食べる順番でダイエットに効果があるのか?理想的な順番についてまとめてみた

スポンサードリンク

「いただきます」と言った次の瞬間から、まずは好きなおかずをパクリ。
次に大好きな白ご飯をほお張りながら、おかずの味を堪能する。

このように食べたいものから食べるという食事スタイルを貫いている人も
多いと思います。

ですが、食べる順番によっても「ダイエット効果」があるようで、
実際、芸能人でもビビる大木さんやレッド吉田さんが
「食べる順番ダイエット」に挑戦し、成功しております。

食べる順番に気を付けるだけで、ダイエット効果があるとなれば、とても気になりますよね。
果たして本当に、食べる順番を変えるだけでダイエット効果があるものなのでしょうか?

今回、食べる順番でダイエットに効果があるのか検証するとともに
理想的な食べる順
について調べてみました。

スポンサードリンク

食べる順番でダイエットに効果があるのか?

野菜

食事をする時、食べる順番を選ぶとすれば、
一番に口にするとよい食品は、野菜などの食物繊維です。

どうして食物繊維を1番に食べるといいのでしょうか?
その答えは、何かを食べることで私たちの体内で起こる仕組みにあります。

私たちの体は、炭水化物(糖質)を摂取すると
血糖値が上昇し、インスリンが分泌されます。

インスリンは、ブドウ糖を筋肉や肝臓に運ぶ重要な働きをしているのです。
血糖値が上昇しすぎてしまうと、インスリンが過剰に分泌されてしまいます。

そうすると、ブドウ糖が筋肉や肝臓に貯蔵しきれなくなり、
余ってしまったブドウ糖は脂肪の原因となるのです。
となると、インスリンの過剰分泌は何が何でも避けたいところですよね。

インスリンの過剰分泌を回避するには、
その元となる血糖値の上昇を抑えるしかありません。

そしてこの血糖値の上昇を抑える効果があるというのが
「食物繊維」になるのです。

野菜などの食物繊維には、
血糖値の上昇を抑えるというすばらしい働きがあったのです。

食物繊維を摂取することで、まずは血糖値の上昇を緩やかなものにしながら、
他の食品を摂取していくと、血糖値の急激な上昇を避けることができるのです。

血糖値の急激な上昇を避けることで、インスリンの過剰分泌も抑えられるので、
不要な脂肪が増えることもなくなり、ダイエット効果を発揮してくれるのです。

どの順番で食べるのが理想か?

食べる順番の一番目がわかったところで、
次に食べるといい食品はいったいなんでしょう?

次に食べるとよいのは、汁物です。
食物繊維→汁物→タンパク質→炭水化物の順番が、
ダイエットに効果的で理想的な食事の順番です。

一番に食物繊維を食べることの理由は前述のとおりです。
次に、汁物がいいとされるのは、ほどよく空腹感を満たしてくれるからです。

一番目の食物繊維は、野菜などカロリーが低めのものが多いことからも、
すぐに空腹感を満たしてくれるものではありません。

野菜を食べた後、空腹感を満たしたいがために
次にガッツリ炭水化物などを食してしまえば、
食べる順番ダイエットは台無しです。

汁物は、お腹に溜まりやすいことからも、ほどくよく満腹感が得られるものです。
汁物は二番目に食して、空腹感をまずは満たします。

三番目に食するとよいのは、お肉や魚といったタンパク質です。
タンパク質は、血や骨をつくるエネルギーの源となる重要な栄養素です。
体を作る栄養素でもあるタンパク質を三番目に食べることで、
生きるためのエネルギーを蓄えます。

最後に炭水化物を食べるのは、
炭水化物には糖質がたくさん含まれているからです。

ある程度、お腹がいっぱいになっていることからも、
炭水化物を最後に食べると量的にも少ない量で満足するものです。
最後に食べることで、糖質の過剰摂取を防ぐことが目的です。

ヨーグルトや果物はいつ食べるといいか?

ヨーグルト

ヨーグルトや果物はどのタイミングで食べるのがベストなのか、迷うところですよね。
ヨーグルトを食べる場合のベストタイミングは二番目、果物は一番最初になります。

ヨーグルトは発酵食品で、乳酸菌も含んでいる食品です。
便秘にも良い働きをする優れた食品であることから、
ダイエット中でも積極的に摂取した方がいい食品でもあります。

ですが、タンパク質も含まれていることを考えると、
やはり食物繊維の後に食べるのが1番いいタイミングなのです。

果物は、食物繊維を豊富に含んだ食品で、
血糖値の上昇をとても緩やかにしてくれる食品です。
だからこそ、野菜と同じく一番最初に食べるのが好ましいでしょう。

ここで忘れてはいけないのが、果物に含まれる糖分です。
果物には糖分が多く含まれているので、食べ過ぎは厳禁です。

まとめ

いかがでしょうか?
今回、食べる順番でダイエットに効果があるのか検証するとともに
理想的な食べる順番についてまとめてみました。

食べる順番でダイエットに効果があるのか?
・食べる順番を守ることでダイエットに効果がある。
血糖値の上昇を抑える役割があるのが食物繊維で、食物繊維を最初に取ることにより
インスリンの過剰分泌も抑えられるので、不要な脂肪が増えることもなくなる。

どの順番で食べるのが理想か?
・食物繊維→汁物→タンパク質→炭水化物の順番で食べるのが理想。
炭水化物を最後に食べるのは糖質がたくさん含まれているから。

ヨーグルトや果物はいつ食べるといいか?
・ヨーグルトを食べる場合のベストタイミングは二番目、果物は一番最初。
果物は食物繊維を豊富に含んでいるので一番、ヨーグルトは発酵食品で優れた食品であるが
タンパク質も含んでいるので、食物繊維の後に食べるのが良い。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top