痩せているのに悪玉コレステロールが高い原因は?ストレスや食事も関係?

スポンサードリンク

コレステロールが高い人は「太っている」というイメージが強いですが、
実は必ずしもそうではないのです。

中には痩せているのに、普通の人より悪玉コレステロールが高い人もいるのです。
なぜなのでしょうか?

太っているなら、単純に「痩せればいい」と思いますが、
痩せているのにコレステロールが高い場合は、
どうやって改善していったらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

痩せているのに悪玉コレステロールが高い原因は?

痩せ

見た目はスラリと痩せているのに、
コレステロールが高い人は意外に結構多くいるのです。

本人ももちろん自覚はありません。
だって痩せ型の体型の自分がまさかコレステロールが高いなんて思いませんよね?

調べてみてびっくり!「嘘でしょ?!何で!」とショックをうける人も多いでしょう。
そもそもなぜ、痩せているのにコレステロールが高いのでしょう?

原因はさまざまありますが、大きい理由に
「遺伝的にコレステロールが溜まりやすい体質」というのがあります。

生まれつき、コレステロールを分解する機能が弱いため、
体に蓄積してしまうのです。

人よりよく食べて、あまり運動もしないのにコレステロールが低い人は、
生まれつきコレステロールを分解する力が強い人なんですね。

コレステロールに限らず、便秘気味の人やすぐに下痢になる人など、
遺伝的な体質ってありますよね。

でもだいたいの場合は、普段の生活を気をつける事で、
日常生活に支障なく生活できる事がほとんどです。

ストレスや食生活も関係するのか?

肉

もし遺伝的にコレステロールが溜まりやすい体質だったとしても、
コレステロールの数値は正常で、まったく健康に問題のない人もいます。

そういう人は、食生活などの生活習慣を気をつけています。
コレステロールは動物性脂肪の食事が原因である事が多いです。

最近は食事の欧米化によって、味の濃いカロリーの高い洋食ばかり
食べる人が増えてきました。

洋食にはだいたいお肉が使われる事が多いので、
気をつけていないと必要以上に取りすぎてしまうのです。

お肉や油物が多いは控え、あっさりした和食を食べるようにするのがおすすめです。
できるだけ野菜や魚などを意識して食べるようにするようにしましょう。

そしてもう一つ気をつけなければいけないのがストレスです。
「すべての病気にはストレスが関係している」と言われるほど、
大きなストレスを長年抱えたままにしていると、
体に悪い影響がさまざま出るようになってきます。

その一つとして強いストレスがかかると、
血液中の遊離脂肪酸の量を増やしてしまうことがわかっています。
この遊離脂肪酸が増えると、結果的に血液中の悪玉コレステロールが増えてしまうのです。

それだけでなくストレスが原因で、悪玉コレステロールが増え、
血液中の血液の流れが悪くなると、血栓ができる可能性も出てくるのです。
血栓ができやすくなってしまうと、動脈硬化の危険性もあるのです。

悪玉コレステロールを減らすための対策とは?

悪玉コレステロールはすぐに改善できるものではありません。
毎日の食生活や生活習慣が原因でなってしまうものなので、
コツコツと減らすための積み重ねが大事です。

まず、一番大事なのは食事です。
動物性脂肪を減らすのはもちろんですが、
もっと積極的に体にいいものを食べる事でコレステロールの改善を
促進させてくれるものがあります。

例えば、青魚の多く含まれるDHAやEPAは悪玉コレステロールを下げる作用があります。
熱に弱いので、刺身など、生のままで食べるのがお勧めです。

その他にも根菜類に多い食物繊維やオクラや山芋に含まれている「ムチン」という
ネバネバした成分にもコレステロールを下げる働きがあります。

気をつけなければいけないのは、体に良いからといって必要以上に取り過ぎない事です。
毎日、適量を摂取するのが理想です。

食材だけでは毎日摂取するのが難しいという場合は
サプリメントでもの摂取がお勧めです。

手軽で確実に栄養が取れるので、忙しくてなかなかきちんとした料理ができないという人には
この方が合っているかもしれませんね。

歩く

食事だけでなく、体を動かす事も大事です。
と、言っても日頃あまり運動する機会の無い人が、
いきなり激しい筋トレやランニングなんていうのはあまり長続きしないですよね。

体を痛めて、途中でやめてしまっては意味がありません。
体に負担が少なく、長く続けられるウォーキングがお勧めです。

できれば毎日30分~1時間ほど歩くようにしましょう。
適度な運動は体のカロリーを消費するだけっでなくストレスの解消にも役立ちます。

まとめ

痩せ型の人は、悪玉コレステロールが高くても、検査をするまで
自分では気づかないことがほとんどです。

「自分は痩せているから大丈夫」ではなく定期的に健康診断を受けるようにし、
数値が高い場合は、普段の食生活や生活習慣も見直して、
健康な体になるように心がけましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Go To Top