厄年の過ごし方 気をつけたいこととは?家や車の購入は見合わせた方がいい?

スポンサードリンク

生きていれば誰にでもやってくる厄年
避けて通れるならば避けて通りたいですよね。

厄年を気にする人、気にしない人、もちろんそれは人それぞれですが、
意外と厄年を気にする人は多いものです。

では、厄年が何事もなく通り過ぎてくれるために、何かできることはあるのでしょうか?
知っているようで知らない、厄年のその中身。
これから厄年を迎える前の人は特に、1度その中身を詳しく調べておいても
いいかもしれません。

スポンサードリンク

厄年の過ごし方 気をつけたいこととは?

厄

厄年の年を迎えると、ちょっと緊張しますし、憂鬱でもありますよね。
そんな厄年を、何事もなく過ごすためのポイントは
「大きな新しいこと」を始めないことです。

大きな新しいこととは、女性でいうと例えば結婚や出産
男性でいうと、転職や家を建てるなどといった、人生の転機にもなるような大きなことです。

厄年とは、厄や災いが訪れるでしょうとされる年で、
その年齢は男性と女性で違いがあります。

厄や災いとは、病気だったり大きな怪我だったり、仕事の失敗だったり、
お金の失敗だったりと様々な災難のことを言います。

そして、大きくて新しいことを始める時には、それなりのエネルギーを使うものです。
大きなエネルギーを使うことから、体にも精神にも負担がかかるため、
病気やけがをしやすくなるのです。

そのため、大きな新しいことを始めるのは、厄年は避けた方がいいと言われます。
厄年の年に当たる人は、できるだけ穏やかな日々を送れるように
意識して過ごすことが大事なのです。

厄年に家や車の購入は?

家や車は、人生でそう何度と訪れない大きな買い物です。
高額な買い物であるからこそ、厄年にするのは、できれば避けた方がいいでしょう。

これらの買い物をすることも、「大きな新しいこと」の1つと言えるからです。
厄年は、できるだけおとなしく、かつ穏やかに過ごす方が無難です。

ですが、「ものは考えよう」ともいいます。
そもそも厄年を信じるか信じないかによっても、その辺の判断は変わってくるでしょう。

厄年に当たる年に、どうしてもそれらの買い物をしなくてはいけないという
事情の人もいるかもしれません。
地方によっては逆に、厄年にそれらの大きな買い物をすることが、
厄払いになると言い伝えられているところもあるのです。

厄年に出産をすることは、厄を産み落とすという意味に
とらえられることがあるのも有名な話です。
厄年であることも1つの判断の材料となるでしょうが、
それだけに左右され、判断を誤るのはあまりにももったいないことです。

家も車も購入するには、タイミングも大事です。
自分を取り巻く環境や、資金など購入するうえで絶対不可欠な問題をクリアすれば、
厄年だからという理由だけで諦めることはないのです。

そういった意味においても、厄年は、自分の人生設計やこれからの展望について
じっくり考える、いいきっかけの年なのかもしれません。

ネットで見つけた厄年あるある

神社

本厄と言われる歳は、男性42歳、女性33歳ですが、
その年齢をただの語呂合わせと信じる人がたくさんいることに驚きました。

本厄とは、厄の中でも1番大きな厄年とされる年です。
男性の42歳は、仕事でも重役を任される年代にあたり、責任が増えたりします。

私生活でも子供が生まれたり、家を建てたりと、
精神的にも経済的にも負担がかかりやすい年齢です。

女性の場合、33歳という年齢は、出産や育児を経験するまっただ中にあり、
体調を崩しやすい年齢がこの33歳だと言われます。

そういう意味があっての本厄ですが、
男性の42歳を「死に」だとか、女性の33歳を「さんざん」という
ただの語呂合わせで決められたと思い込んでいる人がたくさんいるのです。

確かにそういった説があることも否定はできません。
ですが、せっかく厄年を意識するのなら、しっかりその意味も理解していた方が
厄年を迎える心構えも違ってくるのではないかと思うのです。

また、厄年は本来数え年で考えるものです。
数え年とは、1月1日を迎えた時点で1年歳をとるという考え方で、
生まれた時はすでに1歳と考える数え方です。
即ち、実年齢+1歳が数え年となり、その数え年が厄年にあたるかどうかを判断します。

厄年に当たる年は、神社などでお祓いをしてもらい、
厄がふりかからないように神様にお願いする厄払いをするものです。

そのお祓いを数え年で数えず、実年齢の時に受けてしまったという人も
ネットで見かけました。
数え年という数え方は、日常生活ではなかなか使用する機会がありません。
そんなことから起こる失敗でもあるのでしょう。

まとめ

厄年とは、実によくできた先人からの教えだと思います。
特に本厄といわれる年は、男性にとっても女性にとってもそのライフワークを見たときに、
精神的にも体力的にも非常に負担のかかる年齢です。

大変なことが重なる年齢に来ているのですから、気を付けて過ごしましょうと、
先人がメッセージを送ってくれている、ともとれるのが厄年だと思うのです。

そう考えると、不思議と厄年が怖いだけのものではないように感じてくるのです。
大変な年齢に差し掛かっていますよ、と教えてもらっているのだと考えれば、
厄年だからと萎縮する必要はまったくないのだということがわかります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top