を蒸れた状態にしない事です。

休憩の時に靴下を履き変えるとか、ウェットティッシュで
サッと足裏を拭き取るだけでも違います。

また、汚れた靴のままだと、キレイな靴下や足でも雑菌が繁殖してしまうので、
マメに洗うようにしましょう。

難しい場合は、抗菌・殺菌作用のある消臭スプレーを使うのが
手軽でお勧めです。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、靴下に穴があきやすい原因と予防法についてまとめてみました。

靴下に穴があきやすい 考えられる原因とは?
・靴下に穴があきやすい原因としては、足のサイズに靴下が合っていない、
歩いたり、走ったりする頻度が多い、足の汗で靴下の生地が弱くなる等の要因が
挙げられる。

「靴下に穴があくのは毒素が原因」という噂の真相とは?
・足裏から毒素(老廃物)が出るのは本当だが、直接、
毒素で靴下の生地が溶けるという事は考えにくい。
毒素を含んだ足裏から出る汗が、靴の中で蒸れて、雑菌を繁殖させて生地を痛めるという
可能性は考えられる。

靴下に穴があかないようにするための予防法とは?
・予防法は原因によって異なってくる。靴下の特定の箇所ばかりに穴があくのであれば
自分の体重を体の一部分にかけてしまう癖があるので、注意が必要。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top