ストレートネックによる痛みの原因と解消法をまとめてみた

スポンサードリンク

スマホやパソコンを長時間使う事が多い現代人を悩ませるクビの痛み。
実はその痛み、ストレートネックによってもたらされる事が多いのです。

名前はきいた事はあるけど、一体どんな状態や症状の事を言うのでしょうか?
どうやったら解消されるのでしょうか?

今回ストレートネックによる痛みの原因や解消法を調べてみました。

スポンサードリンク

ストレートネックで首に痛みを感じる場合の原因は?

首こり

ストレートネックは、文字通り「首がまっすぐになっている状態」の事を良います。
病気ではなく、首の状態の事を指すんですね。

正常な首というのは脊椎の角度が30~40度くらいに首が曲がっています。
ところがストレートネックの人は30度以下の角度しかないんです。
そのため、いろんな不快な症状が体に表れるようになります。

一番多いのは「肩こり」「首の痛み」です。
原因としては、首の骨を支える筋肉に負担がかかり、首の血行が悪くなる事で、
首の筋肉が硬くなってしまうためにおこります。

頭を支える首の骨が正常に湾曲していないと、
きちんと頭を支える事ができずに首の筋肉に負担がかかってしまうのです。

肩こりや首の痛みが続くと、連鎖的に目が痛くなったり、
頭痛がしたりといった症状もでてきます。

ストレートネックの効果的な解消法は?

スマホ

ストレートネックになる原因の多くは普段の生活の姿勢の悪さが原因です。

最近ではスマホを長時間見る人も増えてきていますよね。
スマホの画面をうつむいて見る姿勢が長時間続くと、
ストレートネックになりやすいと言われています。
そのため、最近ではストレートネックの事を「スマホッ首」なんて言う人もいます。

この姿勢の悪さが原因で起こるストレートネックは、
普段の姿勢を意識して気をつける事で解消していく事ができます。

まったくスマホを使うな、というのはさずがに無理だと思うので、
スマホを使う際には体勢をマメに変えるなどして、長い時間
同じ姿勢でいる事は避けるようにしましょう。

その上で、首の血行を良くするために
首や肩周りの筋肉を動かす体操をするようにしましょう。

「今すぐに首の痛みを解消したい!」という場合はマッサージや整体もお勧めですが、
即効性がある反面、効果が一時的なものですし、
間違った姿勢のままではまた再び症状が出てしまいます。

人によってはマッサージで「もみ返し」を起こして、
よけいに痛くなる場合もあるので、注意が必要です。

地味ですが、日々の生活習慣から変えていくのが、
確実で根本的な解消に繋がります。

ストレートネックは姿勢の悪さだけでなく、スポーツや仕事で首を酷使する人や、
加齢によっても起こる場合があります。

姿勢に気をつけているのに、なかなか痛みが治らない…という人は
一度、専門の機関での診察をお勧めします。

ストレートネックに適した枕選びは?

ストレートネックの人は普段の生活で
首の筋肉に大きな負担がかかっています。
なので、せめて夜、横になっている時は
首の筋肉をできるだけ休ませてあげる事が大事です。

ただ単純に「横になって寝ればいい」という訳ではありません。
実はストレートネックには「枕選び」が大事なんです。

ふわふわの枕は横になった最初の時は気持ちがいいのですが、
しばらくすると、違和感を感じて何度も寝返りをしてしまう…
そんな経験はないですか?

それは枕が合っていないからです。
ストレートネックの人は、正常の人よりも首の湾曲が少ないので、
寝ている間は、できるだけ首が正常に湾曲できるような枕を選ぶ必要があります。

■スマホユーザー向けネックフィット枕

枕

スマホ枕

枕に頭を置いた時に首の後ろをしっかりと支えてくれる形状で、
ある程度の固さのあるものがお勧めです。

ただ、固すぎてもいけません。
どの枕が自分に合っているのかわからない、という人は
オーダーメイドで枕を作ってみるのもお勧めです。

オーダーメイドというと、「めっちゃ高い」というイメージもありますが、
最近はストレートネックで、首の痛みを訴える人も増えてきており、
「自分にあった枕を作ってもらいたい!」というニーズに答えれる会社も増えてきました。
1~2万円から作ってくれるところもあるので、一度相談に行ってみてはどうでしょうか?

オーダーメイドはちょっと手がでない…という人は
自分で枕の形や高さをある程度調節できる枕もあります。

枕の中に入っているパイプの量を調節できるので、
実際に横になってみて自分のしっくりくる使い心地になるまで試行錯誤してみましょう。

まとめ

ストレートネックで悩む人は年々増えてきています。
中学生や高校生でも首の痛みを訴える人はいて、まさしく現代病ともいえる症状です。

我慢できる痛みだから…と放っておくと、
そのうち症状が慢性化していきます。

慢性化してしまうと、改善するには時間がかかりますし、
整体やマッサージにで矯正するのもお金がかかります。

「あ…最近ちょっとヤバイかも…」と思ったら、姿勢を気をつける、枕を変えてみるなどの
セルフケアをして、早めに対処してこじらせないようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top