すぐにトイレに行きたくなる!トイレが近すぎる原因とは?効果的な対策は?

スポンサードリンク

「最近、トイレが近くなってきた…前まではそんな事なかったのに…」
そんな悩みを抱えていませんか?

「さっき行ったのに、またトイレに行きたくなる…」
「トイレが気になって外出先もトイレがある場所を撰ぶ…」
そんな頻尿で悩んでいる人は、実は結構多いんです。

今回、トイレが近すぎる場合の原因と効果的な対策について
調べてみました。

スポンサードリンク

すぐにトイレに行きたくなる!トイレが近すぎる原因とは?

トイレ

トイレが近くなる原因は様々あります。
大きなところで3つ紹介します。

膀胱炎

膀胱炎は、細菌によって炎症が起こり、
それによってトイレが近くなってしまう疾患です。

頻尿の他にも以下のような症状が出る場合があります。

  • トイレのすぐ後でも残尿感がある
  • 排尿する時に痛みを感じる
  • 尿と一緒に血が出る事もある

膀胱炎は細菌に感染する事が原因ですが、
男性よりも女性がかかりやすいと言われています。

女性の方が、尿道が短い事や肛門の近くに尿道があるなど、
身体的な構造上、膀胱へ細菌が入ってしまう確率が高いからです。
免疫力が落ちている時もなりやすいので、清潔と体調管理には気をつけましょう。

また、長時間排尿を我慢することで、膀胱が伸びてしまい、
本来の防御機能が落ちてしまう事で、がかかりやすくなります。

骨盤の緩み

これは女性特有のものですが、出産などで骨盤が開いたり歪んでしまうと、
骨盤底筋もゆるんでしまうので、尿を我慢できなくなってしまい、
トイレに行く回数も増えてしまいます。

出産を経験していない人でも、普段の姿勢が悪かったり、
運動不足で骨盤低筋が緩んでしまうとトイレが近くなってしまいます。

精神的な要因

電車やバスの中や授業中や会議中など「今、トイレに行けない」という状況になると、
急にトイレに行きたくなってしまう場合があります。

これは「今、トイレに行きたくなったらどうしよう…」と心配する事で、
よけいにトイレに行きたくなってしまう心理的なストレスが原因になります。

トイレが近い状態が一時的ではなく、慢性的に続く場合、考えられることとは?

慢性的にトイレが近いという場合は次の原因が考えられます。

過活動膀胱

過活動膀胱は、排尿筋が過剰に活動する事で、
膀胱に尿が少ししか溜まっていないのに、強い尿意を感じてしまう病気です。
過活動膀胱は、神経因性と非神経因性に分けられます。

神経因性とは、神経に障害がある時にみられる状態の事を言います。

膀胱と脳の神経は繋がっており、通常は膀胱に、
ある程度の尿が溜まると、「トイレに行きたい」という信号が
脳に伝わるようになっています。

ところが、何らかの原因で、上手く信号が伝わらないために、
正常なタイミングでの排泄ができなくなってしまうのです。

非神経因性とは、加齢や骨盤底筋の低下、前立腺肥大などで生じる事を言います。

前立腺肥大

男性特有の症状ですが、加齢とともに男性ホルモンの分泌が減っていき、
それが原因で前立腺が肥大してしまう場合があります。

前立腺が肥大する事で、すぐ近くにある膀胱を刺激してしまい、頻尿を引き起こすのです。
つまりは加齢によって起こる事が多いですが、
遺伝的要素・生活習慣なども影響していると考えられています。

トイレが近い場合の効果的な対策とは?

WC

トイレが近い場合の対策は、原因が何かによって違ってきます。

膀胱炎

軽い場合は、尿によって細菌が排泄され、
時間とともに自然に治る場合もあります。

ただ、排尿の際に痛みを強く感じる場合は、
病院に行って抗生物質を処方してもらった方が早く治ります。
2-3日で完治する場合がほとんどです。

骨盤の緩みが原因

歪んだ骨盤は矯正する事もできますが、
いくら骨盤の矯正をしても、それを支える骨盤低筋がゆるんでいては
またすぐに歪んでしまいます。

骨盤低筋を鍛える運動やストレッチをして、
普段の姿勢にも気をつけましょう。

精神的な要因

すぐトイレに行けない状況の時は、
なるべく他の事に集中してトイレの事を考えないようにしましょう。

どうしても難しいという場合は、お守りとして尿とりパットを使うのも一つの手です。
実際に使用する訳ではなく、
「もし、トイレに行きたくなって、行けない場合でも、パットがあるから大丈夫!」と
精神的なストレスを和らげるためです。

最近の尿とりパットは薄くて目立たないものもあるので、
どうしてもの時に試してみてはどうでしょうか?

まとめ

いかがでしょうか?
今回、トイレが近すぎる原因と効果的な対策について
まとめてみました。

すぐにトイレに行きたくなる!トイレが近すぎる原因とは?
・トイレが近すぎる原因は3つ。
膀胱炎、骨盤のゆがみ、精神的な要因によるものです。

トイレが近い状態が一時的ではなく、慢性的に続く場合、考えられることとは?
・トイレが近い状態が慢性的に続く場合、過活動膀胱、前立腺肥大に
なっている可能性がある。

トイレが近い場合の効果的な対策とは?
・膀胱炎で排尿の際に痛みを強く感じる場合は
病院に行って抗生物質を処方してもらった方が早く治る。
・骨盤のゆがみが原因なら、骨盤低筋を鍛える運動やストレッチをして、
普段の姿勢にも気をつける。
・精神的な要因である場合、なるべく他の事に集中してトイレの事を考えないようにする。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top