糖類・糖質・糖分の違い 分かりやすく言うと?糖類ゼロ・糖質ゼロのからくりについてまとめてみた

スポンサードリンク

最近よく耳にする「糖質制限ダイエット」や「糖分控えめの食品」。
「糖類ゼロのビール」なんてものもありますよね。

何となく、体に良いような気がして、
糖類、糖質、糖分ゼロの食品を選んで買っている
という人も少なくないと思います。

でも、どれも似たような名前なので、ごっちゃになってはいませんか?

糖類、糖質、糖分、この三つは何がどう違うの?
今回、糖類、糖質、糖分の違いと
糖類ゼロ・糖質ゼロのからくり
について調べてみました。

スポンサードリンク

糖類 糖質 糖分の違い 分かりやすく言うと?

砂糖

糖類 糖質 糖分…
似たような名前でも、成分がそれぞれ違う
この三つの特徴を書いていきます。

糖質

よくご飯やパンなどの炭水化物に含まれている糖質。
わかりやすく言うと、炭水化物から食物繊維をのけたものが糖質になります。

なので「でんぷん」などの甘くないものでなくても、
糖質が含まれている食品はたくさんあるのです。

糖質は摂りすぎると、太ったり、生活習慣病などのリスクが高くなる事から、
最近では糖質制限ダイエットで、この糖質を制限する人も増えてきましたよね。

ただ、糖質は決して体に悪いものではありません。
糖質は、脳のエネルギーになる成分なので、不足しすぎると、
頭の回転が悪くなり、勉強や仕事に集中できなくなるなど、
日常生活の支障をきたすようになります。

また、やる気が起こらず、精神的に落ち込んでしまうなど、
うつ病になるリスクも高まると言われています。

糖質ダイエットを急に極端にやりすぎてしまうと、
このような症状を引き起こす可能性があるので気をつけましょう。
人間が健康を維持するためには、ある程度の糖質が必要なのです。

糖類

糖質の中には、ブドウ糖、ショ糖、果糖、麦芽糖などの糖類が含まれます。
そしてこの糖類は、単糖類、二糖類に分ける事ができます。

単糖類は、これ以上は分解されない糖質で、
グルコース(ブドウ糖)、フルクトース(果糖)、ガラクトースなどがあります。

二糖類はマルトース(麦芽糖)、シュクロース(ショ糖)、ラクトース(乳糖)
などがあります。

あまり聞きなれない名前もありますが、
食品表示表を見てみると、よく記載されているものばかりです。

糖類を過剰摂取すると、体が「糖化」してしまいます。
糖化すると、肥満や老化を早めてしまい、生活習慣病や成人病のリスクが高くなります。

糖分

糖分には明確な線引きはなく、
一般的には「甘いもの」を総称して使う事が多いです。

ただ、人によっては「糖分を控えた方がいい」というのは、
単純に「砂糖を控えた方がいい」、と解釈している人もいますし、
「糖質や、糖類など、「糖」のつくものを全般的に控えた方がいい」と
解釈している人もいます。

砂糖は使っていないけど、他の甘味料を使っているという飲料に
「糖分ゼロ」と記載されている場合もありますし、
これも100g中に0.5g以下ならゼロと表示してもいいので、
結構曖昧なのです。

糖類ゼロをわかりやすく言うと…

糖類ゼロとは、糖類に入らない甘味料を使っている食品
または、使っていても含有量が規定未満の食品の事を言います。

糖類以外の甘味料が使われている場合

最近では糖類0のジュースなどもよく販売されていますよね。
「でも飲んでみると、とても甘い…糖類0なのに何で?」そう思った経験はないですか?

実はそれにはカラクリが…
そこには「糖類」ではない甘味料が使われているからです。

糖類に当たらない甘味料とは、
オリゴ糖やでんぷん、キシリトールなどたくさんあります。

糖類の含有量が規定の量より少ない場合

糖類を使用していても、食品100gあたり0.5g未満の場合は、
「糖類ゼロ」と表示しても良い
決まりがあるのです。

多くの消費者はその事を知らないので、ちょっと騙されているような気もしますが、
糖類0でも少量は含まれている可能性があるという事です。

糖質ゼロをわかりやすく言うと…

糖類

上にも書いたように、糖質には
人口甘味料などすべての糖類が含まれます。

なので、糖質ゼロとは、すべての糖類がゼロという意味です。
ただし、この場合も糖質100g中に、2.5g以下なら「糖質0」と
表示しても良い事になっている
ので、
すべての食品にまったく含まれていない訳ではないのです。

まとめ

生活習慣病などの現代病の大きな原因は食生活です。
昔の人は甘いものを食べる機会が少なかったので、
体の糖化とは無縁の生活でしたが、現代ではほとんどの食品に糖類が含まれています。

しかもブドウ糖や果糖は、砂糖よりも甘く、
安価な事から最近の清涼飲料水には多く使用されています。

ジュース1リットルに含まれる甘味料を、
角砂糖に換算すると30~40個にもなると言われています。
たまにお楽しみで飲むのは良いですが、日常的に飲むのは控えたいものですよね。

食品表示表の記載には、一般人が勘違いしやすいものもあるので、
食品を選ぶ時は、糖質、糖類、糖分、含有量など
食品表示表を一度チェックしてみて下さいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top